Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

スポンサーサイト

ブログはストレス対策に良い!?

私の毎日の楽しみになっているブログ。これなしでは生きていけないものは?と聞かれたら、迷わず!クリスとブログと答える。(って、クリスはものじゃないかー、なははは)都会生活から田舎生活へ、デスクワーク系から肉体労働派(ただ今休業中だが・・・)へ、スイスと日本とではものすごーーーく生活スタイルが変わったのに、スイスでの生活にさほど苦もなく、楽しく生きていけているのは、ひとえにブログのおかげだと思ってる。...

スイスママの性教育

家庭での性教育は、日本よりヨーロッパの方がオープンに行われているようです。ピルの処方のために、母親が年頃の娘を産婦人科に連れて行くことは珍しいことではありません。でも、今日聞いた性教育の話は、少々、いや、かなりぶっ飛んでいました。ここまでオープンに子供と接すると、子供は非行に走らないのでは?(何の根拠もないが・・・)と、思ったりしました。その人は、私の美容師さん。ブリジットと言って、スイスドイツ語...

世界遺産のリヴィエラで

イタリアのリーグリア州は、ジェノバのある州。フィレンツェのあるトスカーナ州から海岸沿いに北に上がったところだ。このリーグリア州は、平地が殆ど無い。山が海岸近くまでせまり、入り組んだ海岸線の絶景は有名で、イタリアン・リヴィエラとも呼ばれる観光名所だ。ここに、世界遺産で有名なチンクエテッレ(5つの地)と呼ばれる村々がある。今回は、そのチンクエテッレの入り口となる町、ポルトヴェーネレ(Portovenere)に行っ...

イタリアンコーヒーの魅力

イタリアンコーヒーと言っても、イタリアのカフェで飲んだエクスプレッソを私が勝手に言っているだけなのですが、先日初めて飲みました。うわさには聞いていましたが、す、少ないホントに、これだけ~まさか、こんなに少ないとは・・・。小さいエクスプレッソカップに底を濡らす程度にしか入ってない。で、舐めて更に、びっくり。に、苦い。ちょっと苦いなどというものではない。こんな苦いものをわざわざ飲むイタリア人は、マゾか...

マーガレットで花占い

週末はイタリアへ!と、聞けば何やらオシャレで、わくわくしてくる!気分は、るーーん♪♪みたいな?でも、アトスおじいちゃんの家は、山深ーーーき場所にあるのです。こんなところ↓うーん。オシャレは忘れるか・・・。取りあえず、わくわくは残すとして。ヌシャテルから、ローザンヌの横を通り、アルプス越えはサン・ベルナール(セント・バーナードね!)山から。イタリアに入ると、トリノオリンピックがあった北イタリアのピエモ...

舌の根のかわかぬうちに

今週末、イタリアに行っています。トラクターの部品を届けるついでに、クリス家が古くから付き合っているアトスおじいちゃんの家に行きます。先々週から行く事が決まっていた今回のイタリア行き。仕事を兼ねていくのと、アトスの家は山の中。いつものごとくクリスママの運転で、片道600キロの道のりを走ります。でも、今回はめいがメイン運転者を務めることに!なっていました・・・、先週まで。いつも後ろでグースカ寝ているだけ...

命がけのやんちゃ

はい。やんちゃ坊主とは彼のことです。現在9ヶ月の彼の名前はチボー君。クリス妹の息子くんです。つまり、シャルの弟。ソファーから落っこちるなんて、日常茶飯事。テーブルクロスを引っ張ったり、クリス姉の大事な植木を引っこ抜いたり、花瓶を割ってみたり、抱っこしてもらっている人に頭突きや髪引っ張り・・・彼のやんちゃな話をあげたらきりがないぐらい。でも・・・、1ヶ月ほど前から、そのやんちゃぶりも命がけ?に。なんと...

クリスシェフの活躍

日曜日以来、右手が使えない私に代わって、晩ごはんはクリスが作ってくれています。役割分担は、メニューは私が決めて、クリスがそれを料理する、です。味付けは私がやっているので同じなはずなのに、何だろう、作ってくれる料理というのは、別のおいしさがありますね。私も食いしん坊ですが、クリスも私に負けない食いしん坊。クリスが食いしん坊でよかった~!仕事から帰って、面倒がらずに料理をしてくれるのはありがたい事です...

