Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

スポンサーサイト

黄色いぶどう畑で恋を成就?

ぶどう畑は今、黄色いんです。辺り一面、真黄色。こんな感じで。クリスから、「あれ、もう咲いちゃったよ。」とは聞いていましたが、こんなに咲いてるとは思っていませんでした。クリスの「咲いちゃったよ」とは、すなわち、「もう食べられないよ」という意味です・・・。そう、このライオンの歯を食べたのは、2ヶ月近く前。(その時の話は、こちらから)ここまで成長しちゃうと、見た目には綺麗ですが、もう食べられません。下草...

コートを脱ごう!

やっと春らしき日がきたスイス。ぽかぽか気温が空の色とマッチングして、肌で春を感じています。          太陽の下では、20℃ぐらい?こんな暖かいと・・・、そう。一斉に脱ぎだしたスイス人たち。分厚いコートを脱ぎ、マフラーを外し、セーターを脱ぎ、半そで~、な人も。空が青いだけでは、こうはなりませんね。やはり、気温が上がらないと!          マルシェも、冬のそれと比べて断然にぎやか。ミュージ...

スイス食文化コラム

宣伝を少々♪OMCカードのHPにある世界FOOD紀行というページで、スイスの食生活についてのコラムを書きました。よかったら見に来てください!題して、『旬食材はもちろん、風土や好みに合わせて頂く”美食家”スイス人』です。話題は、 チーズはスイスを救う! スープの王者がおススメするスープは? 食いしん坊すぎて専用鍋まで発明! 世界一チョコレート好きのスイス人 意外と知られていないスイスワインだけど・・・です。こち...

青空の下で楽しむ午後のカフェ

昨日から、春らしいお天気のスイス。半そでやノースリーブで歩く人々もちらほら。と言っても、そこまで暖かいわけではなく、私は薄手のコート着用。友人とランチを楽しみ、その後、せっかくだから外でお茶にしようということになった。待ち望んだほっこり春の青空だもの、ぽかぽか日和を楽しまなきゃ♪みんな、私達と同じ考えらしく、市場の立つ広場のカフェは、お客さんでいっぱい。どの人もこぞって、外に座りたがった。加えて金...

犬を飼うのに免許!?

私にとって、ここは外国。なので、ちょっとやそっとでは、驚きません。日本では起こりえないようなことが起こって、当たり前。でも、今日のは、えぇ~を一発帰ってくるなりクリスが、「もうすぐ犬を飼うのに、免許が必要になるよ。」「えぇ~、スイスで?ヌシャテル州だけ?」と私。「スイスで。もうすぐベルンで可決されるらしいよ。」い、犬を飼うのに、免許~!?今は狭いアパート暮しなので、犬を飼うなんて、夢のまた夢。でも...

面接なんか怖くない

とある採用面接で、ジュネーブへの一人旅を決行することにした私。昨日の夜から、ほとんど眠れず・・・面接のせいで?そうかもしれない・・・。久しぶりの面接だし。でも、もっと心配なことが・・・、それは一人でジュネーブの街に車で行くということ 私の知る限り、世にもこんなに恐ろしいことはありません・・・。どこに車を駐車するか、が一番の難題。面接官曰くは、今日は市場が出ているため、近くの駐車場は使えないとのこと...

友達の兄貴に恋した!

私とクリスの馴れ初めについては、このブログで書いたような、書いてないような?そんなことはどうでもいい!などと言わず、ちょっぴりお付き合いくださいませ。私達が恋愛関係になったのは2年ちょっと前、結婚したのは10ヶ月前、でも私達は10年来の知り合いでした。実は、クリス妹と私は、その昔パリで出会った友達なんです。彼女と知り合い、彼女に誘われて、スイスに来たのがちょうど10年ほど前。それ以来、彼女の実家には何度...

同じじゃ、何も変わらない!

週に2、3回、ピラティスに通っている私。ピラティスを始めてから、約1年。最近は随分慣れてきて、インストラクターのモニカから「めい~、もっとよー!!」なんて言われることも少なくなりましたモニカは違うフィットネスプログラムもたくさん担当していて、他のも受けにおいでと誘われ、ただ今、いろんなプログラムに参加中です。心拍系の全身体操であるエアロビやステップ、バーベルを利用した筋肉運動のパンプ、などなど。で、...

ヌシャテルを愛す

     ヌシャテルという町は、小さいながらも歴史もあって、景観も美しい町なのに、行政があまり観光に力を入れていないのかして、外部への観光情報はとても少ない。ヌシャテルの町のよさと言えば、町の作りが整っていて、上品な雰囲気の中にも活気があって、半日ほどかけてゆっくり過ごすのにもってこいというところ。     町の散策に飽きたら、湖畔を散歩するのもいい。お天気のいい日には、対岸にアルプスの山々が見え...

