Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

16
2008  01:43:12

荘厳なるストラスブール

先週から、午前中はイタリア語の集中講座を受けているのですが、宿題と復習と予習(やらないと授業についてけない・・・)に追われ、大好きなブログも後回しになってます。
でも、これもイタリアに行く時には少しは会話ができるようになるため!と毎日張りきって、イタリア語に励んでいます。
ハードですが、ドイツ語と違い、ストレスより喜びを感じることの方が多く、好きか嫌いかでこんなにも違うのかと自分でも驚いています。



さて、私達のアルザス・ワイン街道の旅は、エギスハイムからカイゼルベルグ(Kaysersberg)、キンツハイム(Kientzheim)、リボビレ(Ribeauville)、オベルネ(Obernai)などなどを車で回り、最終地点、ストラスブール(Strasbourg)へと向かいました。


Strasbourg



今夜はストラスブールに泊まります。
車なので、旧市街の外に宿を取りました。
でも、この町の象徴であるノートルダム大聖堂まで、歩いて10分ほどです。




Strasbourg



町のどこにいても、大聖堂の屋根が見えるほど。
近づいてみて、その大きさに圧倒されました。





とにもかくにも、でかい!






なので、大聖堂の全姿を一枚の写真に納めるのは・・・、



Strasbourg




無理です。はい。


Paris
パリにも同じ名前の大聖堂がありますが、大きさと迫力から言えば、ストラスブールの大聖堂の方が上かと・・・。


パリの方は、なんせ、きちんと一枚の写真に納まりますから。
(それが、理由か、オイ!)

造りも荘厳というよりは、繊細という感じがしますね。




ストラスブールの方は、何やらカトリック教会の戦略的なにおいがします。
ここまで大きく造ったからには、ローマ法王の力を見せつけたかったのかなぁとか。




夕方というよりもう8時を回っています。
中へ入るのは、明日のお楽しみ。





大聖堂の近くで夕食を取った私達。
案の定、食べ過ぎたんで、旧市街を散歩しました。



Strasbourg




日暮れの中での散歩。
素敵です♪
これでも、夜の10時ぐらいでしょうかね。



Strasbourg


ストラスブールの夜は観光客と現地の人で賑わい、どこを歩いてもカフェやレストランはいっぱいでした。こちらの夜は遅いようですね。


結局、一時間ほど歩き、ホテルに戻った時は、11時を回っていました。





翌日、ホテルで朝食を取らずに真っ先に向かったのは、やっぱり大聖堂。
大聖堂を見ながら朝食!と、朝のミサを見てみたかったので。
こんなに大きな大聖堂なら、響くオルガンの音も違うかなと・・・♪



Strasbourg




朝日とロウソクの火で照らされた大聖堂の中は、案外にぎやかでした。
ミサで集まった人たちがおしゃべりをしているようです。
私達、観光客は奥へは行けず、後ろで見ることに。




Strasbourg          Strasbourg



突然、鳴り響くパイプオルガン。
ものすごい音響です!

ステンドグラスが割れそうなほど聖堂内に響き渡ってます。



Strasbourg



パイプオルガンが止むと今度は、聖歌隊の出番。
ミサを仕切る司祭も、マイクで話されてました。

その声も歌も、この音響効果バツグンの大聖堂では、ミサの効果大かと・・・。
ぼんやり聞いているだけでも、うっとりします。




Strasbourg




さて、しばらくミサを眺めて大聖堂を出た私達は、アルザス風建物の並ぶ地区へと向かいました。
旧市街の西のエリアにプティット・フランスと呼ばれる地区です。




Strasbourg       Strasbourg



木組みに土壁の家が、アルザス風建物の特徴ですね。
おとぎ話の世界にいるような気分で、お散歩しました。



雨が降りそう・・・と思っていたら、



人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
  ぽちっと押して頂けたら、更新の励みになります。 ありがとう



帰りはやっぱり降られました。
でも、アルザス滞在最終日でよかったかと・・・。

10年前、学生の時に一度来ているのですが、その頃の感覚と変わらないストラスブール。
旧市街は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

