Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

20
2006  00:16:05

千代と一豊の城 掛川城へ

シェアブログcastleに投稿

さて、静岡、三保からどこへ行こうかと悩んでいた時、掛川城か浜松城かで迷った。次の宿泊先は浜名湖。
で、今をときめく掛川城にした。何故なら、新幹線の駅から掛川城は見えたけど、浜松城は町がビルに埋もれて見えなかったから。

昨日、今朝と富士山を見損ねた私達の足取りは重い。
静岡での話は こちらから
そして、今朝は大雨。

掛川駅にたどり着いたものの、大きい荷物のコインロッカーがなくて、駅周辺をうろうろ。
JRの人には、「ここは名古屋や東京駅じゃあるまいし、そんな荷物が入るロッカーがあるわけありません」。何とも冷たい
それでも、駅の西側にある貸自転車屋さんで預かってくれることを知り、やっとロッカー探しから開放された。

お城は駅から北へ歩いて10分ほど。
駅から見えているので迷うことはない。

Kakegawa


天守閣と御殿と美術館と掛川館のセット券を買い、さっそく天守閣から攻める。
新しい城だなぁと思っていたら、平成6年に復元されたとのこと。

天守閣のてっぺんで、係りの人に聞いてみる。
めい 「ここから富士山は見えるんですか?(このフレーズ何回目だろ。)」
係りの人 「ええ。見えますよ。」
めい 「(えーっホント!)こっちの方ですか?」
係りの人 「ええ。でも、今日は見えないですね。昨日の朝は見えてましたけど。」
めい 「・・・ぐすん

どこまでも富士山は冷たい。


Kakegawa

天守閣から御殿が見えた。現在、二の丸御殿が現存するのは二条城とこの掛川城の御殿のみということで、国重要指定文化財になっている。

早速中へ入ると、
Kakegawa


御殿というが、何やらとても質素な感じ。
1854年の大地震で倒壊し、その後急いで建て直されたため、質素な作りになってしまったそうな。

たまたまこの御殿に、お城の建築士が来ていて、この城の再建に関する話を聞かせてくれた。

Amazonで探す 山内一豊と妻千代―「土佐二十四万石」を築いた夫婦の物語
山内一豊と妻千代―「土佐二十四万石」を築いた夫婦の物語

それによると、 掛川城のほとんどは寄付で再建されたらしい。
総額11億円の建設費のうち、8億円が寄付だとのこと。

当時の掛川市は城の再建にあたり、2つの問題を抱えていた。
城の再建に必要な樹齢300年のヒノキと建設費の入手。

まず、ヒノキ入手にあたり、林野庁を訪ねた。
すると、林野庁から、「300年後に取りに来てください」と言われたそうな。
で、仕方がないので、日本全国に聞いてみたところ、青森県に高速道路伐採のために切り倒した木が大量にあり、それはヒノキに似た木だという。
「あすなろ」という木らしい。

次は資金作り。
掛川市は身体障害者に優しい町作りをしていた。で、そのことを聞いた一人の老婦人が東京から引っ越してきた。
新宿の家を売ったら、税金で1億5千万円を払わなければいけないが、税金で払うのはイヤだというので、掛川市に寄付したいという。
で、掛川市は町の身体障害者のために使うという約束でそれを受け取った。
ところが、掛川市から老婦人へどんなことに使ったかという報告が一向にない。老婦人が掛川市長を訪れ、尋ねたところ、実はまだ1銭も使っていないという。何故なら、掛川市は城再建に多額の資金を必要としていたから。
で、市長は老婦人に頼んだ。「ついてはこの寄付金を城の建設に使わせてもらえないか」と。
すると、老婦人は二つ返事で快諾した。
で、1億5千万円とは別に5億円を城再建の費用として寄付してくれた。で、掛川市は市民、企業にも働きかけた。掛川市民ではなかった人で、しかも老いた婦人が5億円も寄付してくれたと。
すると、さらに、3億円集まり、トータル8億円の寄付金が集まったというのだ。

こうして、平成6年に城は完成した。
Kakegawa


で、私は「よかったですね。NHKに取り上げられたおかげで、この城も脚光を浴びることができたじゃないですか」。
そしたら、「いえいえ、これは棚からぼたもちではないんですよ。実は12年前もから大河ドラマで巧妙が辻を取り上げてもらえるよう働きかけていたんですよ。」

なるほど。
この観光客の多さは、掛川市の努力の賜物だったのか。。。

城や御殿は、千代がどうやって一豊を支えたのか。
千代の知恵にまつわる逸話がいっぱい詰まっていました。
熊くんに、私も、こうありたい?と思いつつ、これらの逸話を説明してあげました。
そしたら熊くん、
「成功している英雄の影には、必ず賢い女性の存在があったんだよね。成功することと、しないことの差は、自分のパートナーの意見を取り言入れるかどうかなんだ。」と至極、もっともなことを。


(じゃ、熊くん!私の言うこと聞くように!)


千代みたいになりたい!めいでした。


人気Blogランキングのページへ
 にほんブログ村 海外生活ブログへ



スポンサーサイト

 日本のこと

- 2 Comments

勇介  

はじめまして~

わ~お、

本格的なブログですね~!!

スゴッ!! (*_*;)

2006/11/21 (Tue) 12:29 | EDIT | REPLY |   

めい  

はじめまして~。

ほめてくださってるのかな?
ありがとうございます~。

2006/11/22 (Wed) 00:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。