Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

スポンサーサイト

お役所からの非情な手紙

家に帰ってきたら、ヌシャテルの役所から手紙が来ていました。封を開けてみると、読むのもイヤになるほど、一枚のレターに何やらぎっしり・・・。うーん。読まないわけにいかないし・・・。スイスの法律、○○条によると・・・から始まり、内容は、どうやら健康保険のことらしい。スイスでは日本のような社会保険制度はないのだけれど、一般の保険会社に加入することが義務付けられている。先日、保険会社から電話がかかってきた時に、保険に...

異国で暮らす決心

めいの中で、スイスはクリスの国。住み始めて間もないので、まだ「住めば都」ではない。でも、これがフランスだったら、もっと違ってたと思う。学生時代も含め、フランスにはトータル6年半ぐらいいた。フランスへは、自分の意志で選び、そしてそこで暮らすことを選んだ。だから、フランスは今でも、自分にとって第二の故郷という思いがある。世界の国の中で、日本とフランスは特別。だけど、スイスはクリスの国。クリスと一緒にい...

車に起きた異変

さてさて、フランスに来て2日目の今日、夜は外で食事しようということになり、ご近所さんを誘って出かけることになった。いざ、ルイジの車に乗り込もうとしたら・・・、あ、開かないでも、ルイジはキーを持っていない。キーはどこ?と聞けば、車を指差すルイジ。あ、ホントだ。差しっぱなしのキーが見えるスペアキーは?と聞けば、またもや、車を指差す。えぇーっ スペアも車の中・・・んじゃ、車は勝手にキーロックしてしまったってこ...

フランスの田舎で過ごすのんびり週末

この週末は、クリスの親友ルイジと一緒に、フランスの家に行ってました。到着した途端、私達を迎えたのは家の前に放牧されている牛たち!牛にかまう前に、腰の高さ!!にまで伸びた雑草の世話から!2時間ほど、(クリスとルイジが)草刈に没頭したら、庭がみちがえるようにきれいになりました!庭の果物もずいぶんと大きく育ってきていました。ぶどうは、まぁもちろんのことですが、りんごもピンポン玉の大きさにまで育っていまし...

スイスアクセントで話す

結婚式の前、私の立会い人をやってくれた友人に電話した時のこと。彼女は居なくて、その代わり彼女の彼が電話に出た。その時、ほんの短い会話だったけど、結婚式の話をして、5分ほどで電話を切った。で、彼らが私の結婚式に来てくれた時に話してくれたんだけど、その時の私のフランス語は思いっきりスイスアクセントだったらしい。彼にも、「めいはスイスに住んでどのぐらいなの?なんだか昔からいるみたいにスイスアクセントに慣...

仏版スター誕生『Nouvelle Star』

今日は、TVの話。去年、フランスにいた時、よく見ていた番組がある。その名も『Nouvelle Star』。 まさしく仏版「スター誕生」。毎週水曜日の夜にM6というチャンネルで、放送される歌番組で、もともとは、イギリスの「Pop Idol」という番組のフランスバージョン。あの頃、月~水は超ハードスケジュールで働いていたので、半分寝ながら、水曜日の晩、映りの悪いTVを前に、この番組をぼ~っと見るのが好きだった。あ、Nouvelle...

ハネムーン計画!世界のどこへ?

クリスの仕事は夏が勝負!ってなことで、ハネムーンにすぐに行けない私達。クリスは週末を利用して、二泊三日で済ませてもいいかも・・・なんて思っているみたいだけど、そうは問屋が卸しませんよ~。最低でも2週間は行きたい!冬なら絶対可能なのだ。だから狙い目は来年の1月とか2月。行き先は2人が行ったことがないところがいいな。で、思い出したのが、題して『世界のどこどこ行きましたマップ』!(BUNTAさんのBlogからもらっ...

結婚式が終わって・・・

約2週間が経ちました。ラブラブな生活を送ってるのでは?とメッセージをたくさんくださるのですが、実は・・・何だか呆け気味のめいクリスはぶどう畑が超忙しい時期で、呆けてる場合ではないんですね。毎日、下草が伸び過ぎて大変とか、薬を撒いたのに雨が降る~とか、言いながらぶどう畑の仕事に追われてます。え?あんたは何してんのかって?めいは式の後、まだぶどう畑には行ってません。結婚式で張り切りすぎて風邪を引いてい...

