Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

02
2007  16:20:00

ワインができるまで

先週で、ぶどうの収穫が終わり、ちょっとのんびりさせてもらってます
クリス家では、ワイン作りはやらず、シャトー・ド・オヴェルニエというカーブにぶどうを納めます。

クリスママが最後の配達に行った時、めいも見学がてら一緒に行ってきました。


Chateau


こちら、そのシャトー・ド・オヴェルニエ。
門構えからして、立派

ぶどうの収穫の時、ぶどうを配達するのはいつもクリスママの役目なんです。
なんでも、
クリス 「シャトーの主人、すっごい怖いんだよ。」
だから、クリス行かないのかな?


クリスママがお願いしてくれたので、シャトーの中を見せてくれました。
しかも、絞りたてのぶどうジュース(Mout=ムーと言います。)も飲ませてくれました
いい人やん♪ (← 単純デス)

Chateau
配達されたぶどうは、すぐにこの中に。
ぶどうを一気に搾ります。
昔は、裸足になって、ぶどうを踏みながら、汁を搾ったらしいですね。

この搾っただけのフィルターにも何もかけていないジュースがムーなんですね。
これを発酵させて、ワインにします。


Chateau
こちら、そのムーを発酵させるところです。
機械化されて、操作が楽になったそうです。

それでも、収穫の時期は次々とぶどうが運び込まれ、シャトーの人たちは夜を徹して、ワインを仕掛けるそうです。


chateau


ワインを寝かせておく樽です。
地下室のようなところに置かれていました。

この隣に、瓶詰めにされたワイン倉庫がありました。
ワインを購入しましたよ。
もちろん、これ → ロイユ・ド・ペルドリ


Chateau
こちら、ぶどうの搾りかすです。
もう搾りに搾って、砂のようになってしまいました。

ちなみに、このかすの使い道はないそうです。
肥料にもならないほどに搾り取られたんですね。
においさえ残っていません。



シャトーから戻って、

めい  「シャトーの主人、優しかったよ」
クリス 「え~、本当?」
めい  「うん。今度の配達の時、ついていってあげるから行こ!」
クリス 「いや、僕は収穫があるから、お母さんにまかせるよ」

・・・残念。

あの、ムー、忘れられないデス。
ぶどうの配達に行きたーい!


人気Blogランキングに参加してます。
人気Blogランキングのページへ 食いしん坊なめいに、応援クリックありがとうございます

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ  現在1位♪皆様のおかげです。感謝

スポンサーサイト

 ワイン、ぶどう畑のこと

- 16 Comments

pontaro  

搾りたて♪^^

めいさん
おはようございます♪pontaroです。^^

うわぁ~。^^
シャトーの中を見学されたんですねぇ~♪

いいなぁ~♪
搾りたてのジュース。

とっても立派な、門構えですね♪^^

めいさんは、神戸出身なんですねぇ~♪^^
私も学生の頃は、
神戸にいましたですよぉ~♪^^

灘区の阪急六甲駅の近くに
住んでいましたです♪^^

これからも、
よろしく、お願い致しますです。^^

2007/10/02 (Tue) 10:34 | EDIT | REPLY |   

momo  

収穫作業 お疲れさまです~

お久しぶりですi-179
ぶどう収穫無事終わったのですねi-237
お疲れさまです~~~i-225
いつも身近なワイン(ジュネーブ)ばかり飲んでいるので
今度シャトー・ド・オヴェルニエ(ご立派なお屋敷ですねi-189)の
「ロイユ・ド・ペルドリ」チェックしたいと思いますi-236

‥私もムー飲んでみたいなぁi-233

2007/10/02 (Tue) 20:04 | EDIT | REPLY |   

しげ  

お疲れ様!

収穫が終わって、お疲れ様~
一息つけて良かったです!

絞りたての葡萄ジュース
なんて、贅沢なんでしょう~~~

そして シャトー・ド・オヴェルニエの外観も素敵です!

