Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

09
2007  17:00:00

お金の話

スイスのお金の単位は、スイスフランです。
EUに属する国に囲まれながら、スイスはEUに加盟していません。
だから、通貨も独自のスイスフランを使い続けています。

2007年3月現在で、1CHF(スイスフラン)は95円です。
だから買い物の時などは、約100倍にして、日本円に換算しています。
場所によってはユーロも使えるのですが、やはりスイスフランが断然便利。

今でこそユーロは強い通貨になりましたが、その裏にはフランスやイタリア、ドイツなどEU加盟諸国がユーロ導入した時に招いたインフラのせいで、EU各国の国民生活は決して楽になったとはいえません。
ところが、スイスは独自通貨であるスイスフランを使い続けることによって安定した強さを保ち続け、ユーロが強くなったおかげでその恩恵さえこうむっているほどです。(それでも、家庭の財布が豊かにならないとスイス人がぼやくのは税金の高さゆえですが。)

ところで、スイスフランのお札の種類ですが、10フラン、20フラン、50フラン、100フランと存在します。
ここまではいいのです。
まだ続きます。200フラン札、1000フラン札(10万円札!)が存在するんです。

1000CHF     200CHF


フランスでの買い物はお札が使えなくて困ることがしょっちゅうですが、スイスではさすがに1000フラン札をキオスクで使うことはありませんが、100フラン札ぐらいまでであれば、問題ありません。

フランスが小切手&カード社会であるとしたら、スイスは現金社会ですね。
例えば、車の購入などの支払いは通常、現金なんです。
振込みは信頼関係がなければ受け付けてくれないんですね。
こういう大きな買い物をする時に登場するのが、1000フラン札です。
1000フラン札を使えば、100万円もすぐですよ!
たったの10枚ですから。
スイスに大きい額の札が存在する所以です。

しかし、スイスに来て不便なのが、クレジットカードがあまり普及していないことでしょうか。
大きな町はもちろんのこと、小さな町でもスーパーなどは問題ありませんが、小さなブティックなどはまだまだ導入されていません。使う人も少ないですし。
現金が一番!みたいです。

めいは、現金を持ち歩くなんてイヤなので、クレジットカードを作ろうと言いました。(もちろん、クリスは持っていない。)
VISAのゴールドでも、シルバーでもない通常のカードで年会費、いくらすると思います?

1万円です。
作っても必ずしも使えないかもしれないのに、作るの辞めようかと・・・。


そのスイスフラン、実施はまだ先の話ですが、新札が導入されるそうですよ。


人気Blogランキングのページへ
  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
スポンサーサイト

 スイス暮らし

- 4 Comments

mamarin42  

以外ですね

スイス銀行で名高いのに!案外そういうものかもしれませんね。
クレジットの内情はアメリカのような大国を見れば解りますものね。しかし日本も10万円札が出ると前評判はあったけれどいつの間にか噂は消えちゃいましたね。v-61

2007/03/09 (Fri) 20:18 | EDIT | REPLY |   

Lapin  

私の好きな

1000フランe-266(笑)
始めはビックリ(*_*)しました‼ 主人に聞いたのですが、信じませんでした
一度しか手にしたことがありませんi-241

2007/03/09 (Fri) 22:17 | EDIT | REPLY |   

めい  

mamarin42さんへ

日本では振込みやクレジットカードを切るので、大きいお札は必要なかったんでしょうね。
1枚10万円のお札。やっぱり持ち歩くのは怖いですよ~。

2007/03/12 (Mon) 07:50 | EDIT | REPLY |   

めい  

Lapinさん、偶然ですね!

私も大好きです、1000フラン札e-266(笑)
落としたら怖いですし、カードの方がいいですよね~。

2007/03/12 (Mon) 07:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。