Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

27
2007  16:15:18

車に起きた異変

さてさて、フランスに来て2日目の今日、夜は外で食事しようということになり、ご近所さんを誘って出かけることになった。
いざ、ルイジの車に乗り込もうとしたら・・・、

Lambrey


あ、開かない
でも、ルイジはキーを持っていない。


Lambrey
キーはどこ?と聞けば、車を指差すルイジ。

あ、ホントだ。差しっぱなしのキーが見える

スペアキーは?と聞けば、またもや、車を指差す。
えぇーっ汗(だらだら) スペアも車の中・・・


んじゃ、車は勝手にキーロックしてしまったってこと!?

オーマイゴッドガビーン

ルイジはキーを差しっぱなしで、車に鍵をかけないことが多いとか・・・。
今まではこんな問題起きなかったのにと舌打ちするルイジ。
目の前の車は、購入して1週間・・・。

で、購入した販売店に即電話するルイジ!
勝手にキーロックする車なんて聞いたことない!と怒ってみたものの、開かないものは開かない。
仕方なく、TCS(スイス版JAF)に電話して助けを求めてみた。

すると、

TCS 「今からフランスの修理屋を探します。見つかり次第、電話します。窓を壊さないと入れないと思いますんで。」

ルイジ 「!? 窓を壊す!!?? それなら、私にもできます!窓を壊す為の修理屋なんて必要ありませんよ!!」

もっともである。

TCS 「いや、あぶないですから、専門家に任せた方がいいです。とにかくまた連絡します。」


窓を壊されては大変!と焦るルイジ。
クリスと2人、ドアをこじあけようとしてみたが、開かない・・・。
で、思いついたのが、この村のトラクター整備屋。車いじりも結構やるとか。
さっそく彼に助けを求めてみる。

Lambrey


ルイジにクリス、整備屋さんのセルジュ、ご近所さんも交え、大の男4人で車のドアを上からこじあけようとするのだが、なかなかうまくいかない。セルジュが持ってきた板金が折れてしまいそうである。
で、めいは思いついて、台所へ行って、フライ返しを4つほど持ってきた。ステンレス製のフライ返しを使ってこじ開け、その隙間に木片を差し込む。
窓に隙間ができたので、今度は針金を使って鍵を開けようとするのだが、これもまた、なかなかうまくいかない。

セルジュ、奮闘すること10分。

カチッ

ロックが解けたみたい!!やったぁ    ところが、
セルジュ 「針金、鍵に届いてないのに・・・。」

えっ
どうやら勝手に開いたらしい。

首をかしげるセルジュ。
でも、ルイジとクリスは大喜び
車の窓を壊さなくてもすんだんだもの。

1時間遅れで、レストランへと飛び込んだ私達。
遅い夕食にありつけて、ほっとしたものの、話題は車の話。

なぜロックが勝手に閉まって、またそれが勝手に開いたかは、まったくの謎。
電波のせいにしてみようにも、家の周りには木と牛しかいない。
どう考えても妙な話である。

車の支払いがまだ終わってないルイジ。
これをネタに、値引き交渉してやると息巻いてた。

ルイジ、値引き交渉の前に、キーの修理してもらった方がよくない?

人気Blogランキングへ
海外ブログ スイス情報へ
スポンサーサイト

 フランスのこと

- 4 Comments

めぐみぃ  

牛が携帯電話していた・・・とか・・・ないですよね。

2007/06/27 (Wed) 17:09 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

いや、ありえます。
モ~と鳴いたら閉まって、2回鳴いたら開くみたいな・・・。

2007/06/28 (Thu) 05:42 | EDIT | REPLY |   

うりん  

いい車

かっこいい車だね。
昔むかし、ハイジの泉に行った時、
すんごいオンボロ車に乗ったのを思い出しました。
すごく田舎の道をスイスの農夫さんが運転する車で
ボコボコ走って行きました。
なんでそんな車に乗ったかって?? 教えてあげな~い。
でも、とても親切な人だった。
スイスの人って、本当に観光客を大切にしてくれるという
率直な印象を持ちました。

全然関係ないコメントになっちゃった。ゴメン。

2007/06/28 (Thu) 12:11 | EDIT | REPLY |   

めい  

うりんサマへ

前も3人乗りできるフィアットのワゴン車です。
フィアットのキーは信用できないよ、と吹聴しているめいです。
ところで、農夫さんの車に乗せてもらったの?
うりん、道に迷ったんでしょーv-8

スイスの田舎は素朴な人が多いですよね。
困った人を助けてあげるみたいな?ね!e-236

2007/06/29 (Fri) 05:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。