2007/10/02 (Tue) 20:21 | EDIT | REPLY |   

めい  

pontaroさんへ

はい。神戸っ子です!
へ~、pontaroさん、六甲に住んでたんだー♪
大学が六甲の近くでした。
同じだったりして・・・。(笑)

こちらこそ、どうぞよろしくです。

2007/10/02 (Tue) 23:35 | EDIT | REPLY |   

めい  

momoさんへ

ありがとうございます~。
収穫が終わるとほっとしますね。
はい!今度ぜひ、試してみてください。
おいしいですよ。ほのかに甘くて、軽いので1本目とかアペリティフに♪

ムーって、ワインにする前のジュースなんで、売ってないんですよね。
収穫祭とかFete de vendangeとか、ないですか?
ムー、そこで飲めますよ♪
ジュースの横に、Moutって書いてあります。
なかなかおいしいので、大好きです。

2007/10/02 (Tue) 23:39 | EDIT | REPLY |   

めい  

しげさんへ

ありがとうございます♪
そうですよね。ムー、贅沢ですよね。
保存料も入っていず、フィルターにも通されていない、本当に搾りたてなんですね。
この時期だけの楽しみですね。

2007/10/02 (Tue) 23:41 | EDIT | REPLY |   

べべ  

PCが壊れて御無沙汰しておりました間にめいさん、
あ~た、もう美味しいことしてますねえ。

Racletteを食べたり、ワイン作りを見学したり、、、
もう私好みの人生まっしぐら(おおげさだっちゅうの)。

いいなあ、いいなあ。

2007/10/03 (Wed) 20:34 | EDIT | REPLY |   

pontaro  

ククククク。^^

めいさん
こんばんは♪pontaroです。^^

そうなんですか。
同じかもですぅ♪^^

2007/10/04 (Thu) 00:37 | EDIT | REPLY |   

のりりん  

飲みたーい

葡萄ジュースって?本当!?私大好きなの!
しかも最近ちょっと体の中の悪いモヤモヤを出したので「味覚」が変わったの。よけい美味しく感じちゃうかも~キャーキャー
さー「何で?」でしょう~

2007/10/04 (Thu) 00:54 | EDIT | REPLY |   

めい  

べべさんへ

PC故障は大変でしたねv-356
新規購入?修理?復活てきてよかったです。

おかげさまで食欲の秋に走り、ぶかぶかだったはずの冬のスカート3着がこの間試したらすでにきつめ・・・e-263
まだ冬に入ってないのに・・・v-12

2007/10/04 (Thu) 18:00 | EDIT | REPLY |   

めい  

のりりんへ

ほんと~!!!モヤモヤ出したの???
ばんざーーいe-230
いやー、よくがんばった!
食べ物、おいしくなるんだね。そうか、味覚はよくなり、健康にもいいし、一石二鳥やん♪
欲しくなったら、ガムとか買ってあげるからね。

2007/10/04 (Thu) 18:04 | EDIT | REPLY |   

めい  

potanroさんへ

世界って案外狭いんですよね。
ありえない話ではないですよ!!

2007/10/04 (Thu) 18:06 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

葡萄ジュース

ムーっていうんですね。(ドイツだとファイザーなんとか…だったような・・・)うーん、飲んでみたいです。
ワインのジェリーとかも作るのかなぁ。

週末、ヌシャテルのワインを飲むのが楽しみです♪

2007/10/04 (Thu) 18:28 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

ヌシャテルワイン、おいしいですよー(笑)
お会いできるのを楽しみにしてます。

2007/10/05 (Fri) 14:52 | EDIT | REPLY |   

matsu  

ワイン用のぶどうの収穫は一気ですね

 ワイン用のぶどうの収穫は一気ですね。うちの今年の露地物ぶどうは8月半~9月末までの間の気長な収穫でした。
 ワイン用のぶどうは粒が小さいので房ごとに熟する時期があまり変わらないのでしょうかね。ワイン用の品種も作ってみたいのですが、日本ではワインを醸造するのにお役所がうるさいので、ちょっと作ってみるという訳にはいきません。
 最近はワインもあまり飲んでいなかったのですが、この記事を見てワインを飲みたくなってきました。でも、おいしいワインって、すぐに飲んで無くなってしまうんですよね。

2007/10/05 (Fri) 21:54 | EDIT | REPLY |   

めい  

Matsuさんへ

おっしゃる通りです~(笑)
ホントおいしいワインはすぐになくなってしまいますね。

matsuさんのところでワイン用のぶどうを作るとしたら、シャルドネ?とかでしょうか?ピノ・ノワールなんかもOKですか?
こちらのロゼことロイユ・ド・ペルグリは、ピノ・ノワールを使って、ほのかな甘みのあるフルーティなワインを作ります。同じピノでも赤ワインにすると辛口のワインになるのが不思議です。

2007/10/06 (Sat) 05:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。