Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

スポンサーサイト

技術と芸術の統合

ベルリン話題、まだまだ続きます。ベルリンに行ったら、ぜひ訪ねて欲しいものの一つが、ここベルリンの国会議事堂。ドイツは連邦政府なので、連邦議事堂と言った方がいいかもしれませんね。戦争で破壊されたこの議事堂、1999年に修復され現在の姿になったそうです。これは何の写真だと思います?議事堂の頂上、ドームの中です。こんな風になっているんですよ。19世紀の終わりに建てられたというこの議事堂。ローマ神殿を思わせる入...

荘厳なるベルリン大聖堂

と言うのは、多分観光客用の呼び名かな?ベルリンの人は、ベルリナードームと言うようです。ドームが立派なこの大聖堂。遠くからでも目を引きます。タクシーの運転手さんが、歴代の王様が祭られているところだよと説明してくれました。ホーレンツォレルン家というプロイセンの王族たちが眠るところです。第二次世界大戦で被害を受けたけれど、その後修復され、15年ほど前に現在の姿になったそうです。夕方、訪ねた私達。静まり返る...

飛行機トメテ~!

ベルリンからの帰り道。ベルリン⇔スイスの移動は、EasyJetという英航空会社を使いました。この航空会社、機内の飲食物を有料にしたり、チェックインもコンピューター化、飛行場や搭乗口も端の方に設置したりして、格安のお値段。でも、座席は狭いし、なんせ値段が安いおかげでいつもいっぱい。クリスに言わせると、イワシ缶詰便なのです。さて、帰り道の飛行機の中、小学校低学年の子供2人と、歩き始めたばかりの1歳ぐらいのおチビ...

妊婦とベルリン

妊婦でも、妊婦でなくても、特別扱いというのは気持ちいいものだ。普段は特別扱いは、クリスにだけしてもらえるもの。でも、妊婦になると、ついついみんなからの特別扱いを期待してしまう・・・。(私だけ?)スイスではあまり公共の乗り物に乗る機会がないのだけれど、旅先ではよく利用する。マドリッドでは、いつも誰かが席をかわってくれたし、ベルリンでも当たり前に期待していた・・・。コーラスメンバーと一緒に団体で移動し...

ベルリンの壁と眠れない夜

ベルリンと言えば、まず思いつくのは、ベルリンの壁でしょうか。ベルリンに行くまで、私はベルリンの壁を東西ドイツの境界だと思っていたのですが、どうも違いました。ドイツが東西に分断されていた頃、ベルリン市は東ドイツ領でした。で、東ドイツ領のど真ん中のベルリン市に、連合軍が管理地区を設けるため、ベルリン市の西側を壁でぐるっと囲ったのがベルリンの壁の始まりなんですね。東ドイツに囲まれたベルリンの壁の中は、い...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。