Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

07
2007  03:58:54

フランス精神の崩壊?

去年までパリに住んでいためいは、フランス大統領選挙が他人事ではありませんでした。
誰が大統領になるのかは、興味津々。
で、昨日の結果を見て、「この人だけは、大統領になってほしくなかった」とため息


あ、今日は長いよ


フランス人って、文句言いで、10人いれば10人違うこと言うし、怠け者だし、働かないし(これはもう言ったか)。でも、一つだけ言えたことは、フランス人の選択って結構信用できるってことかな。

納得するまで議論を辞めない国民性、政府を動かすために路上でのデモ行進に一致団結する国民。政治家なんて、政府なんて信用できないと嘆く前に自分たちで自分たちの国や大統領を動かすフランス人。
そして何より、団結を血(統)に求めるのではなく、精神に求めるというところが気に入っていました。(お前ら外国人には分からへんやろ~!なんて言われないとこー

でも、去年あたりからフランスを見ていて、フランス人、ちょっとおかしいぞってちくちく感じることがあって、今回の大統領選挙でそれを決定的に感じました。

何がおかしいかって、フランス精神が壊れかけているというか。

めいが、フランスを好きなのは、外国人でありながらフランス精神を持つことができ、そういう意味ではフランス人と対等でいられるからだと思う。(これ、ほんと

友人の言葉を借りるなら、フランス精神って、『フランスに生まれたかどうかではなく、国籍、性別、年齢が違っていようと、フランスを愛し、フランスの名の下に集まった人たちが、フランスのために行動すること。これを理解し、行動する人は、すでにフランス精神を持っている。』です。
外国籍である人が、日本精神(大和魂とでも言いましょうか)を持とうと思えば、長年日本に住んだ限られた人しか持てないことを思えば、フランス精神というものがより開かれたものであるかを理解できるでしょうか。

でも、そんなフランス精神はもう崩壊しつつある・・・
サルコジが大統領になれたということは
サルコジの歌い文句は、強いフランス
一言で言ってしまえば、移民の受け入れで自分たち(フランス人)の生活が苦しくなった現状を、改善させるというもの。
つまり、彼は今のフランス人の苦しみは移民によるものだと言っているようなものなんですね。(そういう彼も移民の息子ですが・・・。オイオイ
強いフランスになるために、弱い人(つまり優秀でない移民)は要らないというのです。
移民の取り締まりはサルコジが内相をしていた時代から厳しくなっていましたが、更に厳しくなるでしょう。(イヤ、確実に
右翼の国民党であるル・ペンが今回、票を伸ばさなかったのは、移民問題に敏感なフランス人たちの票が、サルコジに流れたから

サルコジを支えたのは、白人のフランス人たち。
大げさに言えば、彼らは、(イスラム系の)移民、サルコジが言うところの「社会のゴロツキ」が社会の安全性を脅かしている。我々の生活を脅かす移民は要らないと考え、サルコジを大統領として当選させたのです。
精神より血が勝ったんだと感じました

救いは、サルコジが圧倒的な勝利ではなかったことです。
53%という小差での勝利で、47%の人は社会党に票を入れたことは救い?でした。(ロワイヤル女史が大統領になれば、それはそれで別の悩みがあるでしょうケド


サルコジ新大統領を迎え、フランスは精神ではなく、物理的な利益をもたらす者を歓迎する国になってしまうのでしょうか。
フランス人たちはEUの統合によって、それほど苦しい生活を強いられていたのかしら
フランス精神の自由と引き換えに手に入れた強いユーロ
シラク大統領やドビルパン首相がなしえなかったことをサルコジならできるのでしょうか

あ~、今回は長々と話しすぎてしまいました。
わんクリックで 黙ります

人気Blogランキングのページへ
  にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ

ロワイヤル女史がもう少し大統領になれる器であれば、もしかしたらサルコジは大統領になれなかったかもしれないと、やっぱりフランス精神を信じたいめいの独り言でした

(サルコジ風に言うなら)社会の毒、(日本のイジワル教師風に言うなら)腐ったみかんをサルコジは排除したいみたいだけど、どうやってそれを判別するのかしら?

サルコジさん、移民の親を持つあなたがフランスの大統領になれたことを忘れないでね~

ええ加減に黙ります
スポンサーサイト

 めいのつぶやき

- 4 Comments

ヒロナ  

興味深かったです。

初めまして、いつも楽しく拝見しています。新大統領就任についての報道は日本では自国の利益に繋がる人物かどうかが割とクローズアップされていますが、「フランス精神」「移民」という観点になるとこのようなお話になるんですね。なるほどな~と思いました。

2007/05/09 (Wed) 22:59 | EDIT | REPLY |   

めい  

ヒロナさんへ

いつも来てくださって、ありがとう!
そうなんですよね。損得で考えると、サルコジさんはロワイヤルさんよりもフランスに経済的利益をもたらすと思いますよ。良くも悪くもとても貪欲な人です。
でも、何ていうんだろ、TVでも自分が!自分が!って感じなんです。(そこが仏大統領っぽくなくて、イヤなのかも・・・。)
私には、国がどうこうより自分の利益しか考えていないように見えてしまうんですが、結果からして仏民は違うみたいですが・・・。でも、いまだにフランスのあちこちでサルコジ大統領反対に暴動が収まってないみたいです。
はっきりものを言う人なので、熱烈な支援者もいれば、こいつだけはイヤだ!と嫌う人も多いです。TV番組でもミニチュアブッシュと皮肉られてました。仏の米嫌いは有名ですが、もしかしたらここ稀にみる仲良しこよしになるかも!?

2007/05/10 (Thu) 16:28 | EDIT | REPLY |   

たっち  

代筆コメント?

おぉ~アツく一気に書いたねぇ~v-11
全然黙らなくってもOKぢゃん。
もっともっと聞かせて欲しいくらいかも…。
いいお勉強になりまちたv-218

↓お友達がめいちゃんとこにお邪魔してコメントしてくれてます。

「めいちんのブログ、おもしろい。これって、同感!!
 朝から感動しちまった。」

めさめさ響くもんがあるみたいね( ̄^ ̄)b

2007/06/20 (Wed) 09:19 | EDIT | REPLY |   

めい  

たっちへ

こんな記事まで読んでくれたんだ~。
たっちと言い、そのたっちのお友達と言い、感謝。
いやぁ、フランスは我がことのように気になるんで、つい語ってしまいました。
こんなにさかのぼって、読んでくれてありがとうね!

2007/06/20 (Wed) 23:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。