Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

23
2008  14:44:52

GM作物は危険か?

Aubier数日前のことだが、私の誕生日を祝って、クリスがレストラン「ロービエ(l’Aubier)」へ連れて行ってくれた。

私たちのお気に入りのレストランで、オーガニック製品で、かつ、地元で取れた食材を使って料理することをモットーにしているレストランだ。


給仕の人とも顔見知りで、いつものように私たちを歓迎してくれた。
で、給仕長がロービエの発行紙を持って、GM作物についての話を始めた。
このレストランは、グリーンピースと団結して、GM作物の反対運動をしているとか。


GM作物とは、Genetically modifiedの略で、いわゆる、遺伝子組み換え作物のことだ。
現在、世界で遺伝子組み換え作物の生産を大々的に行っているのが、中国、アメリカ、カナダ、ブラジル、アルゼンチンの5ヶ国だ。
アメリカで生産されている大豆のほぼ100%がGM作物だったとはご存知だろうか。
日本は、GM作物の生産を許可していない。
スイスも、生産許可をしていない。

だが、近々、チューリッヒとローザンヌの近郊2箇所で、試験的にGM麦が生産されることになった。
国の研究機関が取り仕切るが、植えられる場所はもちろん屋外である。
研究用だけど、普通の畑のど真ん中に線引きをして、そこに植えるらしい。
その隣は、普通の農家の畑だ。
壁も柵も、何もない。


そもそも、作物なんて、自分で花粉の行き先をコントロールしているわけではない。
風や虫に運ばれるので、半径20メートルの花粉の飛散は常識の範囲だ。
ところが、今回の試験生産には、そのことが全く考慮されていない。
GM麦のすぐ隣で、一般の作物が植えられるんだもの。
花粉による遺伝子汚染が問題視されているというわけだ。


GM作物は何が危険なのだろうか。
遺伝子組み換えという名前自体、怪しいニオイがするけど、具体的な危険性は、はっきりとはわかっていない。
そもそも害虫や病気に耐性を持つことが目的で、遺伝子操作された作物だ。
ラットを使った実験などでは、GM作物を食べたラットの免疫力が低下するなどの報告が上がっているらしい。
まぁ、スイス政府は、危険性と有利性を把握すべく今回の実験を許可したらしいのだが・・・。


Chrisクリスはこう言う。
「遺伝子組み換えの危険性を調べるのは大事だけど、そのために遺伝子汚染していたら意味ないよね。」


で、実験生産自体にも反対らしい。

「実は、遺伝子操作をしなくても、病気に耐久性を持つ種類は発見されているんだ。
なのに、わざわざ未知の危険を冒して、実験する意味はなんだろう。」




平日のお昼なのに、ロービエは予約がいっぱい。
お客さんが増えてきたので、給仕長は仕事に戻っていった。
今日、私たちが食べたのは、お魚とポテトのジュリエンヌ風オーブン焼き。

aubier aubier


安全な食物を美味しく提供してくるという安心感が、ロービエの人気の秘密かもしれない。



人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
  ぽちっと押して頂けたら、更新の励みになります。ありがとう



aubierレストラン「ロービエ (l’Aubier)」、おススメですよ。
機会があれば、ぜひ!
http://www.aubier.ch/fr/index.html

ホテルもあります。


スポンサーサイト

 スイス暮らし

- 6 Comments

ゆずっこ  

お久しぶりです!!

めいさん!!お元気ですか?ゆずっこです。
お誕生日おめでとうございます!!とても素敵なお誕生祝いですね!!料理も、写真で見るだけで美味しそうです。

毎日、家族(主人と娘)が寝静まった後に、めいさんのブログを楽しく読ませていただいてます。今日は娘がいつもより早々とZZZ。。。してくれたので、かなりのんびりした気持ちです!!
いつも子育てで自分の時間がない中で、私にとってめいさん
のブログは毎日の楽しみになってるんですよーっ(^^)
スイスの暮らしが手にとるように伝わってきて、日本とスイスは距離がかなり離れているけれど、それを感じさせないような身近な感覚にさせてくれるところも大好きです。今日も、また癒されました。ありがとう!!

2008/03/25 (Tue) 00:57 | EDIT | REPLY |   

せいこ  

おいしそ~

めいさん、こんにちは!

とっても美味しそうな料理ですね~。
地元でとれた新鮮な食材を使った料理を出してくれる
レストランだから、また一層美味しいのでしょうね。
ヌシャテルに行ったらぜひこのお店で食事をしてみたいですe-68
遺伝子組み換えって、そのものが本来持っているものを人間の都合で変えていくことのような気がして恐い感じがしますね・・・。

2008/03/25 (Tue) 10:46 | EDIT | REPLY |   

めい  

ゆずっこさんへ

こんにちは!
元気ですよ~!
さらに元気の沸いてくるコメントをどうもありがとう!!

子供がいたら、こんな風に簡単にレストランへ二人で、というわけにはいかないですよね。外食もなかなかできないし、行くとしたら子供も一緒に行けるところを!になりますものね。

子育てがんばってくださいね~。
私も楽しい記事をもっともっと書いていきたいと思います。
ありがとう!

2008/03/25 (Tue) 15:24 | EDIT | REPLY |   

めい  

せいこさんへ

ここ、おススメですよ~。
量が多いので、やはりランチがいいですね。
ヌシャテルからちょっと離れてるのですが、友達クンは車あるかな?結構、有名なので彼も知っているのでは?と思います。
ヌシャテル旧市街にカフェホテル、レストランはMontezillon(モンテジヨン)という所にあって、モンテジヨンには、レストランは1軒。ロービエのみです。

ヌシャテルへはいつ来られるのかな?
せいこさんが来られる時はお天気がよくなってるといいですね。
今、ヌシャテルっていうか、スイスは大雪。
今朝も30cmぐらい積もってます。
春なのに・・・。

2008/03/25 (Tue) 15:30 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

おめでとう!

お誕生日おめでとうございます!v-238
素敵なレストランですね。

GMフードは結局、まだよく分かっていないっていうのが本当なんでしょうね。GMが出た頃の最初はそれで気候の厳しい飢餓の地区にも作物が出来るようになれば飢えが無くなるわけで、いいなって思ったんですが、そう簡単でもなかったですね。今はどんどん違う方向(経済効率ですね)に行っている感じだし。

2008/03/25 (Tue) 19:56 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

ありがとうございます。
また一つ年取っちゃいました!

そうですよね。
GMは発展途上国を救うとまで言われたんですものね。
GMの影響は2、3世代が過ぎてから分かるんでしょうね。
気づいた時は、既に遅し?

2008/03/26 (Wed) 03:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。