Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

スポンサーサイト

いざ、助っ人収穫!

ぶどうの収穫は本日、無事に終わりました!ほ~っ赤ワイン用ぶどう25トン、白ワイン用ぶどう13トン。トータル38トンの収穫高です。今年は白ワイン用が例年より2トンほど足りず。でも糖度はかなり高いレベルを確保できました。これも3種類のぶどうを栽培していたおかげです。 安定した生産を望めるもののいまいち甘みに欠けるシャスラ。 高い糖度を確保できるもののたくさんの生産高は期待できないフルイブルジョワ。 そして、病...

愛しく、優しく・・・

朝はすっぽり霧に包まれていたものの、午後からやっと太陽が顔を出し始めました。3時ごろには、汗ばむほどの陽射し。これぞ、収穫日和ですね。木曜日から本格的に始まったクリス家のぶどう摘み。今年は、なかなか難しい収穫を迫られています。たわわに実るぶどう達。でも・・・、甘いのとそうでないのがごっちゃ。全部集めてしまうと、十分な糖度が確保できないんです。なので、熟してないのを先に集めたり、残して摘んだり。試行...

ぶどうの収穫を目前に

はい!ヌシャテルはぶどうの収穫真っ最中です!でもクリス家は、ちょっと遅れて今日は、明日の収穫準備をやりました。ぶどう摘みは赤ワイン用から摘むのですが、今年はどうも出来にムラがあるようなのです。このまま収穫に入ると、ヌシャテル州の最低糖度を確保できないのでは?という事態をクリスが心配し、熟していないぶどうを集めるという、ちょっと高度な?仕事でした。青く光る赤ワイン用のぶどうたち。クリス曰くは、透き通...

ぶどうの収穫はいつに?

ヌシャテルの収穫祭が終わった。ということは・・・?ヌシャテルで本格的なぶどうの収穫が始まるということですね!ヌシャテルでは、大体収穫祭が終わって1週間後ごろから、本格的な収穫が始まります。今年は例年通り、来週辺りから、始まりそうな感じです。秋の農作行事の代表作と言えば、やはりぶどうの収穫♪子供から大人までが一緒に共同で、摘み取り作業を行います。南仏の背の低いぶどうと違いヌシャテルのぶどう畑は背の高い...

こだわりのワイン職人

こだわりのワイン職人に、このヌシャテルで、出会うことができました。なんという幸せ♪クリスおススメのカーブは、ヌシャテルから西へ車で10分、オーヴェルニエという町にあります。このカーブのワインのおいしさはもちろん知っていましたが、まさか製造方法にここまでこだわっていたとはというのが、嬉しい驚きでした。そのカーブの名前は、メゾン・カレ(Maison CARREE)ヌシャテルのおいしいワインを探しているという人に頼まれ...

黄色いぶどう畑で恋を成就?

ぶどう畑は今、黄色いんです。辺り一面、真黄色。こんな感じで。クリスから、「あれ、もう咲いちゃったよ。」とは聞いていましたが、こんなに咲いてるとは思っていませんでした。クリスの「咲いちゃったよ」とは、すなわち、「もう食べられないよ」という意味です・・・。そう、このライオンの歯を食べたのは、2ヶ月近く前。(その時の話は、こちらから)ここまで成長しちゃうと、見た目には綺麗ですが、もう食べられません。下草...

白銀のぶどう畑で

イースター祭バカンスの一日目は、大雪でフランスへ出発できなかった私たち。翌日はと言うと?    この通り!ヌシャテルには青空の中に太陽が顔を出しています。もう暦の上では、とっくに春。こうでなくてはね!今のうちに急いで、出発しよう!ということになり、慌てて準備する私たち。クリスは、車の雪かきをして、私は荷造り。道路は雪上車が通った後だったので、問題なく出発できそうです。2月の半ば、半そででテラスでラ...

下がアメリカさん、上がヨーロッパさん

新月明けが過ぎました。ぶどうの剪定が開始!若木見つけました。             フィロクセラ対策されてました。 (フィロクセラって?  「ぶどう畑の怖い話」を見てね。)確かに、接ぎ木されているのが分かりますね。下がアメリカ出身で、上がヨーロッパの木です。この方法で、今はフィロクセラに悩まされることはなくなったそうです。こちら、めいが一人で剪定した木です。       自分で剪定した木、愛着が...

ぶどう畑の怖い話

それはアメリカ大陸からもたらされたぶどうの苗に始まる。19世紀の終わり、その苗のせいで、フランスを中心としたヨーロッパのぶどう畑が壊滅状態に陥った。Phylloxera(フィロクセラ)と呼ばれるぶどうの根に巣食うアブラ虫せいだ。このアブラ虫にやられると、3年後にはぶどうは根元から枯れていくのだそうな。体長数ミリのアブラ虫が、ヨーロッパのぶどう畑を食い尽くしたなんて信じがたいけれど、その虫のせいで、ヨーロッパ...

おいしいぶどうの方程式

満月の夜は狼男に~、なんて話ではありません。今週、ぶどう畑の作業がお休みなんです!なんとなく、嬉しい。るん               それが、月のおかげ!なんです新月の3日前から、新月当日までの4日間、剪定作業はしないんですって。なんでも、作物は月の影響を受けているとか。地中にできる作物は月が欠けていくうちに、地上に実をつける作物は月が満ちていくうちに植えるとよく育つ!!という農家ではよく知られ...

いざっ、ぶどう畑へ!