複雑な歴史を抱えながらも、それを利用し、自分達の文化として吸収しているアルザス。
その力強さがとても魅力的です。
また来たいですね。




スポンサーサイト

 フランスのこと

- 16 Comments

神戸のABA  

圧倒的迫力

「勉強」続けている由、感心してます。

シロアリは体の割に大きな塔を作るナアと感心しているのですがヒトもスゴイものを作るのですね。1枚に写る方でも相当大きいと実感しましたから、コイツはただものでない!ようですね。でも、13年経ってもまだ地震後遺症なのでしょうか、怖くも感じます。

2008/07/16 (Wed) 04:34 | EDIT | REPLY |   

めい  

神戸のABAさんへ

あれ?早起き?夜更かし?
「勉強」と言いますか、必要にかられてと言いますか・・・。

あー、たぶん、建物を前にしたら、怖さは写真よりもましかもしれません。というのは、なんせその重量感と言いますか、大きいながらもその安定したどっしり感を実物を前にした方がひしひしと感じることができるので。

人間はこんなものが造れるのかと、確かに驚くばかりの建築物ですね。
でもそれが造った人の狙いなんでしょうね。(笑)
圧倒的な強さを分かりやすく誇示し、人々を驚かせる!
(↑これは大成功です)

2008/07/16 (Wed) 06:00 | EDIT | REPLY |   

yuna26  

お勉強で忙しい中、今日も素敵な写真を
有難うございます!!

大聖堂の写真を見て、「入ってみたい」と
思ったのを察して下さったかの様に、ミサの
写真が続き感激です。

アルザスを旅したかの様な気分にさせて頂き、
有難うございました。

イタリア語頑張って下さいネ!! 応援しています。

私は、仕事とレッスン日の調整がうまくゆかず、
まだ始める事が出来ず日々悶々としていますが、
挫けず頑張ります!!

2008/07/16 (Wed) 15:15 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

わ~いいな

パイプオルガンの素晴らしさ、私もベルギーに住むようになって、開眼しました。あの石の教会にひびく音・・・録音やホールじゃ味わえないですよね。聖堂はやっぱりゴシックがいいな~。

ところで、イタリア語の集中講座!
ドイツ語についでイタリア語まで、なんて凄いです。
フランス語に近いから、理解も早いでしょうし、なんたってレシピ解読ができるし・・・。楽しそう!
頑張って、次のイタリア旅行に備えて下さい!

私は・・・フランス語、挫折ぎみです(汗)

2008/07/16 (Wed) 17:42 | EDIT | REPLY |   

たま  

頑張っていますね~

めいさんのエネルギーが伝わってきますよ!

沢山の写真を見せていただいていたら・・・
童話の世界に入り込んだような錯覚に陥りそうです^^

2008/07/16 (Wed) 20:12 | EDIT | REPLY |   

BARON  

こんにちは

スイスってドイツ語、フランス語、イタリア語、英語、その他が混ざりあってるんでしたよね~??

言語習得、私は何とか英語だけはオロオロしながらも、話せるようになりましたが、まだまだ。。。orz

テスト上ならば解けても、いざバババババッとネイティブに話しかけられると思考が追いつかないんですよね。。。

めいさんの努力に頭が下がります。

2008/07/19 (Sat) 12:02 | EDIT | REPLY |   

うりん  

ストラスブールの大聖堂…やっぱり歴史を感じますね。
新大陸には無い圧倒的な伝統の持つ力。
キリスト教にはこういう大聖堂による音の響きが
大切なんでしょうね。
日本も大きなお寺に行くと、たとえば、比叡山延暦寺の
「金本中堂」…読経と木魚と鈴のハーモニーが
静謐な空気を震わせて心に響いてきます。
欧州、日本、共に伝統を大切に守りながら育てて行きたいですね。
キレイな写真をいつもありがとう!

