Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

23
2007  06:19:40

美しき28キロの興奮と苦難と喜びと・・・

Kayak  Kayak


翌日、天気は快晴、強風ミストラルはまだ吹いていません。
迷わず、アルデシュ渓谷下りカヌー全行程を実行することに!
出発は朝8時、到着は夕方の17時です。
途中、川原でピクニックができるようお弁当を詰め、いよいよ出発です!
私達は昨日下った8キロのうちの4キロを飛ばし、28キロ行程を選びました。

カヌーを川原に下ろすや、今日の戦友たちとも言える仲間たちに挨拶。私達と同じようにアルデシュ渓谷下りに挑戦する人たちです。
カップルや友人で来ている人たちが多く、その中にいた年配の夫婦と懇意になりました。もう50歳を越えていそうな2人。一緒にこの時間に出発なので、28キロ行程。カヌーは初めてと言うから、いやー、すごい。励まされます。
彼らは観光客の多い8月を避けて、わざわざこの時期に来たそうです。


Kayak私達が借りたレンタカヌー屋さんの話では、夏の繁忙期にあった一番多い日で、一日3000人のカヌー艇が出動したとか。カヌーは二人乗りが多いので、5000人以上のお客さんが川下りをしたことになります。もういたるところにうじゃうじゃカヌーがいて、のんびり下るどころではなかったとか・・・。
9月のバカンスに感謝した私達。
二人乗りを選んだ私達は、めいが前、クリスが後ろ。
乗り始めた8時、ミストラルはまだ吹いていないようです。



出だしはかなり快調!
私達はお互いリズムを合わせながら、順調に下っていきました。


Ardeche


風景に見とれながら、やはり今回決行してよかったと喜ぶ私達。
アルデシュ渓谷、美しすぎます・・・。


Ardeche


めいがこうやって写真を撮っている間、クリスはというと・・・

もちろん、漕いでいるんですね!!!
じゃないと進まないし、28キロ永遠に終わりませんからっ!

クリス、感謝!


Ardeche 


複雑に入り組んだ地形がずっと続いています。
後ろから、クリスが「アルデシュ渓谷は世界有数の鍾乳洞としても有名なんだよ!後で、行こうね!」

めい「もちろん!でも、今はカヌー下りに集中しようね。」
28キロを漕ぎきらないことには次なんて、ありませんから!


Ardeche


そろそろ半分?と思われたので、川原で休憩しながら昼食を取った私達。
10時ごろから吹き始めたミストラル。後ろから吹いてくれる時はいいのですが、向かい風の時は後ろに下がるほどの強さです。
腕、肩、背中、かなり痛いです。もう無理~と言いながら進む私達。人間の限界なんて、あってないようなもの。美しい景色のおかげで、疲れも半減。


Ardecheさて、昼食後、楽しみにしていた岩のカテドラルが見えてきました!
これが見えると半分を過ぎた証拠です。
見たらすぐ分かると言われましたが、ホントその通り!
遠くから、3本のとがった岩が見えてきました。

近くで見ると~、



Ardeche


カテドラルというより、冠をかぶった王様という感じ。

しません?

岩なのに、妙に威厳も感じるこの王様。
遠くから見えてくるので、漕ぎながらもじっくり観察することができました。


後半、流れの中で岩にぶつかり、一度ひっくり返った私達は川原(↓ココ)まで泳ぎ、またまた休憩。


Ardeche


ミストラルのせいで、濡れると寒い!!
めいはけっこう着込んでいましたが、他の人たちは水着だけの人も多く、あとはTシャツをひっかけている程度。
見ているだけで寒いです。


この後、しばらく下って、二人揃ってびっくり。

Ardeche川の両側で日向ぼっこをしたり、泳いでいる人がいるんだけど、よくよく見ると、みんなすっぽんぽん!!ヌーディストビーチは8月で終わりと聞いていたのに・・・。
さすがにカメラは向けませんでしたが、あーんぐり見ているめいに手を振る人もいます。
なんだか、あそこまで大っぴらだとヤラシイとかセクシーとかそういう感覚ないですね。めい他カヌーが通っても全く隠しもしません。
水着を着た人がいたのですが、よく見るとカヌー族が休憩しているらしい。
なんだか水着を着ている方がおかしいような感覚にまでなります。


腕の感覚はもうほとんどありません。
ただただ漕ぎ続ける私達。
で、最後の休憩で30分ほど岩の上で昼寝をしました
いやー、あれは気持ちよかった


そして・・・、

Ardeche


やっと見えました。ゴール!
時間は4時過ぎです。少し早く到着できたみたい。

Ardeche岸に着くや、お迎えが。
すぐにカヌーを引っ張りあげてもらいました。
岸には、すでに到着したメンバーが呆けたように座り込んで、到着する人たちを眺めていました。

この後、ここから上流までバスでつれて帰ってくれるんですね。

28キロ。
さすがに長かったです。
途中、腕や肩が痛くてもう漕げないと思ったのに、終わってみれば、やればできるやん!とテンション高めに興奮している私達。
帰りのバスの中で隣や後ろの人たちと、あれは見たか?これは見たか?どこでこけた?とかお互いの武勇伝を披露しながら、やっぱりやってみてよかったねと顔を見合わせためいとクリス。

この日はぐーーーっすり眠れましたよ!


人気Blogランキングに参加してます。
人気Blogランキングのページへ 応援クリック頂けたら、嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへロハスなブログはこちらから


私達が下った全行程です↓

Ardeche


下っている時は分からないけど、本当はスゴイ迂曲してる・・・。
スポンサーサイト

 フランスのこと

 フランス アルデシュ アルデシュ渓谷 アルデッシュ 川下り カヌー 流れ

- 4 Comments

さっこ  

おもしろそう!
カヌー、すごく興味があるのよ。
一度やってみたいものです。(特にヨーロッパで・・)
さしあたり、うちのお嬢さん方が大きくなったら西表島でシーカヤックを夢見てます。
今の気分では又やってみたい?

2007/09/24 (Mon) 22:58 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

頑張ったね~

いや~、よくがんばりましたねぇ。だいたい途中でひきかえせないものね(^^; 
むかし少しやったことがありますが(1人用)、けっこうきついですよね。

でも、写真では伝えきれない風とか水の音とか、すんだ空気とか。いい思い出になりましたね。

2007/09/25 (Tue) 00:00 | EDIT | REPLY |   

めい  

さっこへ

ふふふ、楽しいよ~。
西表島に乗り込む前に、京都の保津川とか琵琶湖とかで試してみるとか。
もちろん、またやりたいよん。
だって、あのきれいな風景、また見たいもの。カヌーじゃないとみれないし。まったく懲りてまへん。

2007/09/25 (Tue) 04:26 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

そうなんです~。途中でやーめた!ってできないので最初は迷いましたけど、けっこうみんなやってるみたいで、勢いで私達もやってみました。
一度やったら度胸もついたし、また機会があればやりたいわん。

2007/09/25 (Tue) 04:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。