Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

11
2008  05:18:36

3本足の椅子の前で

ジュネーブと言えば、国連の欧州本部(パレ・デ・ナシオン)がある町としても有名だ。

Geneve
コスモポリタンのジュネーブは、世界各国から観光客が集まるだけでなく、たくさんの国際機関も集結しているのである。


その国際機関が集まっているONU地区(ONUは仏語で国連の意)はどこにあるのかと思っていたら、高速に乗るために旧市街から北に向かって車を走らせていたところ、偶然その前を通ることになった。





遠くからでも、おや?と目を引いたのが、この椅子。



Geneve



い、椅子~!?

と思って、よく見たら、足が3本しかない。


クリス 「今から10年ぐらい前に、地雷禁止運動の象徴として設置されたんだよ。」


確かに、地雷と聞けば、それで足が一本吹き飛ばされたかのように見える。



しばらく椅子に見入ってしまった。



しかし、何て直接的で、効果的なオブジェ。
フランス語が分からなくても、英語が分からなくても、言葉を介さずとも、一目見て、反戦的なイメージが伝わってくる。


置かれている場所も、国際機関の建物が密集するモダンな建物群のド真ん中。
ONU地区に来たら、否が応でも、まず目に入るのである。


要人が集まるONU地区。
戦争を止めない国々の長たちに、この椅子をじっくりと眺めてもらいたいものだ。




こちらは、かつて緒方さんがいらした国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)。


Geneve





壊れた巨大椅子の置いてある広場のすぐ前に、堂々とウィンカーを出して一時停車していてくれてたクリスに呼ばれた。

クリス 「そろそろ行くよー。」

めい 「そりゃ、そうだ。あんまり長くは停めてられないね。」


今度来る時は、パレ・デ・ナシオンの中をぜひ見学しようと思う。



ランキングに参加してます
人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
  ぽちっと押して頂けたら、更新の励みになります。
スポンサーサイト

 スイス見どころ

- 8 Comments

Marinka  

ジュネーブだ!フランス語圏に住んでいながら国連見学にすら行かなかったです…3本足の椅子のことも知りませんでした(恥)。
あとCERNというダン・ブラウンの本で登場した科学研究所もジュネーブにあって、ここは行こうと思って予約したんですが、引っ越ししたため行けずじまい。ジュネーブにはいろいろ見るところがありますね。

2008/01/12 (Sat) 03:26 | EDIT | REPLY |   

うりん  

パレデナシオン

うっほほっ~い!!(なんちゅう悦びかた?)

実は、私もジュネーブで一番印象に残ってるのが
ラックレマンの巨大噴水ではなく、国連本部の
『軍縮の部屋』ってやつ。
生意気にもフランス語でのガイドをお願いした
若かりし「うりん」はガイドの説明も良くわからず、
ひたすらわかったような顔でうなずきながら、
東西冷戦のつばぜり合いをしたこの部屋の
重苦しい雰囲気を肌で感じとったのであ~る。
それと旧GATT(今はWTO)の本部も趣きのある
建物でしたよ。こちらは確かレマン湖畔から近かったかな?
お薦めです。
3本足の椅子は当時はなかったと思います。
ご紹介ありがとうございました。勉強になりました。

2008/01/13 (Sun) 11:07 | EDIT | REPLY |   

じゃがいも@レシピ  

さすが国際会議都市

国際機関がたくさんあるんですね。
私の住む日本宮崎県も実は、シーガイヤの元社長さんが国際会議都市を目指して、コンベンションセンターを作ったんですよ。
残念ながら、挫折してしまいましたが…^^;
去年、妻がスロバキアに滞在しましたが、ヨーロッパといえどかなり違うもんですね。やはり…。

2008/01/13 (Sun) 22:30 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

考えさせられますね

3本足の椅子は考えさせられますね。
地雷についてのエキシビションにいったことがあって、本物の地雷を見せてもらいましたが(もちろん爆発しないようにしてあります)、実に安い価格でできてしまう。それゆえに広まってしまったのだ、と聞きました。地雷を手にもってみたときの何ともいやな感覚を思い出しました。
クラスター爆弾などとともに、この世からなくさないといけないものの1つですね。

2008/01/14 (Mon) 02:18 | EDIT | REPLY |   

めい  

Marinkaさんへ

へー、ジュネーブに住まれてたんですね!
CERN!私もその本、読みました!
確かに、ジュネーブでしたね。
小説の舞台となった場所に身近に行けるというのも、わくわくして楽しいものですね!

2008/01/14 (Mon) 17:47 | EDIT | REPLY |   

めい  

うりんサマへ

そうなのね!
うりん、パレデナシオン見学したんだ~!!
『軍縮の部屋』ね。ぜひ、見てみたいわ!
今回は中には入れなかったけど、椅子の前で立ちすくんでしまうほどに圧倒されてしまったわ。
すごい所よね。
WTOも、今度行った時に探してみるわ。

2008/01/14 (Mon) 18:06 | EDIT | REPLY |   

めい  

じゃがいもさんへ、

宮崎県は今の知事に変わられてから、今、日本で一番注目されている県ですね。
お金儲けが上手と聞きましたが、いかがでしょうか?

2008/01/14 (Mon) 18:09 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

爆弾を作る人たちは、それがいかに効果的に爆発するかを考えても、それで死ぬ人たちや手足をなくす人たちのことまでは心配しませんものね。
永世中立国を名乗るスイスは平和の象徴的国家のように思われていますが(日本人にだけ?)、実はかなりの軍事国家です。自分たちから仕掛けることはないけれど、仕掛けられたら受けて立つ!というモットーらしく、道路には戦車が時々走っていますし、戦闘機の練習場面にもよく出くわします。
平和は自分たちで守るものということなのでしょうね。

2008/01/14 (Mon) 18:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。