Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

16
2007  16:30:00

ロハスなブドウ畑を目指して

またまたブドウ畑の話
(あ、今、めいの生活の中心なんで)

Vigne

こんなブドウ畑はきれいと思いますか?

じゃ、こっちはどう思います?

Vigne

上と下のブドウ畑では、下草に関する扱いが違います。

上は、トラクター&人間の手。
下は、トラクター&薬(雑草を枯れさせる)

薬は国によって認められたものらしく、一応現状ではぶどうの木には影響ないとされているそうです。(でも本当のところ、全く影響ないかどうかは何十年か経ってみないと分からないとか。)

でも、イメージ的に怖いですよね。
強力でなくても、いわば枯葉剤。
薬で雑草を枯らしてしまうわけですから。

Vigne


こちらなんかは、真ん中まで枯れているので、畑全体に薬を撒いている?





ヌシャテル湖周辺のぶどう畑は、なだらかになった地形が多いので、トラクターを使っているところが多いです。
(これが、レマン湖の周囲とか、ヴァレ地区のぶどう畑だと斜面が急だったり、狭かったりで全て手作業で行っている所も少なくないようです。)

Vigne

で、下草なんかは放っておくと、こんな風にすぐぼうぼうに伸びて、やがてブドウの木を追い越しちゃうかも!?



Vigne

なので、こうやってトラクターで刈ってしまいます。(左側はトラクターが通ったばかり)
でも、トラクターで刈れないぶどうの木の足元にはどうしても下草が残ります。

ここで、薬を使うか、人の手で刈るか。


クリス家では、できるだけ薬を使いたくないので、トラクターが刈れない部分は、人を雇い、人間の手で下草を刈っています。
でも、この仕事は、田植えみたく、始終かがんでないといけないので、とてもきつい仕事。なかなかなり手がいません。クリス家には、幸いクリスパパの時代から10年以上この仕事をやってくれるおっちゃんがいて、彼が下草を全部刈ってくれているとか。

きれいで、ロハスなブドウ畑を目指すのも、楽ではないようですね。


人気Blogランキングのページへ
  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
スポンサーサイト

 ワイン、ぶどう畑のこと

- 7 Comments

べべ  

もうビンヤードって観てるだけでウキウキしちゃいます。
オーストラリアも結構ワインでお盛んな国なんだけど、西オーストラリア(私の住んでる所)の南のほうに行くともうワイナリーアフターワイナリーで、スイス男と二人でワイナリーめぐり。べろんべろんになってます日の暮れには。
スイスでもフォンドダーン(って発音でいいのかな?)の白をレストランで飲んだら、めっちゃおいしかった。めいさんはどんなワイン飲んでるの?おじさんのワインは料理に使うとして、、、。

2007/05/16 (Wed) 23:48 | EDIT | REPLY |   

しげ  

綺麗だけれど

ブドウ畑、グリーン(黄緑)が、とっても鮮やかですね!

見える所、見えない所に色々事情があるのですね~

腰・・・気をつけてくださいね!

2007/05/17 (Thu) 11:14 | EDIT | REPLY |   

momo  

えぇー(*_*)

枯葉剤 国で認められているの?!i-183怖いわ~i-282
これからブドウ畑の見る目が変わりそうi-84
薬品使っていると、ブドウのお味も変わってきそう‥ですよね?!
体に害のない美味しいものを作るのは大変だなーとしみじみ。。
それにしても 草刈おじさんはイイ仕事していますねi-236

美味しいものを作るのに妥協をしない
クリス家の人々を応援します~e-265

2007/05/17 (Thu) 21:30 | EDIT | REPLY |   

momo  

ハートがぁ(T_T)

>美味しいものを作るのに妥協をしない
>クリス家の人々を応援します~

送信ボタンおしたらこの絵文字→e-265ハートが割れててぜんぜん説得力ない文章にi-182むしろ逆っぽいイヤ~な感じ。。違うんですよ!!!

‥改めて
美味しいものを作るのに妥協をしない
クリス家の人々を応援します~
i-175

2007/05/17 (Thu) 21:36 | EDIT | REPLY |   

めい  

べべさんへ

いいですね。二人でワインを楽しむ。
私はかなり弱いんで、1杯以上飲んだ後は、ソファーかベッドで一眠りです。でも、大好きなんで、チーズを食べる時は1杯。
パンチの効いた、重いボルドーが好きですが、スイスに来てからは、赤のピノ・ノワールのヌシャテルワイン(Chateau d'Auvernierオーベルニエ、Chateau de Cortaillodコルタイヨ)をよく飲みます。わずかに甘みがあって、日本食に合いますよ。

フォンドン(かな?ヴァレのワインですね)はシャスラというぶどうで作られるんですが、ヴァレの方が日照率が良く、ぶどうがよく熟しているので、甘いワインだと思います。ヌシャテルもシャスラが多いのですが、ヴァレほど甘くないので、白ワインは辛口です。(チーズフォンデュに合いますよ!)

2007/05/18 (Fri) 06:00 | EDIT | REPLY |   

めい  

しげさんへ

ありがとうございます。
緑が鮮やかなのは、カメラのおかげかな?
少し下草が濡れていたからかな。(笑)

腰、気をつけます!足にくるんです~。
でも、だいぶん慣れましたよ!

2007/05/18 (Fri) 06:05 | EDIT | REPLY |   

めい  

momoさんへ

枯葉剤とは、ちょっと言い過ぎたかしら。
でも、雑草だけを枯れさせるんで、そう言っちゃってもいいか。
ちょっと種類は違いますが、芝生に撒く薬もありますよね。芝生は枯れないけど、それ以外の雑草は枯れるという薬。
両方とも、一応人体には影響ないとされてはいるみたいですよ。でも、やっぱり怖いんで、なるべくなら使用を避けたいですよね。

絵文字のことは、気にしないでね~!

2007/05/18 (Fri) 06:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。