Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

23
2006  00:00:18

あ~、富士山

1週間の旅が終わりました。
金沢で始まり、富山、奥飛騨、高山、中津川、静岡、浜名湖、名古屋を最後に、私達の1回目の旅は終わりました。

旅の目的は2つ。
 奥飛騨の紅葉を見る!
 富士山を間近で見る!

でした。


奥飛騨では、葉が全て散って紅葉は見れませんでした。
で、富士山はというと?

実は最後にちらっと見られたんです。

浜名湖に泊まった翌日は快晴でした。

Hamanako



ホテルの窓から、はるか東の方に白い山の頂が見えたんです。
すぐに富士山だと分かりました。
で、10分後に写真を撮ろうとしたら、雲に隠れてしまい、それからはずっと隠れたままでした。

最後に富士山を見られて嬉しいような、でも頂がちらっと見えただけなので見足りないような。
もっと見たいので、富士山を間近で見る!はまた次回の旅の目的に。

やった!これで、また静岡に行く理由ができた!

私達の北陸・東海旅行のバックナンバーは、↓こちらからどうぞ!

 金沢 兼六園から行ける豪華屋敷 ☆成巽閣☆
 富山駅前のおススメ料理旅館 「よし原」
 世界一の紅葉を求めて、いざ奥飛騨温泉郷へ!
 奥飛騨一の源泉かけ流し温泉 神の湯
 奥飛騨おススメ民宿 「いちだ」
 高山散策
 馬籠宿と妻籠宿 木曽路を歩く
 静岡 富士山を追いかけて!浅間神社お参りの訳は?
 千代と一豊の城 掛川城へ
 熱田名物 蓬莱軒の「ひつまぶし」を食べよう


次回は九州周遊旅行の予定です。


Blog2
 にほんブログ村 海外生活ブログへ



 
スポンサーサイト

 日本のこと

- 0 Comments

Leave a comment

- 1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  
  • 成巽閣成巽閣(せいそんかく)とは、文久3年(1863年)に兼六園内に建てられた、藩主夫人の為の隠居所である。建築当時は、巽御殿(たつみごてん)と呼ばれたが、後に成巽閣と改められた。一階は書院造で二階は数奇屋造になっており、江戸時代末期の代表的建築として、重要
  • 2007.07.27 (Fri) 14:40 | 観光地に行ってみて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。