夏のスイスを乗り切ろう!

スイスは、8月といえば、暦上秋。なので、6月は夏真っ盛り。夏らしく、日中はだいたい30度を越える。日本のようなじっとりとした暑さはないんだけど、やけに太陽の日差しが強い。(ここヌシャテルで標高は400メートルぐらいなんだけど)なので、太陽が空にある時は、気温が一気に上昇。暑い夏を乗り越えるべく、めいは昼間はそっとアパートにひそんでます。熱い空気が入ってくるので窓を閉め、太陽の光が入ってこないように...

視線と笑顔

スイスに来て、真っ先に気づいたこと。それは視線。あるんじゃなくて、ない!!  んです。フランスで生活していた頃は、視線というものに常にさらされている感覚がありました。特に男性からの視線。彼らはちょっと見るなどということはしません。堂々と、じろじろ見ます。そして、目を合わせてきます。目が合うまで、自分の視線に相手が気づいてくれるまで見る!という感じでしょうか。なので、顔をいつも緊張させている必要があ...

新たなる決意!

スイスに住み始めて、まだ半年も経たない。でも、スイスは結構知っているつもりでいました。ヌシャテルはフランス語圏だし、言葉にもさほど困らないせいもあると思う。しかーし。このところ、ドイツ語圏でお茶を飲んだり、ご飯を食べたりする機会が重なって、その度に不愉快な思いをさせられるのだ。スイスではかなりリラックスして、あまりいらいらせずに生活していたのに、頭から水(火?)をかけられたようである。例えば、レス...

スイス一楽しい城、シヨン城へ!

スイスで古城めぐりをするなら、ぜひとも行きたい城がこのシヨン城。レマン湖にひっそりと浮かぶようにたたずむこのお城。城内はあちこち回れて、とても楽しいお城です。シヨン城へは、ジャズフェスティバルで有名なモントルーから車で5分ほど。めいとクリス、めいの家族、めいの友人と総勢8人、車2台で出かけました。 天気は曇り時々晴れ。でも気温はかなり上昇中!という感じでした。車の中は太陽の熱で、暑い!モントルーま...

結婚式のススメ

今、その予定がある・ないに関わらず、結婚式なんて・・・と思っている人、多いのでは?めいは、結婚式にそれほど大きな憧れを抱いていませんでした。(まぁ、やったことないんだから分かる訳がないんだけど・・・)まったく無関心と言えば嘘になるけど、この年で(30歳超えてますので)張り切ってやるほどのこともないか、みたいな思いがありました。準備を進めている時でも、自分の結婚式なのに何だか自分のことでないような感覚がど...

Wedding晩餐会

15分かけてお城からレストランへの移動中、ポツポツと雨が。車に乗ってしばらくして降り出しました。レストランに入る時にほんの少し濡れたのですが、レストランの人にラッキーな花嫁さんだねと言われました。花嫁が雨に濡れるのはいいことなんだとか。ふ~ん。知らなかった。雨に祝福してもらって気をよくした私たちは、クリス姉が準備をしてくれた会場へと入りました。百合を諦めた私に、匂いの少ないゆりを見つけてくれたよう...

めいとクリスの結婚式

6月8日の午前中は曇り空だったのですが、午後からは晴れ間が見え、めいたちがお城に到着した4時ごろ、空は青空に。市役所からオフィサーが到着するまで、しばし城の外で過ごしました。誓約のセレモニー(いわゆるMariage Civil)は親しい友人や親戚のみを招いて行いました。めいとクリスはそれぞれの立会人にはさまれて、市役所から出頭してきたオフィサーの前に座ります。クリスの右に座っているのが、クリスの立会い人ルイジ...

生涯の記念となる日

とうとうやってきました。今日という日が。4時半から誓約のセレモニー。その後は、アペリティフ。8時からは親戚と親しい友人だけの晩餐会。一生で記念すべき日となる今日を楽しく過ごしてきたいと思います!じゃ、いってきます! 祝福クリック頂けると、幸せ~デス人気Blogランキングへスイスブログ村へ結婚式の模様をアップしました。 めいとクリスの結婚式 Wedding晩餐会...

カサブランカは駄目なの?