青い魚とはいかに?

先日の日曜日、クリス叔父の家で、ドイツ語圏の親戚の集まりがありました。その前夜に指を切っていたので、仰々しくガーゼを巻いていた私。みんなからどうしたのかと聞かれ、話は怪我や健康の話に。クリスの従妹は、腰の手術で背骨にネジを入れる手術をしたとか、もう一人の従姉は低血圧に悩まされているとか・・・。出てくる、出てくる怪我話。そして、話はクリスママの従弟ロルフに。彼はコレステロールが原因で、心臓に近い動脈...

目指せ、両手使い!

右手人差し指を切ってしまい、片手生活を送って3日目の今日、右手の有難みを実感しています~。昨夜の泣き言だらけの記事にたくさんのコメント、励ましメッセージを頂き、とてもうれしいです。ありがとうございました。利き手というのは、偉大ですね。使えないだけで、何やら頭の中も半分お休みしているかのような感覚になります。いかに自分が右利きの生活をしていたかを思いしらされています。ところで、両手が使える人というの...

ざっくりと・・・、

切ってしまいましたテーブルの上の花瓶を動かそうと、右手で持ち上げたら、ぱきっ!花瓶が割れて、人差し指を縦にざっくり滴る血を見て、慌てて洗面所へ!!次々と流れ出る血を見て、パニクる私。血が止まらないって、怖いですね・・・クリスに後から聞いたら、震えのせいで歯をカチカチ言わせていたそうです。ガーゼを替えても真っ赤になるのを見て、取り乱してしまいました。昨夜は、痛みと血のせいで、手を枕の上にのせて寝まし...

可愛く、くしゃみする方法

スイスはただ今新緑の季節で、ちょうど春の代名詞、リラの花が咲き終わり、マロニエが今満開です。私達の住む道は片側が駐車スペースになっていて、この道の住人は許可をもらって、そこに路上駐車しています。で、朝、車を動かそうとすると、ぎょっとするんです。車にびっっしりと積もる黄色い花粉。私のグレーの車が不気味に黄色がかり、黒い車などは金箔がかったような色に。そんなわけで、こちらでも心配される春の悩みと言えば...

スイスのお医者さん

日本でも、かかりつけ医とか、ホームドクターとか、主治医とか存在する。でも、これは、何でもかんでもというわけではなく、足が悪いとか、腰が痛いとかだと整形外科だし、耳が悪いなら耳鼻科、目のことは眼科と、症状が分かっている場合は直接専門医を訪ねるのが日本のシステムだ。でも、スイスの場合は違う。婦人科系を除き、最初は必ず自分のホームドクターにかかる。骨が折れても、耳が痛くても、とにかく自分のかかりつけ医に...

子供は授かりもの

この世には、自分の意思ではどうにもならないことがある。どんなにがんばっても、自分の力だけでは得られないもの。例えば、それは「子供を授かる」こと。今日は、友達Lに起こった悲しい話をしようと思う。毎日基礎体温をつけながら妊娠を希望していたLは、生理の遅れ2日目で妊娠検査をして、陽性反応になったことを喜んでいました。婦人科にも予約を入れ、1ヵ月後に検診を控えていました。妊娠初期は流産しやすいと友達から聞い...

路上で大喧嘩

やってしまいました、ハイ。タイトル通り、路上で見知らぬ人と大喧嘩スイスでは、心穏やかに生きているつもりなのに・・・(←オーゲサ)。もう3日も前の話ですが、場所はローザンヌ。とあるパーキングで、人と待ち合わせをしていました。先に着いた私は場所を探して、パーキング内をぐるり。水色のフィアットの後ろを走っていました。と、前の車が一旦停止。左指示器を出したので、めいも5メートルほど後ろで一旦停止しました。横...

