Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

スポンサーサイト

息子ができた!?

3年ぶりにブログを更新してみようと思ったのは、そう、息子ができたんです!15歳の!わーいヽ(≧∀≦)ノなーんて・・・。大学の友人からLineで、息子くんがスイスに来たいと言われたのは、2か月前のことでしょうか。2週間来ることになった彼を迎えるため、私は慌てて仕事部屋を整理しました。1か月前までは私の仕事道具で溢れかえっていたのに、今は空っぽのベッドが一つぽつん・・・。私は今、その空っぽの部屋でこのブログを書いてい...

準新品の身体に

最近の私に起こった超ビッグイベント。それは、妊娠、出産、そして子育てのスタート。9ヶ月の妊娠と出産、これだけでも女性の身体には多大な被害?と、疲労をもたらすんですよね。なのに、出産するや、休む暇なくスタートされる赤ちゃんのお世話。睡眠は削られ、元気を取り戻すなんて至難の業ですよね。高齢出産と、帝王切開に加え、私が最初におっぱいが出なかったのは、初産だったから。そして、ものすごーく疲れていたなぁと・...

買っちゃった!E-520

E-520と聞いて、ピンと来る方はすごい。かなりカメラに詳しい方ですね。E-520というのは、オリンパスEシリーズの一眼レフタイプのカメラです。11月から、ベルリン以外の最近ブログでめっきり写真が減ったと思いません?そう、カメラが壊れてしまったんです。ベルリンでは、クリス妹に借りていきましたが、もう返してしまったので、手元にカメラがない状態。どこへ行くにも持ち歩いて手軽に撮っていたので、何とも心もとないです。3...

素敵ママ達との優雅な昼下がり

気のおけない友人たちと過ごす時間ほど、楽しくて、癒される時間はありませんよね。特にここ、スイスでは、クリスとその家族以外は知らず、一から人間関係を築かなければならなかったせいもあり、スイス生活の始まりはとても心細く、退屈で、刺激の少ない生活でした。言葉ができた分、一から学ばなければならなかった人から比べたら苦労は少なかったかもしれません。でも、やはり人付き合いというのは、きっかけや機会がなければで...

愉快痛快、そして感動!

こんな題名をつけるぐらいだから、話題はもちろん北京オリンピックの話。暇を見つけては、オリンピックを見てます。オリンピックはメダルで評価されてしまいがちだけど、このオリンピックという舞台で競技するだけですでに世界の代表なのだと思う。普段あまり見ない競技でさえも、興味が湧いてくるから不思議(笑)8という数字が中国人にとって縁起がいいからとか言われているけれど、今回の中国の強さは圧倒的。でもそれは彼らの...

今、日本が語られる訳

私の周りでは、今、日本が話題になっています。新聞ではゴシップネタ的に扱われてますが、残念ながらネガティブな理由。きっかけは、宮崎勤の死刑報道。スイスの人たちを驚かせたのは、先進国でありながら死刑を執行していることと、宮崎勤が起こした事件の凄惨さについて。新聞にも「日本を震撼させた人食い殺人鬼が処刑された」とあります。ヨーロッパでは、「生命に対する権利を、例え国であっても奪ってよいものではない」とい...

ブログはストレス対策に良い!?

私の毎日の楽しみになっているブログ。これなしでは生きていけないものは?と聞かれたら、迷わず!クリスとブログと答える。(って、クリスはものじゃないかー、なははは)都会生活から田舎生活へ、デスクワーク系から肉体労働派(ただ今休業中だが・・・)へ、スイスと日本とではものすごーーーく生活スタイルが変わったのに、スイスでの生活にさほど苦もなく、楽しく生きていけているのは、ひとえにブログのおかげだと思ってる。...

子供は授かりもの

この世には、自分の意思ではどうにもならないことがある。どんなにがんばっても、自分の力だけでは得られないもの。例えば、それは「子供を授かる」こと。今日は、友達Lに起こった悲しい話をしようと思う。毎日基礎体温をつけながら妊娠を希望していたLは、生理の遅れ2日目で妊娠検査をして、陽性反応になったことを喜んでいました。婦人科にも予約を入れ、1ヵ月後に検診を控えていました。妊娠初期は流産しやすいと友達から聞い...

キリンになりたい

年末年始に遊びに来ていた友人カオが残してくれた置き土産の中に、ネックウォーマーがある。首をぽかぽか温めてくれるので、スキーの時にも重宝した。マフラーみたく長くないので、ぴらぴらと邪魔にならず、それでいて温さはバツグンこのウォーマーがあるのとないのとでは、体感温度が変わる!?というぐらい。とまあ、それぐらいお気に入りなので、最近通い始めたぶどう畑にも、もちろん毎度付けていく。クリス姉は昨年末まで椎間板...

オシャレ牧師

キリスト教には大きく分けて、カトリックとプロテスタントがある。一般的に、カトリックの聖職者を神父と言い、プロテスタントは牧師と言う。女性の神父は認められていないが、プロテスタントでは可能だ。また、カトリックの聖職者は終身独身でなければならないが、プロテスタントでは結婚もできるし、子供を持つことも可能で、むしろそれは奨励されている。クリスが属するプロテスタント教会の牧師は、女性だ。喜ばしかった。とこ...

