Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

22
2006  00:38:40

高山散策

レンタカーで、奥飛騨から高山へ戻ってきた私達は駅前に宿を取るや、すぐさま高山散策へと繰り出しました。

行き先は、日下部邸と、高山陣屋

まずは日下部邸から向かう。
近いので、歩いて行く。
すぐ見つかりました!日下部邸。

Kusakabe


日下部家は、江戸時代幕府の御用金を用立てする商人として栄え、後に両替屋を営んだため、住宅が当時の裕福な町屋造りを実現できているんだそうです。
で、それが、一度焼失したものの、4年後に再建され、今の姿を残しているそうです。

何より、住宅内を自由に歩き回って、見学できるのがよかったですね。
当時の家具や調度品も残されていて、それも当時の生活を想像するのに役立ちました。

Kusakabe


最後はお茶とお煎餅のサービスもあって、見学の後はほっと一息

日下部民藝館
住所: 高山市大新町1-52
TEL: 0577-32-0072
URL: http://www.kusakabe-mingeikan.com/nyukan.htm




続いて、時間的にちょっとビミョーでしたが、江戸時代の幕府直轄の御役所が見学できるという高山陣屋を見ておきたかったので、外側から見れるだけでもいいや!ってことで、急ぎ高山陣屋へ。

門前に到着したのが、4時20分。
入り口は4時半に閉まるけど、5時まで見ていいというので、中に入りました。

Jinya


こちらも日下部邸同様、中をうろうろしながら見学できるのが楽しぃ。

あの御白州もありました。

jinya

遠山の金さん風を想像していましたが、こちらは屋内でした。

庭もなかなか趣があって、GOOD!

Jinya


Jinya


高山陣屋
住所: 高山市八軒町1-5
TEL: 0577-32-0643
URL: http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27212/



Blog2
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト

 日本のこと

- 2 Comments

ゆりこ  

うちはなぜか

私はなぜか、高山によく行ってる。確か家族と2,3回行ってるし、友人たちとも2,3回。そんなに高山が好きなのか?と言われるとそうでもないけど、こじんまりした街がよく、関西から行きやすいからかなぁ?熊君に案内するにはよかったんじゃない?

2006/11/22 (Wed) 12:20 | EDIT | REPLY |   

めい  

高山もいいよね

一度みんなで行ったよね。
あれ以来、私は高山は素通りで、行ってなかったんだけど、今回自分の足で回れて、楽しかったよ。

熊くんは、以前に1度来たことがあるらしく、その時は雨だったので、着いた日は「Takayama sous la pluie」と言いながら歩いていましたが、高山を去る日には、
「Takayama sous la pluie,
Takayama en plein soleil,
Takayama dans le brouillard」
に変わっていました。

2006/11/22 (Wed) 17:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。