欧州一の美しき水を湛えるサヴォワ公国アヌシー

さて、バカンス最終日の4日目は移動の日。スイスまで片道約600キロの道のりを走らなくちゃいけないのに、飛び石連休の最終日ときた。リヨン辺りで、大渋滞が予想されるので午前中の早いうちに帰路につく事にしました。渋滞を避けるためにグルノーブルなどを通る東側の高速を走る私達。あ、もしかしモンブランなんか、近いんじゃないの?と、平坦な道に見える地図を眺めて言う、極めて無邪気な私・・・クリスは呆れもせず、じゃあ、...

地中海まで、Let Go!

ニームではローマの遺跡を中心に一日しか滞在できなかったけど、とても心地のいい町に感じました。季節が良かったのもあり、歩いているだけで楽しい町です。一度来るとなかなかまた来たい!と思う場所は少ないのですが、ニームはまた是非来たいなと思いました。何より感心するのは、左手に2000年前に建設された遺跡があるかと思えば、右手にモダンなビルが建っていたりすることです。一歩間違えれば、失敗に終わりそうな新旧の組み...

ニームから古代ローマを感じて

南仏プロヴァンス地方の中心と言えば、アヴィニョンかニームでしょうか。バカンス3日目は、ニームに行くことにしました。ニームと言えば、古代ローマ帝国の植民地だった町です。そのニームは、ローマ時代のコロッセオ(円形闘技場ですね)や神殿がとても良い状態で保存されていることでも有名です。ポン・デュ・ガールは、ユゼスという町から、このニームに水を引くために造られた橋なんですね。去年、ユゼスとポン・デュ・ガールに行...

楽園へようこそ! St Ambroixの高台

さてやってきました南仏は、新緑の真っ只中。新緑の青さと空の青さが、バツグンのコンビネーションで、見上げる楽しさも倍増♪朝は10℃前後ですが、午前中に25℃、午後は35℃ぐらいまで上がります。温度計の35℃にはちょっぴりびびりますが、からっとしていて、ベタつく暑さはありません。やっぱり、さすが、南仏?Tシャツにジーンズでは暑いぐらいなので、女の子達の服装も丈の短いワンピと露出度、男の子達も短パンという軽装。スイス...

不思議な宮殿 パレ・イデアル

5月はスイスも旅行シーズン。日本のGWほど大きな休みではありませんが、祝日が何日かあり、この祝日と週末をくっつけて、4,5日の旅行に出かける人が多いです。私達も、友人ルイジと一緒に南仏の旅に出かけることに。目指すはプロバンス地方ですが、移動日の初日、リヨンから南へ約100キロほど走った小さな村に寄ることにしました。Hauterives(オートリーブ)と呼ばれる村です。この村には、パレ・イデアル(理想宮)と呼ばれる宮...

人気レシピ Betty Bossi

スイスで人気の料理研究家にBetty Bossi(ベティ・ボッシ)という人がいる。つい先日、この人のレシピを口にすることになり、レシピを尋ねたところ、「Betty Bossiよ。」と、友人は言った。きょとんとしている私に、説明してくれた彼女によると、Betty Bossiはスイスで2番目に大きいスーパーのコープと提携してレシピ本を出している料理研究家。彼女のお料理教室は大人気で、何でも3000人に講習するとか・・・(ホントかな?)なん...

イタリア職人の靴

先日、ヌシャテルの老舗の靴屋さんの店先に、セール品が並んでいました。この店の靴は、自分達のセレクトの靴を売っていて、履きやすい靴を揃えているのですが、なにぶん高級すぎて、1足で3足買えそうなお値段のものばかり。いつもショーウィンドーを舐めて、終わってました。(フランス語で、ウィンドウショッピングのことを舐めるって言うんです)で、今回はカゴの中に50フラン(5000円)の靴が並んでました。その中の1足にクリ...

傷だらけのクリスだけど

わたしもかなり、エイ・ヤーな人間だが、クリスの大ざっぱさときたら、他に類を見ない・・・。ぶどう畑で使うトラクターの整備で、あちこちに傷を作ってくるクリス。切り傷ならまだしも、身の一部が取れてしまったような凹な傷が手にちらほら。手袋の一つもすればいいのにと思う。見ているだけで、イタイ一昨日は両目を真っ赤にして帰ってきたクリス。目をしょぼしょぼさせ、充血度合いが尋常ではない。聞いたら、実家のテラスの一...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。