友達は宝者♪

ブログの更新をそっちのけで、クリスを想いつつも、日本での(独身?)生活を謳歌している私・・・。(↑オイ!)いやー、日本は楽しい。こう言うと、スイスが楽しくないみたいだけど、そんなことはなく、スイスはスイスで楽しい。けれど、日本にはスイスにない楽しさがある。何より、食べ物がおいしい。スイスの文化、習慣、食事に慣れつつあるものの、日本に帰ってきて、日本の食事をすると身体が喜んでいるのを感じるもの♪それか...

ウエディングという名の怪物

日本にはこわーい怪物がいる。それは、ウエディングという名の怪物。それが怪物の本当の名前ではない。でも、それは大なり小なり、ウエディングとか、結婚とか、ブライダルというイベントやパーティにくっついてくるので、見分けがつかない。でもって、その怪物は、お金がだーい好き。お金に関しては、留まるところを知らない。で、それはウエディングを成功させようとする人たち、花嫁さんとか花婿さんとか、彼らの親とか・・・を...

優しさの法則

最近よく考えることがある。それは、優しさについて。優しさってとっても感覚的。人によって優しさの見せ方は違うし、受け取り方も違う。クリスといると、へぇ~、そんな優しさがあるんだーっ、嬉しい驚きがある。今まで、その人が優しいか優しくないかを思うことはあっても、どう優しいかなんてあまり考えたことなかった。でも、クリスといると、優しさについてよく考える。優しさって、何だろう。人に親切にすること?他人に思い...

フランス人よ、黙ってなさい!

わー、こんなタイトルを使うなんて、なーんて大胆な私。でも、たまには強気に発言!(って、「いつも強気だろ」と、ブログを覗きにきたクリスが一言。)「これは君達、スイス人やベルギー人やカナダ人を代弁して書いてるのよ。」とめい。ってなことで、今日のお題は、フランス語。フランス人たちよ!スイスの住人として、もの申すことの発端は、めいがよくお邪魔しているめぐみぃさんのブログ「ヨーロッパご飯作り日記」の中で記事...

異国で暮らす決心

めいの中で、スイスはクリスの国。住み始めて間もないので、まだ「住めば都」ではない。でも、これがフランスだったら、もっと違ってたと思う。学生時代も含め、フランスにはトータル6年半ぐらいいた。フランスへは、自分の意志で選び、そしてそこで暮らすことを選んだ。だから、フランスは今でも、自分にとって第二の故郷という思いがある。世界の国の中で、日本とフランスは特別。だけど、スイスはクリスの国。クリスと一緒にい...

スイスアクセントで話す

結婚式の前、私の立会い人をやってくれた友人に電話した時のこと。彼女は居なくて、その代わり彼女の彼が電話に出た。その時、ほんの短い会話だったけど、結婚式の話をして、5分ほどで電話を切った。で、彼らが私の結婚式に来てくれた時に話してくれたんだけど、その時の私のフランス語は思いっきりスイスアクセントだったらしい。彼にも、「めいはスイスに住んでどのぐらいなの?なんだか昔からいるみたいにスイスアクセントに慣...

結婚式が終わって・・・

約2週間が経ちました。ラブラブな生活を送ってるのでは?とメッセージをたくさんくださるのですが、実は・・・何だか呆け気味のめいクリスはぶどう畑が超忙しい時期で、呆けてる場合ではないんですね。毎日、下草が伸び過ぎて大変とか、薬を撒いたのに雨が降る~とか、言いながらぶどう畑の仕事に追われてます。え?あんたは何してんのかって?めいは式の後、まだぶどう畑には行ってません。結婚式で張り切りすぎて風邪を引いてい...

新たなる決意!

スイスに住み始めて、まだ半年も経たない。でも、スイスは結構知っているつもりでいました。ヌシャテルはフランス語圏だし、言葉にもさほど困らないせいもあると思う。しかーし。このところ、ドイツ語圏でお茶を飲んだり、ご飯を食べたりする機会が重なって、その度に不愉快な思いをさせられるのだ。スイスではかなりリラックスして、あまりいらいらせずに生活していたのに、頭から水(火?)をかけられたようである。例えば、レス...

結婚式のススメ

今、その予定がある・ないに関わらず、結婚式なんて・・・と思っている人、多いのでは?めいは、結婚式にそれほど大きな憧れを抱いていませんでした。(まぁ、やったことないんだから分かる訳がないんだけど・・・)まったく無関心と言えば嘘になるけど、この年で(30歳超えてますので)張り切ってやるほどのこともないか、みたいな思いがありました。準備を進めている時でも、自分の結婚式なのに何だか自分のことでないような感覚がど...

フランス精神の崩壊?

去年までパリに住んでいためいは、フランス大統領選挙が他人事ではありませんでした。誰が大統領になるのかは、興味津々。で、昨日の結果を見て、「この人だけは、大統領になってほしくなかった」とため息あ、今日は長いよフランス人って、文句言いで、10人いれば10人違うこと言うし、怠け者だし、働かないし(これはもう言ったか)。でも、一つだけ言えたことは、フランス人の選択って結構信用できるってことかな。納得するま...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。