Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

07
2007  12:16:46

金曜日に起こった悲しくて、ムカつく出来事

昨日、結婚式の写真を取りに行きました。
めいの家族や友人たちが撮ってくれたデジカメ写真を先日、現像に出しておいたんですが、その数、250枚  私とクリスで選んだものでしたが、出来上がった写真の山を見て、我ながらその量にびっくり。

で、クリスが帰ってきて一緒に見ていたら、なんかおかしい。
最初は何がおかしいか分からなかったんだけど、見ていて、やたら足の切れた写真や、クリスの頭が切れた写真が多いことに気づきました。
Mei
めい 「ね、この写真のクリス、目で切れてる・・・」
クリス 「この写真、みんな足がないね。」

で、パソコンを開いて、オリジナル画像をチェックしてみると、上下1cmずつ切られているんです。


2人で確認したら、全ての写真が切られていました。
クリスは私より背が高いので、必然的に頭が切れており、集合写真のほとんどは足がないという写真。ある意味、心霊写真より怖い。
カメラ屋の悪質な嫌がらせ?と思えるほどに、全ての写真がそうなっていました。

クリス 「これは印刷ミスだよ。返却するか、やり直してもらおう!」



ってことで、めいはカメラ屋さんに行って、切れた写真を持っていきました。ところが・・・、

カメラ屋 「あ、これはデジカメ写真だからですよ。最近の写真に多いんだけど、画像サイズが違うがらどうしても切れちゃうんですね。」

カメラ屋の言い分は、めいの選んだサイズは10×15というサイズ。こちらでは標準サイズです。で、デジカメ写真の多くは10×13のサイズ(日本の標準サイズ)に設定されているので、10×13というサイズで現像しないといけなかったというんです。

めい 「今更言われても、遅いんですけど・・・

現像に出した時、どちらのサイズにするか聞かれたので、こちらの標準サイズを言ったまでである。デジカメ写真にありがちなサイズの問題があるなら、カメラ屋がそれを言うべきだろう。なのに、事前説明もなく、こちらに確認もせず、250枚の切れた写真を機械的に現像するカメラ屋。だまされた気分である。

めい達は、最近流行りの安いネット現像にはまかせず、わざわざカメラ屋に持ち込んで現像したというのに、結果は散々である。
mei

めい 「そんなことは、そちらが注意すべきことで、連絡もせずに勝手に写真を切ってしまったのですから、すべて10×13でやり直すか、返金してください。」

ネットで頼むと1枚20円弱。カメラ屋は1枚80円も掛かっているのだ。

カメラ屋 「それはできかねます。」

このカメラ屋さん、実はクリスの友人から良いカメラ屋だと紹介されて来たのである。なので、彼の名前を出してみた。すると、

カメラ屋 「ロイさんの友人ですか!ではこうしましょう。切れた写真だけを別のCDに焼いてきてもらえますか?で、その写真を見て、10×13に焼きなおすことを検討します」
Mei

めいは納得がいかなかったが、すでに1時間以上押し問答して、泣きたいのとムカつくのとで、疲れたのでそれで一応OKして店を出た。




午後、クリスの実家に言って、みんなにこの話をすると、みんなも納得できないと怒り出す始末。

クリス 「じゃ、明日一緒にもう一度行こう。返金するか、全てやり直すかだよ。アルバム用なのに、サイズの違う写真が混じったらおかしいよ。」

土曜日、もう一度クリスと行ってきます。
承諾するとは思えないめい。

元気付け応援クリック、お願いします
人気Blogランキングへ
海外ブログ スイス情報へ
スポンサーサイト

 スイス暮らし

- 6 Comments

べべ  

めいさん一人でお店に行ったの?
失礼かもしれないけど、、、アジア人、、てことで
そういう態度にとられたのかも?(違ってたら失礼)

私はオーストラリアに来て、今でもたまにあるけど、初めの頃は特にひどい扱いを受けました。

同じところへ後でだんなを連れて出直すと、
何の問題もなくことが治まるのに、いつも自分だけで最初に行くと、必ず理不尽な結果、相手の言いように方をつけられ、、、って感じでした。

クリスさんと行って、どうなるか、、、結果たのしみです。
スイス人はそんな差別しないと思うけど、、、、
外国に住んでいると色々学び、色々考えさせられます。

2007/07/07 (Sat) 17:46 | EDIT | REPLY |   

ひろこ  

あら、負けてないわね

こんにちは。

それはヒドイ話ですよね。
案外、外国だと自分の非を認めないって本当だ。
こうなったら何人か応援を頼んで、行ってみたらどうでしょう?
ちょっと『かゆい所に手が届かない』カメラ屋さんですね。
これは大事な写真なんだから、怒って当然ですよ。

2007/07/07 (Sat) 21:26 | EDIT | REPLY |   

Lapin  

負けちゃダメよ!

おめでたい写真なのに酷い話ね
クリスさんと行って納得の解決が出来ることを祈ってるね

2007/07/08 (Sun) 01:41 | EDIT | REPLY |   

めい  

べべさんへ

差別というほどの差はありませんでしたが、やはりクリスに対する対応と私に対するそれとでは明らかに違っていました。
悲しいかな、私はやはり外国人なんですね。

こういう対応はパリで慣れているつもりだったのですが、スイスでされるとは思っていず、昨日は怒りが頭にきていたのもあって、落ち着いて話せなかったですね。
クリスに一緒に来てもらってよかったです。

2007/07/08 (Sun) 08:48 | EDIT | REPLY |   

めい  

ひろこさんへ

今回の件はどう考えても、店の責任だと思っていました。
それでも、自分の非ではないといい続けていたのには、呆れましたね。
クリスの友人、ロイに助っ人を頼もうかしらん。

2007/07/08 (Sun) 08:50 | EDIT | REPLY |   

めい  

Lapinさんへ

ありがとうございます。
そうですね。クリスと行ってきます。
クリスならきっとうまく説明できると思うので!

2007/07/08 (Sun) 08:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  デジカメをいっぱい集めました
  • ・前・後編達成 満願成就~・金曜日に起こった悲しくて、ムカつく出来事・新デジカメでパノラマ写真・写真を撮るタイミングを逃さないためには…?・アメリカで選ぶデジカメ・ただいま~・モンキアゲハ(3)・リコー デジカメ・使用カメラ・心霊写真!?
  • 2007.07.30 (Mon) 02:13 | カメラ・写真がいっぱい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。