Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

28
2007  20:56:27

アルザスワイン街道の町 コルマール

クリスマス前の話になるのですが、日帰りでフランスはアルザス地方に行ってきました。


幼なじみがロンドンに住んでいて、ストラスブールに旅行に来ると言うので、これは会いにいく手はない!と思い、アルザスワイン街道の町として有名なコルマール(Colmar)で待ち合わせをしました。

幼なじみ(よーちゃん)とはいえ、会うのは何年ぶりかしら。
10年?そんなことはないか・・・。
私が日本にいた頃、彼女は仕事で世界を飛び回っていたので、なかなか会う機会がなかったんですね。

久しぶりに会う彼女は、結婚して相棒(夫と言え!)を連れていました。
さわやか2枚目青年の旦那サマは、なかなかの男前くん。
柳葉敏郎を若くして、アクを抜いた感じ。(ちょっとホメすぎたか・・・。)



Alsace


絶対に落ち合えるよう教会で待ち合わせた私達。


うーん。素敵
あのお転婆よーちゃん(コホン)が、しっとりマダムになってひっそりと教会に座っている姿は、わが幼なじみながら、鼻が高い (おーい、血、つながってませんよー)。



再会を喜び合った私たちは、まずカフェへ。
行く前はどのレストラン行こうかとメールでやり取りして下調べを探していたにも関わらず、選んだのは教会の前のカフェ。(オイ!)

町は、粉雪がちらつく-5℃の世界なのに、クリスマスマーケットを楽しむフランス人でいっぱい。お昼前に店に入っておかなきゃ、この寒さの中で食いぱぐれたら、大変だもの!



Alsace   Alsace

クリスは本日のランチ(写真左)を、私はアルザス風リュシティ(写真右)を注文しました。
どれもなかなか美味しかったです。





昼食の後は、いよいよワイン街道へ出発!です。
まず目指すは、リックウィール(Riquewihr)という街。
よーちゃんのおススメは、このリックウィールにあるアンシ(HANSI)美術館。


Alsace



アルザス地方は17世紀から、ドイツ領になったり、フランス領になったりと、歴史的に2つの国の間で激しく領有権を争われた地。
なぜそんなに2国がこの土地を欲しがるかと言うと、いつの時代も理由は一つ。
アルザスが、ライン川によってもたらされる豊かな地、だからである。
ここは、フランス内でもパリを含むイル・ド・フランス圏に次いで経済が発展している所。
アルザス地方自体は、どちらの国に属していようと、神聖ローマ時代から商業の町として発展してきたのである。

じゃ、どちらの国でもよかったのかと言うと、実はそうでもない?
それを代表しているのが、このアンシという絵本作家。
アルザス地方の人は、もともとはドイツ人と言っていい。アルザス語もドイツ語の方言だし。
町の名前も明らかにドイツ語で、フランス語で読むのはとっても難しいぐらい。


Hansiこのアンシという画家は、かなり極端に反ドイツ的な風刺画を描いて、フランス愛国主義を見せて有名になり、人気を博した人だ。
あまりにも極端に風刺するから、第一次世界大戦中はドイツ軍のお尋ね者となり、スイスのバーゼルに逃げなければいけなかったほどである。
フランス人にしてみたら、これほどまでに愛国精神をくすぐる人を無視するはずがなく、今でも美術館は彼の絵を見に来る人が後を絶たない。

(こちらは、アルザスの民族衣装を着ている子供たち  アンシ画)


しかし、彼の作品を見て、ドイツ軍は意地悪い!と判断するのは安易というもので、アルザスという地が、フランスとドイツの2つの文化の上に築き上げられた地であることは忘れてはならないと思う。



アルザスワイン街道の街を歩いていて思うのは、どの街にも活気があることだ。
気温は氷点下、街は凍てつく氷霧の中。
空を見上げても、厚い霧のせいで空はおろか太陽の場所さえ検討が付かない。
アルザスは、フランスで一番寒い地方なのである。
でも、街には人で溢れ、日曜日だというのに街に並ぶ店は観光客を迎える。


Alsace  
 アルザスと言えば、コウノトリ。街のあちこちにコウノトリのモチーフが見られます。)



2つの国の間で、どちらの所有となろうとも着々と発展し続ける地、アルザス。
それがアルザスの魅力となり、こうして人々を惹きつけているのだろう。
アルザス人の底力を感じた一日でした。



人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
  クリック頂けたら、更新の励みになります!



旅の最後は、「フランス人に一番人気のある」と言われる城へ!
続きは、また明日に!



アルザスワイン街道については、こちらから↓
http://www.alsace-route-des-vins.com/
(英語、ドイツ語、フランス語と選べます。)


アンシ美術館はこちらから(仏)↓
http://www.alsace-route-des-vins.com/artistes/hansi_musee.htm
スポンサーサイト

 フランスのこと

- 1 Comments

ヒアルロン酸@好きっ子  

はじめまして。
スイスについてすごい情報ですね。
また勉強させてくださいね。

2007/12/28 (Fri) 21:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。