Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

16
2007  07:50:09

古代ローマ遺跡 ポン・デュ・ガール

ポン・デュ・ガール。水道橋。
古代ローマ帝国の偉業とも言える最高建築物の一つですね。

ポン・デュ・ガールは、あまりにも有名で橋の形は知っているものの、写真でしか見たことなかったので、大きさについては知らなかったのですが、橋のたもとに立った時の驚きときたら・・・。


Pont du Gard 



お、おっきぃーい!!





見上げると、


Pont du Gard


ってな感じ。



アーチ状になっている橋は高さ48メートルで、三層構造の石造りになっています。
上の層ほど小さくなっているので、均衡のとれた安定した感じ。


Pont du Gard


でも、この橋が、教科書にも載り、世界遺産に登録されるほどなぜ有名なのか。
それは、古代ローマ帝国の土木技術が非常に高水準であったことを証明する建築物だからだと思います。


Pont du Gard当時、ユゼスからニームの町へ水路を導くにあたり、途中にあるガルドン渓谷が水路建設を阻むため、不可能とされていました。
ところが、ニームの町の建設者で、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの腹心だったアグリッパが、このガルドン川に橋を架けることを命令し、水道橋として建てられたのが、このポン・デュ・ガール。

その水路の長さは50キロメートル、この橋の長さは360メートル。


当然ニームに向かって勾配がないと、水は流れませんよね。
全長50キロに及ぶ水路の勾配は1キロあたり、たったの34センチメートル。重い石では6トンにも及ぶ石を緻密に積み重ね、加えて正確に勾配もつけるという神業を実現させたそうです。
2000年以上経った今なお、現状を崩さずですから、なるほど・・・。


昔は最上層も歩けたようですが、今は1747年に建てられた最下層の補助橋しか歩けません。


Pont du Gard

ここを歩けなくなった理由は、橋を壊さないためというより、人が落ちたりして危ないから。
それほど頑丈に作られたこの橋。2002年に起こった大洪水の中でも、全く水害も受けず、ご覧の通り。





さてさて、橋を眺める場所はいろいろあるのですが、下から見ているだけではつまらないですよね。
上から見るところを探した結果、3層の橋の構造が一番きれいに見えるビューポイントを見つけました


Pont du Gard


どうでしょうか



人気Blogランキングに参加してます。
人気Blogランキングのページへ 応援クリック頂けたら、嬉しいです

スイス生活ブログへ 上位3位のブログ、おもしろいです



ビュー・ポイントは、ガルドン川の上流を見て、橋の左側から階段を上り、さらに少し上流方向に登った丘の上から撮影したものです。
ポン・デュ・ガールに行く機会があれば、ぜひ!

ポン・デュ・ガールへは車か、もしくはアヴィニョンかニームからバスが出ています。



スポンサーサイト

 スイス暮らし

- 8 Comments

しげ  

想像以上です

ポン・デュ・ガール。水道橋。
想像を遙かに超える壮大さです!
シルクロードの画像が、浮かんできました~

まさに神業ですね!

2007/09/16 (Sun) 15:34 | EDIT | REPLY |   

mamarin42  

綺麗な写真ですね。

この建築好きの性格が今のイタリア人に受け継いでいますね。
イタリアもデザイン王国だもの。
子供が大きくなったら塩野七生のローマの物語でも買って全巻を読破して旅行三昧したいな。v-22夢です!^^

2007/09/17 (Mon) 01:27 | EDIT | REPLY |   

めい  

しげさんへ

そうなんです。この大きさに私もびっくりしました。
まさかこんなに大きいとは思っていなかったです。
橋なので、まぁ、大きいのは当たり前だったんですけどね。高さがすごいです。
2000年前のものとは信じがたいですね。

2007/09/17 (Mon) 06:40 | EDIT | REPLY |   

めい  

mamarin42さんへ

そうかー、そういわれてみればそうですよね。
建築好きのイタリア人。今も昔もですね。
ものすごく大きいのに、形はとても繊細なんです。
デザインがいいんですよね。

夢は必ず実現しますよ~♪

2007/09/17 (Mon) 06:43 | EDIT | REPLY |   

う  

こういった世界遺産が戦争や、一部の過激派の手で壊されなくって良かったですね。

2007/09/17 (Mon) 07:52 | EDIT | REPLY |   

めい  

うさんへ

ほんとにそうですね。
首都パリも寸でのところで、爆撃を逃れたと聞いています。
名ばかりでない世界遺産として、後世に伝えて欲しい遺跡ですね。

2007/09/18 (Tue) 17:53 | EDIT | REPLY |   

ヒロナ  

めいさんに感心!

写真をすごく綺麗に撮りますよね。毎回すごいなあと思っていましたが、今回は本当に驚きました。写真に関しては全くの素人なので、何がどうとかは言えないけれど、とにかく素晴らしいです。楽しく拝見いたしました。

2007/09/19 (Wed) 00:17 | EDIT | REPLY |   

めい  

ヒロナさんへ

おほめ頂き、完全に舞い上がっていますe-266
これからも写真いっぱい撮るぞ~e-343
(↑かなり単純デス)

2007/09/19 (Wed) 04:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  
  • 建築:Category:主要カテゴリ|主要カテゴリ>:Category:技術|技術>建築:Category:主要カテゴリ|主要カテゴリ>:Category:芸術と文化|芸術と文化>建築----.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikip
  • 2007.10.14 (Sun) 11:25 | 建築辞典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。