Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

27
2007  02:06:57

ぶどう畑の暗殺者

クリスと一緒にぶどう畑で作業してます。
今の時期の作業は、ぶどうの周りの葉や芽を取り除く作業。


vigne


これからの太陽次第で、ぶどうの価値が決まる!と言ってもいいぐらい。
なので、できる限り、ぶどうに太陽が当たるようにしています。

クリスとぶどうの木をはさんで、向かいあって作業をしていると、時々、どさっと音が。
下を見ると、

Vigne Vigne


めい  「ちょっと!!クリス、何やってんの~!!」

クリス 「いや、このぶどうはもうダメなんだよ」

めい  「えっ、何でー??病気なの?」
見た目はきれいなのに・・・。


クリス 「中央部が全部腐ってる」

めい  「うそ、ほんと?」

確かに、中を見ると、全部カビが生えていました。

クリス 「腐ってる部分がないか、チェックもやってね」


赤ワイン用のぶどうは、実がぎっしりみっちり。
太陽が十分に当たっているといいのですが、雨が多いと中から腐ってくるんですって。


vignevigneよくよくぶどうを見ると、確かにカビが生えているものがちらほら。
せっかくここまで育てて、収穫前に腐ってしまうなんて・・・。
少しでもカビが生えていると、カビが他に移っていくので、見つけたら即駆除!
せっかく病気の心配がなくなったと思ったら、今度はカビの心配

今年はぶどうの数が少なく、クリスとしては泣く泣く腐ったぶどうを切っているみたい。




秋の気配は、お天気だけではありません。
ぶどうの木も色づいてきます。

vigne

今年の収穫は2、3週間早まりそうだとか。

真っ赤になった早熟の葉もちらほら。

vignevigne


一足早い秋を感じています。


人気Blogランキングに参加しています。
人気Blogランキングのページへ
 ぽちっと応援ありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログへ 海外ブログはこちらからどうぞ
スポンサーサイト

 ワイン、ぶどう畑のこと

 スイス ブログ ぶどう ワイン ぶどう畑 田舎 暮らし 暗殺者

- 10 Comments

ひろこ  

へぇ~

中から腐ってくるんですか。。。
旦那様、よく分かりますね(感心!)
言われなきゃわかんないですよ(笑)
丹念に育ててこそ味が決まってくるのかもしれませんね。
いろんな条件が重なってその年の味が決まるとは思いますが、楽しみでなりませんね。

がんばって!!

2007/08/26 (Sun) 19:32 | EDIT | REPLY |   

めい  

ひろこさんへ

触ると弾力がないから分かるんですって。
(私は触ってぶどうを押し潰しそう?なのでしませんe-263
今年は数が少ないので、甘みで勝負!
でも、先に腐ってしまうのでは?と心配。
作物は人間の思うようにはいってくれないですものね。

2007/08/27 (Mon) 05:37 | EDIT | REPLY |   

Lapin  

大切に育てたぶどうが腐るなんって哀しいですねe-263
太陽をいっぱい浴びて丁寧に育てられたぶどうは美味しいワインになるなんだろうな

2007/08/27 (Mon) 14:14 | EDIT | REPLY |   

matsu  

時々、拝見させてもらっていますが、初めてコメントします。
 私事ですが、エンジニアから転じて、ブドウを栽培しています。ワイン用ではなくて、生食用ですが。ヨーロッパの栽培方法は日本と違うことが多いので、興味深く読ませてもらっています。
 ヨーロッパはブドウの栽培時期は雨が少なく、簡単に栽培できるように思っていたのですが、そうでもないようですね。日本も梅雨明け時期に曇天が続き、ぶどうの生育が遅くなっています。その後は酷暑の夏で復活しつつあります。ワイン用より生食用は収穫時期の早い品種が多く、日本は収穫真っ盛りという感じでしょうか。収穫間際で病気に罹っていたら、心理的なショックは大きいですね。でも、頑張ってください。
 ちなみに私も神戸出身です。

2007/08/27 (Mon) 16:37 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

カビちゃうなんて

こんなにキレイなのに中にカビがあるなんて。。。
本当に生きてるものを扱うのは、動物も植物も同じで、大変ですね。

めいさんのブログを読むようになってから、ワインを飲んだりブドウを食べるとき、少しでも無駄にしないよう、大事に大事に飲んだり食べたりするようになりました♪



2007/08/27 (Mon) 17:22 | EDIT | REPLY |   

しげ  

せっかくの葡萄が・・・

残念ですね
一生懸命に育てた子供のような葡萄さん
可哀想です

葉っぱの紅葉
はじめてみました

これから、どんどん色づいて来るのですね
また、お写真見せてくださいね!

2007/08/27 (Mon) 23:16 | EDIT | REPLY |   

めい  

Lapinさんへ

何が悲しいって、ワインになる前に腐ることe-263
ぶどうにしてみたら、ぶどうの実ができた時点で、ワインになろうが、枝の上で腐ろうが一緒なのかもしれないけど・・・。

2007/08/28 (Tue) 03:50 | EDIT | REPLY |   

めい  

matsuさんへ

はじめまして。めいのブログにようこそ!
コメント、どうもありがとうございます。
神戸出身で、ぶどう栽培者とくれば、もう小躍りしたくなるほど嬉しいですね。
ブログとサイト、先ほど拝見しました~。
食用のぶどうは袋をかぶせるのが面倒ですね。ワイン用は質(と量)を確保できれば、見た目は要求されないので作業がそちらより一手間はぶけそうです。

食用のぶどうって、実はいろいろあるのですね。
私が世界で一番好きな果物はジャスミンと二十世紀梨です。どちらも日本にしかないe-263
matsuさんはジャスミンには挑戦されないんですか?

2007/08/28 (Tue) 04:03 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

そう言って頂けるとなんだか嬉しいです。
私も、ぶどうを買ったものの、腐らせて捨てる・・・ということがなくなりました。米粒を残せないのと同じですね。

2007/08/28 (Tue) 04:10 | EDIT | REPLY |   

めい  

しげさんへ

できれば腐らせないよう育てたいのですが、なかなか人間の思うようにはなってくれない。植物って難しいですよね。
しかもその植物を左右しているのが、雨や太陽!とくれば、これはもうできる限りやって、あとは祈るのみ!ですね。

2007/08/28 (Tue) 04:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。