カサブランカという花を知っていますか?白いとても大きな百合のことです。めいはカサブランカが大好きなので、ぜひとも自分のブーケか、テーブルを飾る花にこのカサブランカを使うつもりでした。ところが・・・、花屋さんに話したら、カサブランカはおススメしないと言われました。何故って、匂いがとても強いんです。で、好きな人はいいのですが、百合の匂いに弱い人は結構いて、中でもカサブランカの匂いは強烈。酔ってしまう人...

ウエディングドレス

とうとうドレスが出来上がりました。サイズが2サイズほど大きかったので試着を4回行い、めいのサイズに合わせてもらいました。身体の線がよく見えるドレスで、今更ながらよくこんなドレスを選んだものだと我ながら怖いもの知らずな自分を呆れる思い返すももう遅し。前日の木曜日まで預かってもらうようお願いしました。何度も縫い合わせをしてもらったおかげでオーダーメイドのようなドレスに仕上がりました。店の人たちともすっ...

スイス国境近くの悲劇

イタリア3日目、朝早くから帰り支度。8時にアトスの家を出発しました。ところが、車の調子がいまいち。乗ってきた車は15年ぐらい、走行距離25万キロ走ったとても古い車。今まで故障しなかったことの方が珍しいぐらいの車。で、15分ほど走って、クリスママがクラッチの調子がおかしい、クラッチが滑ると言うので、スピードを80キロに抑えて走りました。ジェノバの町を無事に過ぎた時点で、クリスに交代。そこからは上り下...

霧立ちのぼる初夏の朝

イタリアのアトスの家では、雨が降ったり、晴れたり、霧が出たりとお天気が一日のうちに何度もころころと変わりました。結婚式の準備をしながら、めいは窓から空を眺めることしばし。あんまりきれいなので、写真を撮り、クリスがアトスの庭の世話をしている間、めいは雲の観察。風があったので、雲がころころと形を変えていく様子がおかしくて。朝は霧が出ていて、その霧がちょうど谷間から空へ上がっていくところでした。手が届き...

手作りの引き出物

結婚式につきものなのが引き出物。日本ではカタログで選べたり、デパートが引き受けてくれたりととっても便利だけど、こちらでは引き出物自体があまりないし、もちろんそういうのを引き受けてくれるところもありません。その代わり、アーモンドを糖衣したドラジェというお菓子を配ります。ヨーロッパではとても縁起のいいお菓子で、結婚式の時によく配られるんですね。で、めいもドラジェを配りたいと言ったら、クリスママがスイス...

高砂席はいらない

お城での結婚式の後は、晩餐会。その晩餐会は、お城から15分ほど車で走った山の中にあるレストランの広間を貸しきりました。ある夜、招待客や親戚のみなさんにどのように座ってもらおうかとクリスと二人で悩んでいた時のことです。めいは当然、めいとクリスの高砂席を設けるのかと思っていました。クリス  「ぼくたちの席だけどね。ぼくの左隣が、ルイジで、その隣が、・・・」めい  「・・・!! ね、私達、二人で座るんじ...

結婚の悩みあれこれ

マリッジブルーにかかってないと、前回話したけれど、たぶんこれに近いものに既にかかったからかもしれない。というのは、実感が湧かないなどとこちらの人に言うと、意外!という感じで驚かれたり、呆れたような顔をする人もいて、でもそれは、実は自分の中でクリスとの結婚については十分悩んだからだと思っている。クリスと知り合ったのは、約10年前。でも付き合い始めたのはここ1年半ぐらいのこと。だからクリスのことはその...

マリッジブルーって!?

のん気にイタリアなぞに出かけているが、結婚式は来週なのである。カレンダーを眺めていて、びっくりした。まじで?来週やん!!!みたいな。イタリアに行っても、まだもう一回ぐらい週末があるような気でいた。あと1週間に迫っているのに、こののん気さ冷静さはどうだろう。毎日少しずつ準備を進めていたので、結婚式のことを決して忘れていたわけではなく、むしろ毎日ああしよう、こうしようと考えていのに、何故か日にちだけは...

週末はイタリアへ

週末は、クリスとクリスママとアトスと4人でイタリアのアトスの家に行くことに!結婚式前だというのに、クリスはアトスの家のオリーブの木やぶどうの木が心配ならしい。一度、手入れをして置かないと、病気にでもかかったらと気が気でないよう。イタリアのアトスの家までは片道600キロ。それを往復3日の超ハード行程。前回のようにピサに行ったりできないけど、イタリアチーズやパスタをあれこれ仕入れてこようかと!というこ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。