エホバの証人がやってきた

そう。エホバの証人が、またやってきた。エホバの証人って、日本でもよく駅前などで、ものみの塔聖書冊子やCDを配っている宗教団体。キリスト教の一派と解釈する人もいるし、異端だと解釈する人もいる。まぁ、詳しい位置づけはこの際、専門家に任せるとして、勧誘の上手さに舌を巻きました。敵?(じゃないけど)ながら、あっぱれ。二人組みの彼らは、2ヶ月の間に、2回やってきました。同じ人ではなかったように思うけど、あんまり...

夫婦の力関係

今日は、最近、実家の近くに家を買ったクリス妹夫婦宅に行ってきました。二人とも今日の午後は仕事が休みとかで家にいました。まぁ、夫婦の力関係って、あるようでない、ないようである。彼らの場合、どちらも口がひじょーーーに立つのだが、絶対夫の方が実権を握っていると思っていた・・・。妹 「じゃ、私、用事でローザンヌに行ってくるから。シャル(娘)は、クリスと外にいるから大丈夫よ。」夫 「あぁ、じゃ、俺は掃除機か...

今夜もまた独りで・・・

今日は、TVの話。カップルなら、TVにまつわる話はよくありますよね。そう。我が家も、あるんですよ。トホホホな話が・・・。私は、見たい番組を決めてTVをつける派。でも、クリスはニュースと天気予報以外は、TVをつけて見る番組を決める派。なので、リモコンの取り合い にはならない。それはいいのだが・・・。クリスは、ザッパーなのだ。フランス語で、TVのチャンネルをあちこち変えることをzapper(ザッペ)と言うんです。クリ...

イケメンの条件『ヒゲメン』

もてる男のタイプって、国によって違うよね。でも、どこの国でも、容姿が端麗な者は相手に強い印象を与えるから、もてる傾向にあると思う。でも、その容姿端麗な奴って?日本だと、最近よく使われるのが、イケメン。(あ、ちなみに私は「男前」世代)去年に流行った『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』っていうドラマのおかげで、日本で「イケメン」っていう言葉が一気に定着したよね。イケメンと聞くと、...

桜富士

日本から届いた一通のメールが、私をなごませてくれました。久しぶりに届いた友人Tokuからのメールには、一枚の写真がついていました。日本のとある風景写真。日本の風景を代表する美しきコンビネーションと言えば?やっぱり、桜と富士さんかと4月に日本に行くフランス人の友人から、おススメの観光地を聞かれた私。もちろん、富士山と答えました。4月に日本に行けるなら、桜と富士山を一緒に見る絶好のチャンス。逃さない手はない...

ハチにも甘い?

と言えば、クリスである。まったく困ったものだ。テラスへの窓のすぐ上に、ハチがどうも巣作りをしているようなのである。全身短い毛に覆われたぷくぷくのミツバチが、朝からずっと私達のテラスを行ったり来たり。テラスの外枠の石にちょうどミツバチが一匹入れるかどうかの小さい穴がある。そこに巣作りしようとしている感じなのである。テラスに出ようとすると頭の上で、ハチがぶんぶん。うーん・・・。「クリスー、ちょっと来て...

スイス往復航空券が当たるよ!!

簡単なクイズとアンケートに答えるだけで、『スイス往復航空券』、『スイスパス8日間』、『ブッヘラーBucherer』の商品券(約2万円相当) が抽選で当たるよ             2008年11月30日までのスイス政府観光局から贈られるビックチャンスふるってこのキャンペーンに応募してみてください! 応募のページへは、私をクリックしてネ    ぽちっと押して頂けたら、更新の励みになります。 ありがとうクリス...

税金を払わないためには?

先週末、ジュネーブ&レマン湖めぐりを私達と一緒に楽しんだルイジ。でも、始終浮かない顔をしていた。理由は、ズバリ税金。一部の外国人労働者を除き、スイスでは、税金は自分で払う。例え、サラリーマンでも、月々、自分で払っていくのである。ルイジは今まで、月10万円の税金を払っていたらしい。ところが、今年から、月17万円に上がった!!と、怒っているのである。アパート代より高い!と憤慨していた。うん。確かに、月々17...

子供が欲しくなくなったら・・・?