ぶどうの木の剪定の仕事が始まりました。始まったというか、私が今日から始めたんですね。クリスママとクリスは年明けから開始していました。幸いなことに、今日は暖かかったし、時間もたったの1時間!その1時間の間に、ハサミを握る手が痛くなりましたから、慣れるまで当分は1時間で十分デスいやー、剪定って、難しいです。(やったことないんだから、当たり前だよな・・・)剪定って、木の命を預かるようなものですね。どの枝...

ぶどう農家の嫁としては

ノン!というわけにはいくまい・・・。うーむ。えっ、いきなりなんだ!って?まぁ、ご存知めいはぶどう栽培農家の長男の嫁なわけで・・・。いやぁ、今年はウエディング♪と浮かれて過ごしましたが、来年は年明けからそうはいかない!という事件が起こったんです。ハイぶどう畑の仕事って、春の芽摘み、夏はツルの手入れ、秋はぶどうの収穫と、まぁ3季節、ぶどうの生長に合わせて、仕事は盛りだくさん。で、昔お手伝いをしていたこ...

ワインができるまで

先週で、ぶどうの収穫が終わり、ちょっとのんびりさせてもらってますクリス家では、ワイン作りはやらず、シャトー・ド・オヴェルニエというカーブにぶどうを納めます。クリスママが最後の配達に行った時、めいも見学がてら一緒に行ってきました。こちら、そのシャトー・ド・オヴェルニエ。門構えからして、立派ぶどうの収穫の時、ぶどうを配達するのはいつもクリスママの役目なんです。なんでも、クリス 「シャトーの主人、すっご...

収穫の喜びを祝おう♪

ぶどうの収穫が無事に終わりました!今年の春は早い始まりだったので、2週間早い収穫となりました。雨が多かったせいで、実の付きが悪く、赤ワイン用は5トン、白ワイン用は3トンの収穫不足。でも、8月後半、9月は晴れ間が多かったせいで、ぶどうの熟成が十分に行われ、糖度はなかなか良いようです。きっといいワインができると思います!納めたカーブの人も喜んでいたとか・・・。無事にぶどう摘みが終わったことを記念して、...

いよいよ後半戦だ!

さて、ぶどうの収穫もいよいよ後半戦に入りました。先週で赤ワイン用のぶどう摘みが終わり、今週からは白ワイン用です。シャトーからも収穫のGOサインは出ており、今週後半は雨が予報さているので、早めに収穫が終えられるよう今日、明日とめいいっぱい摘んでしまいたいとクリス。またもや休暇?を取ってきたと思われる子供達が10人以上。子供といえど、一生懸命働いてくれるので、大事な摘み手です。朝8時から、一斉に開始しま...

収穫の喜びは人それぞれ?

ヌシャテルはぶどうの収穫(Vendange)の真っ最中です。ぶどう農家にとっては、一年の実りを実感できる楽しい時期でもありますね。子供達にとっては、別な意味で待ち遠しい時期。というのは、ぶどう摘みの仕事をするなら、学校を堂々と休んでもいいんだそうです。今日も集まった子供達は12歳から15歳で、10人はいました。みんな平日なので学校があるはずなのですが、堂々とぶどう畑に来ています。で、聞いてみたら、ぶどう摘...

ぶどうの収穫

今朝のヌシャテルは雨、昨日までの気温から比べたらぐっと下がり、10℃です。こんな天気なら、いつもは悪態をつくところだけど、今日は嬉しい。ぶどう畑に行かなくてすむ~天気が悪くて嬉しいなんて初めてデス(笑)というのは、昨日から始まりました!ぶどうの収穫こちらではVendange(ヴァンドンジュ)といいます。ということで、バカンス報告中ですが、今日は昨日の収穫初日の様子をお伝えしまーす昨日はスイス(一部そうでな...

ぶどう畑の暗殺者

クリスと一緒にぶどう畑で作業してます。今の時期の作業は、ぶどうの周りの葉や芽を取り除く作業。これからの太陽次第で、ぶどうの価値が決まる!と言ってもいいぐらい。なので、できる限り、ぶどうに太陽が当たるようにしています。クリスとぶどうの木をはさんで、向かいあって作業をしていると、時々、どさっと音が。下を見ると、 めい  「ちょっと!!クリス、何やってんの~!!」クリス 「いや、このぶどうはもうダメな...

秋晴れの空の下で

朝は10℃のスイスですが、昼間は晴れるとさすが秋空。澄み渡るような青空です。太陽が顔を出すと気温が上がるので、朝露で濡れた手足がぽかぽかしてくるのを感じます心なしか太陽の日差しも和らいでいるような感じがします。芝生に寝転がって太陽を感じたい!!・・・ところですが、びしゃびしゃに濡れているので無理ですねさて、スイスの高速道路などでは、夏の間の車の制限速度を制限しています。時速120Kmが100Kmに...

妖艶なる赤ぶどう

赤と白のぶどうでは、赤ぶどうの方が成熟が早いんですね。ぶどうの刈り入れ時期も2週間ぐらい差があるぐらいです。で、ここのところ白ぶどうの世話をしていて、先日、赤ぶどうの畑に行ったら、すっかり色が変わっていて、びっくりしました。ついこの間まで、白ぶどうと同じ黄緑色をしていたのに、ほんの1週間ほどで、妖艶なる赤ぶどうへの第一歩といったところでしょうか。ごらんの通り、赤ぶどうはとっても豊満。実がぎっしりと...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。