2008/07/19 (Sat) 12:53 | EDIT | REPLY |   

めい  

yuna26さんへ

仕事を平行させながらの習い事は大変ですよね。
特に日本では残業も多いですし。
お体を壊さないよう、うまく調整できるといいですね。

写真、たくさん載せましたが、どれも中途半端なもの。
yuna26さんのように言ってくださると嬉しいです。
ありがとうございます!

2008/07/19 (Sat) 17:01 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

なはは、ドイツ語は挫折したんです・・・。
勉強しましたリストに入れるのも恥ずかしいぐらいです。
挨拶と数の数え方、メニューの読み方が少し分かっただけでもよしとするか・・・、という感じです。

何より、ドイツ語圏に行っても、看板や案内を見ても拒否反応が出ず、読んでみようという気になっただけでもまぁよかったかと。

イタリア語もドイツ語もフランス語も文法がややこしいですよね。
それを強ーーーく実感しています。
お互いがんばりましょうね!めぐみぃさん

2008/07/19 (Sat) 17:05 | EDIT | REPLY |   

めい  

たまさんへ

そう言って頂けると嬉しいです。
アルザスは本当に風景や建物が美しいところで、目の保養になりました。

徹底して、当時のスタイルを守っているようで、それが地方の特色になっているんでしょうね。

2008/07/19 (Sat) 17:07 | EDIT | REPLY |   

めい  

BARONさんへ

そうなんです。
スイスは4ヶ国語(仏、独、伊、ロマンシュ語)の4つが公用語なんです。
加えて、複数の言葉を理解する人は、必ず英語を話しますしね。
バイリンガルどころか、3ヶ国語、4ヶ国語がたくさんいるんです。

私が一緒に伊語を学んだ人たちも、仏語、英語、独語(人によりけり)、スペイン語などを操り、更に伊語なんで、びっくりです。

おかげで、みんな物覚えがいいというか、勘がいいというか。
一人出来が悪く授業中おたおたしていた私です・・・。
もうこれは開き直るしかない!デス。はい。

2008/07/19 (Sat) 17:11 | EDIT | REPLY |   

めい  

うりんサマへ

「伝統」。
そうなんです。
これを無視せず、頑固に守り続けているところがストラスブールを含めアルザスの強さなんだと、旅行して深く感じました。

ドイツとフランス、入れ替わるように敵対する国に何度も統治されながら、その都度自分達の文化として受け入れる。
アルザスのしたたかさと強さと言いますか。

観光だけでなく、経済的な強さもパリに次いで2位。
豊かさを自分たちで確保し、それを利用して町を守る。
「伝統」を守るにはお金がかかりますものね。

2008/07/19 (Sat) 17:17 | EDIT | REPLY |   

さっこ  

スイスもよいけどアルザスもよいよね。
町並みで「アルザス」ってわかる特徴的な建物・・
あー、きれいなんだけどうらやましくて複雑な気持ち。(笑)
絶対落ち着いたら遊びに行くぞ!
いつになるか分からないけどヌシャテル案内してね。

2008/07/20 (Sun) 22:46 | EDIT | REPLY |   

めい  

さっこへ

アルザスよいよ~。
まじ気に入ってしまいました。
どうしてアルザスワイン街道の家の子に生まれなかったの?などと言ってクリスをちょっぴり困らせたのは私デス・・・。
ここだけの話。

姫も連れて、ぜひ遊びにおいで~♪

2008/07/21 (Mon) 04:41 | EDIT | REPLY |   

旅のスタイリスト  

ヨーロッパって感じですね

こんにちは。
私もストラスブールからアルザスワイン街道を通ってコルマール、ディジョンへぬけたことがあります。絵になる街や村が点在してました。忘れていた風景を思い出させていただきました。有り難うございます。

2008/07/29 (Tue) 00:41 | EDIT | REPLY |   

めい  

旅のスタイリスト様へ

ワイン街道、本当に素敵ですよね。
保守的ですが、力強く、個性的がゆえに、美しいのでしょうね。
また行きたくなる風景です。

2008/08/03 (Sun) 01:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。