Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

30
2007  17:00:00

イタリア人は運転が上手い!?

フランスでもスイスでもイタリアでも、ヨーロッパの人は実に車をよく使う。
で、ちょっとバカンスに行ってくると言いながら、片道500キロぐらい平気で運転する。
クリスの家から、イタリアのアトスの家まで600キロあるんだけれど、そのほとんどをクリスママ一人で運転してた。

高速道路の制限時速は、フランスとイタリアは130キロ、スイスも120キロ。

Genova

こんな道幅が狭く、カーブの多い高速でも、スピードを落とさず運転しているのを見るとすごいと思う。

イタリア人は車線変更が多い。
少しでも隙間が空いたら、突っ込んでくる。
めいは強引な運転で危ないと思うんだけど、クリスママはそんなイタリア人を運転が上手いという。

運転は運転している本人が、自己の責任でスピードを調整するもの。
だから、山道の制限時速だって、80キロとか90キロで設定しているんだけど、どの速度で走るかは、運転手の技量によって自分が決めればいいんだとか。カーブの多い山道を80キロで走るなんて危ないと思いと思ってしまうのは、安易というもの?

そういえば、最近になって燃費の良い日本車がもてはやされるようになったけど、ヨーロッパの車は燃費の良し悪しより、早く走れることの方が重要だったそうな。



ところで、アトスの家のお隣さんはドイツ人。
バカンス用に購入したんだとか。

Italie

片道1000キロ以上かけて、通って来るらしい。
いやはや、何もこんな寂れた遠いイタリアに家を買わずとも、思うのは私だけ!?

クリスもこんな静かなところでゆっくりできるなんて嬉しいよ、と。
と言いながら、着いた日は夕方から日が暮れるまで草刈をしていた。
クリスよ!何もイタリアに来てまで、すぐに働かんでええやん。
気になって、ゆっくり休めないわ。(ちゃっかり休んだけど・・・。)


人気Blogランキングのページへ
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト

 車、道路事情

- 4 Comments

katia  

こんにちは。ピエモンテの山からです(笑)。
そうですねー、運転が上手いイタリア人は上手いですねー。
でも、下手な人も結構いて、例えば私の義姉なんかは1年に2回は壁に車をこすったりぶつけたりしてますよ。狭い道が多いから、注意しないとです。

うちの方にもドイツからやってくる人がいますよ。家を買って、車でバカンスを過ごしに来る。ドイツ人、凄い根性!!!
うちの辺はフランス人も結構いますよ。スイスナンバーの車はあんまり見かけませんが、見かけると飛ばしている車が多いなと感じます。ああ、あんなに飛ばして、イタリアはガソリン高いのに、って余計なお世話(笑)。

2007/03/30 (Fri) 18:31 | EDIT | REPLY |   

よこたろう  

はじめまして♪

mixiからやってきました。

私も日本で日本語教師をしている神戸っ子です!
(すみません、正しくは西宮っ子・・・)

私もイタリアに行ったとき、みんなすごいスピードなのに、
スイスイスイと、車を運転してたのを覚えています。

普段のんきなイメージのあるイタリア人なのに、
車の運転は、なかなか素早い!と感心したものです。

また遊びに来ます。
楽しい記事期待しています!

2007/03/30 (Fri) 21:46 | EDIT | REPLY |   

めい  

こんにちは!Katiaさん

ピエモンテでしたら、近いですね!
サン・ベールナールのトンネルから山越えしてイタリアへ入るんですよ。
高速ですれ違っていたりして・・・。そう言えば、壁をこすって走ってた車がいたような・・・(笑)

2007/03/31 (Sat) 03:13 | EDIT | REPLY |   

めい  

よこたろうさんへ

イタリアで運転されたんですか!すごいですね。
私は少し修行してからでないと難しそうです。(笑)
なんせ、あのスピードでジェノバの高速を走るなんて、ぜったい無理です~。
あ、その前にマニュアル車の練習しなきゃ。

2007/03/31 (Sat) 03:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。