結婚していても、していなくても、男でも、女でも、子供が欲しい!というのは熱い話題だ。じゃ、もう子供は十分作ったからいらない、とか、別に作ってないけど、今後も子供はいらない。そういう場合、どうするか・・・。つまり、カップルで避妊をどうするかの問題である。こちらの人は、女性がピルを飲んでいることが多い。思春期に母親が娘を産婦人科に連れて行き、ピルを処方してもらうパターンは多い。で、子供が欲しくなったら...

レマン湖ドライブ

ジュネーブ散策を楽しみ、フィルとステフィの家に泊めてもらった私達。翌日は、レマン湖をドライブすることに!レマン湖はとても大きい湖。一周するか、ピックアップした町を散策するか迷いました。で、結局、赤丸印の町2つに行くことにしました。Yvoire(イヴォワール)とEvian(エヴィアン)というフランス側の町です。Evianは、あのミネラルウォーターで有名なあのエヴィアンですネ!さて、この日は昨日と変わって、どんより曇...

友達と楽しむトマトフォンデュ

ジュネーブ散策を楽しんだ私達は、いざフィリとスティフィの家に。今夜は彼らの家に泊めてもらいまーす♪ジュネーブで働く彼らだけど、住んでいるのはお隣フランス。ジュネーブはフランスに囲まれるよう位置しているので、少し走ればすぐフランス国境でした。ジュネーブは大都会だけど、10分も走るともうそこは田園風景。ジュネーブはスイスでも有数の農業が盛んな州なんです。彼らの家は、ジュネーブから車で30分ほど、あっという...

花盛りのジュネーブへ

友人ルイジに誘われて、ジュネーブにやってきました。迎えてくれたのはルイジの友達のフィリと、その奥さんステフィです。ジュネーブに着いて早々、お茶しよう!とステフィに連れられて、まずは駅前のスターバックスへ。ジュネーブのインターナショナルスクールで働く彼女は、スターバックスが大好き。いきなりコーヒーの写真を撮る私が可笑しかったらしく、ケタケタと大笑い。クリスはショコラ、私はシナモンラッテを。これで小な...

プライベート美容師

クリスにはプライベート美容師がついているんです。その名も、カリスマ (はぁ?) 散髪師 (いつから??) のめい!って、私のことデス・・・散髪屋さんや美容院が大嫌いというクリス。切ってくれと頼むどころか、伸ばし放題でもへっちゃら。放っておいたら・・・、こんなクリスや、    こんなクリスが・・・い、いやだ~見るに見かねて私が切ることに。初めの頃は、ツンツルテンにしてしまったり、耳の後ろを切り忘れたり、...

ヌシャテルのおいしいレストラン

ヌシャテルのおいしいレストランをご紹介しましょう!スイス料理というよりは、フレンチ料理のレストランです。場所は、ヌシャテルから車で東へ10分のル・ランドロン(Le Landeron)という町にあります。(以前、素敵なアンティーク市でご紹介したことのある町です。) 楕円形の旧市街は、カラフルな建物が並ぶとてもかわいい町です。この中に、私が大好きなレストランがあります。夏場は町の真ん中にテラスが並び、おしゃべりに花...

美人の条件

とあるスイスの化粧メーカーのスキンテストを受けています!何でも、日本向けにホワイトニングのクリームを販売したいのだそうな。気分はオリに入ったラット君?と、思いきや、腕の内側に美白効果の入ったクリームを塗る(だけ)というもの。これなら、私でもできるってわけです。日本には、星の数ほど (は、ないかもしれんが、とにかく) たくさんの化粧メーカーがあって、昔から日本人の肌にあった化粧品を開発している。夏にな...

エイプリルフールとはいえ・・・、

やり過ぎました・・・。反省・・・ふかーーく、反省。クリス~、ビックニュース!!私、妊娠したみたーい!と、帰ってきたばかりのクリスに、つい、言ってしまいました・・・。クリス、大喜び♪男のこかな♪女の子かな♪などと言いながら、うきうき&るんるん状態。10分経過。エイプリルフール!と、言い出せず。こ、困った。でも、言わなきゃ。「あー、クリス、今日は何の日かな~?」「あ・・・、エイプリルフールだ!もしかして、...

平田オリザにふれて

平田オリザをご存知だろうか。劇団青年団の演出家で、こまばアゴラ劇場の支配人。現代日本語演劇界に君臨する彼は、劇作家としてだけでなく、いろんなことで有名だ。16歳の時、自転車で世界を一周した人。大阪大学の先生。ニュースのコメンテーター。よくTVに出演しているし、何より名前が変わっているし。あ、あの名前、芸名ではなくて、本名なんですよ。知ってました?え~って思いますよね。セミナーで彼の講義を聴く機会があっ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。