Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

08
2008  20:57:48

華やかなジュネーブ

この日は、日本から来ていたカオをジュネーブ空港まで送っていく日。
たった1週間だったけど、あちこちまわれて楽しかったなぁ。

空港へ行く車の中では最後だというのに何だか言葉も弾まず、空港に着いてからもエア・フランスで来たカオは、空港内のフランスエリアの扉の向こうにすぐに消えて行った。
十分にさよならができなかった感が残ったけど、よく考えたらドラマのような設定だと大泣きしちゃうだろうから、これでよかったのかもね。



さて、ジュネーブ空港の帰り、せっかく来たからには!と気を取り直し、二人でジュネーブの街を散策することに。

ジュネーブと言えば、湖から吹上げる大噴水(Jet d'Eau)が有名。


Geneve駅前のパーキングに車を停めた私たちは歩いて、旧市街の方へ。
駅の周りは商店街が並ぶも、橋の向こう側が旧市街。
駅前モン・ブラン通りからモン・ブラン橋に向かって歩くと、すぐに大噴水が見えた。

この日、あいにくの曇り空だったけど、大噴水はまったくかまうことなく、その水しぶきを高らかにあげていた。

この街に来たことを歓迎されているようで、何だか気分がいい。






橋を渡って旧市街に入ると、とたんに目に付く高級腕時計店。


Geneve  Geneve


店の前にはガードマンが立ち、おいそれと店に入るのは憚られるので、ウィンドーをしばし眺める私たち。右のがいい、左がいいと、自分たちの好みをさんざん相手に伝えた後、気をよくして、いざ、ローヌ通り(Rhone)へ。




東西に大きく走るこのローヌ通りが、この旧市街の目抜き通りといったところだろうか。


Geneve


バーゲンが始まったこの時期、買い物袋を両手に抱える人でいっぱいだった。
ローヌ通りに未練いっぱいの私だったけど、クリスに手を引っ張られ、サン・ピエール大聖堂の方へ。




旧市街の北側、小高い丘の上に立つ大聖堂は遠くからでも尖った塔が目を引く。
大聖堂の東側から坂を上り始めた私たち。

Geneve裁判所(Palais de Justice)の前を通り、続く緩やかな坂道をどんどん上っていった。


と、ふと右手に、抜け道のような小道がある。
パッサージュとあるから、通り抜けできるだろう。
細い階段が続いている。
上ってみることにした。




すると、




Geneve




見えた!
小道は、大聖堂のすぐに横に通じていたみたい。
徒歩で散策すると、こんな小さな発見が嬉しい。



入り口を探して、大聖堂の周りをまわる、まわる。



Geneve Geneve



この大聖堂で、宗教改革の中心となったカルヴァンがプロテスタンティズムの説教を行ったのだ。
ジュネーブが「プロテスタントのローマ」と呼ばれる云われとなった場所。
確かに大聖堂の入り口は、ローマの建物を想起させる。






さっそく、中に入ってみよう!



Geneve



中は薄暗く、人気もあまりない。
カトリックの教会に見られる聖人像や華やかな飾りが全くない。
昔はあったのだろうが、取っ払われたのだろう。
外側は改築と増築を繰り返したのか、いろいろな様式がごった返していた感があったけど、中は呆気に取られるほど質素で、がらんどうとしている。

ただロウソクの光だけが大聖堂に入る者を迎える。
この方が威圧感がなく、神との祈りの場はこれでいいのかもしれない。



椅子に腰掛けて、しばらく休憩した私たちは、塔の上に上ってみることにしました。
きっとジュネーブの街並みが見下ろせるはず♪




長くなったので、続きは明日に!

ランキングに参加してます。
人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
  クリック頂けたら、更新の励みになります。



ジュネーブの物価の高さはスイスでも有名。
でも、手軽で、おいしいレストランを見つけたので、それも明日紹介しますネ

スポンサーサイト

 スイス見どころ

- 8 Comments

めぐみぃ  

確かに・・・

ゴシック建築でステンドグラスびっちりのベルギーのカソリックと比べて、スイスのプロテスタント教会はすっきり、簡素ですよね。ゆっくり瞑想したりするにはそのほうがよさそうだけど…。
お友達、帰国されたんですね。お別れはいつもちょっと寂しいですよね。あんまり濃密にしちゃうと辛い、っていうの、よく分かります。

2008/01/08 (Tue) 18:53 | EDIT | REPLY |   

ありーしゃ  

噴水が・・

すご~~い、湖の中に噴水を作っちゃったんですねぇ。見事。街並みも素敵ですね。
大聖堂、素っ気ないですけどこんな中で結婚式をあげたら素敵そうだなぁ・・(結婚式はやらないのかな)
オマーンにもスイス人が働いてたり、観光客も多いんですけどスイス人て優しい人が多いですね~。日本人と感覚が近い気がしました。実際はどうですか?

2008/01/08 (Tue) 19:14 | EDIT | REPLY |   

めい  

ありーしゃさんへ

あ、きっと結婚式もやると思いますよ。
建物が豪華なんで、きっと盛大な結婚式になるでしょうね。

あ、スイス人って確かに、他のヨーロッパ人と比べて、日本人に似ている気がしました。優しい~なんて思ってるとドカンときついこと言われたりすることもあるんですが、でもイライラさせられたり、こんなのありぃ~!?と思わせられるようなことは極端に少ないですね。
オマーンの人はどうですか?

2008/01/08 (Tue) 23:34 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

ホント、入れ物が豪華なのに中身がすっからかん。
拍子抜けしちゃう時あります~。
ここに聖母像があったんじゃないの!?と思われるような場所も空っぽになってたりしてね。

そうですね。寂しいです。
小さいアパートが少し大きく感じてます。

2008/01/08 (Tue) 23:36 | EDIT | REPLY |   

ヨガにハマってまる、ゆっこ  

スイスに決めた~

はじめまして!
初めて、海外旅行を計画中のゆっこです。
いろいろとネットで探していたらこのブログにたどり着きました。正直・・・スイスに決めた~!!(^^)

見やすくて、読みやすくて、それに情報が満載ですね。
ついつい現地にいるような感じになりました。

突然、質問なんですがスイスにいく場合、何月くらいがいいでしょうか?

2008/01/09 (Wed) 04:02 | EDIT | REPLY |   

うりん  

GNV

久しぶりにジュネーブの街並みを見ました。
行ったのは20年前だけど、ほとんど変ってないような
気がします。
ヨーロッパって、街並みの景色がほとんど変化しないのが
好きなんです。ドヨっとした歴史感があって。
日本も世界に誇れる立派な歴史と文明があるのに、
ちょっと新しいものに変えすぎだな。
我々の世代で取り戻せるかな? ちと難しいか。

なんとなくめいちゃんの文章が今回は叙情的だったんで
感傷に浸ってみました。

2008/01/09 (Wed) 12:47 | EDIT | REPLY |   

めい  

ゆっこさん

スイスは夏がおススメです。

2008/01/10 (Thu) 05:56 | EDIT | REPLY |   

めい  

うりんサマへ

あれ、叙情的でした?
なはは、お察しの通り、今の気持ちが文章に出てしまうのかな・・・。

そうですか~。ジュネーブも20年来変わらない街なんだ~。
変わらないって、住んでいると重苦しく感じる時もあれば、ひさびさに行った街が変わってないと嬉しい時もありますよね。
神戸なんかだと慌しく変わりすぎて、混乱しちゃいます。
たった一年の不在で浦島太郎気分でした。あ、TVについていけてないからかな・・・。

2008/01/10 (Thu) 06:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。