Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

03
2008  05:44:40

完璧なる裸体

Firenzeミラノでの滞在を終えた私達はルネサンスの都、フィレンツェへと向かいました。
フィレンツェへの移動は、新幹線のような快適列車。→
スイスからミラノへの移動の時とは大違い。

というのは、スイスからミラノへ移動する時、陸上の鉄道トンネルとしては世界一のレッチュベルクトンネルを通ってきました。アルプスのど真ん中を走る列車は左右横揺れ可能なカーブ対応されたもの。
でも乗ってる側は、狭い座席にガタゴト大揺れの列車で、かなり往生しました


到着したフィレンツェは、熱気む~ん
な、なんだ、この暑さは・・・



Firenze




後で聞けば、フィレンツェは盆地になっているため、北イタリアでは暑さの厳しいところだったのだそう。
京都みたいなところか・・・。
湿気もミラノより多いし、列車を降りてひるみそうになった私達でした。



ホテルにチェックインした私達、真っ先に昼食を取りました。
ホテルのすぐ近くのトラットリアで、とってもおいしくて、値段も抑え目なここにフィレンツェ滞在中は通いつめました。


FirenzeTRATTORIA 「Al Chirola di Jimmy」
Viale F. Strozzi, 16r, Firenze
Tel: 055 462 50 49


サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩10分。
駅の東側にあるバッソ要塞(Fortezza da Basso)の南側です。 


前菜はおいしいですが、アイディア不足。
ピザ、パスタはどれも最高!
お肉料理は、肉の柔らかさに舌を巻きますヨ。
デザートは、やっぱりティラミスを。

メニュー、英語版アリ。
(え!?私、もちろんイタリア語版デス・・・苦しぃ~)




さて、明日はイタリア中の美術館が閉まってしまう月曜日。
真っ先に向かったのは、ホテルから一番近いミケランジェロのダビデ像があるアカデミア美術館。

イタリアの有名美術館は予約制度が取り入れられたせいで、入り口が二つ。
列も並べない長さではなかったので並ぶことにしました。
(左の人のいない入り口が予約した人用です。)


Firenze       Firenze



右側写真、私達が並んだ後、人はさらに増えていました。
1時間待って入場できました。
暑い中、並ぶのタイヘン(クリス、ありがとう・・・。)

予約なしでは見れない「最後の晩餐」よりはましか・・・。



残念ながら、イタリアの美術館はどこも写真撮影全面禁止。
フラッシュを焚かなければ撮影していいフランスの美術館とは大違い。
値段も高めだし・・・。
ルーブル美術館より、入場料の高い美術館がゴロゴロ。
旅先ですから、まぁ、いいけど・・・。


カオが盗撮に成功した、ダビデくんデス↓↓ しぃーーーっ。


Firenze



本物のダビデくん、美しいです。
完璧なんですね。そんな裸体あるもんかっって思ってたんですが・・・。
完璧な裸体で有名な「ミロのヴィーナス」より美しいと思う。
3人でうっとりしました。



ちなみに、こちらはフィレンツェの町中にあるダビデ君です。
2体あります。



Firenze           Firenze



コピーなのに、何かが違う・・・。


さて、アカデミアを出たら、もう夕方。
うろうろしようにも暑くて、暑くて。



ドゥオモまで歩いたら、電池切れ鐔?
閉まってしまったドゥオモの前で、へたり込んでお茶にしました。



Firenze




それにしても、フィレンツェのドゥオモ、美しぃ~。
暑さは減らないけど、疲れが少し取れました。
さすがヨーロッパ第一の都として君臨しただけのことはある~





Firenze





ミラノのドゥオモも迫力満点でしたが、こちらの白とピンクと緑の大理石で作られたドゥオモも圧巻です。
イタリア人って、すごいなぁ~と沁みるようにドゥオモの美しさに浸りました。




Firenze







さて、この日は、この先のアルノ川まで歩きました。
一応ヴェッキオ橋を見ておこうかと・・・。



Firenze




金銀細工の店が並ぶヴェッキオ橋。



Firenze




と、ここで完全に電池が切れた私達。
バスを待つこともできず、タクシーでホテルまで戻りました。




人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
  ぽちっと押して頂けたら、更新の励みになります。 ありがとう



明日は、いよいよドゥオモの中、見学だ~。
(って、月曜だったから、そこしか開いていない・・・。)


フィレンツェの町が一番美しく見えるポイント、ご紹介します~


スポンサーサイト

 イタリアのこと

- 4 Comments

yuna26  

お帰りなさい!!

イタリアも暑かったんですね~ 

ミラノ、フィレンツェに行ってからかなり経つので、現在の写真を
見て行った気分に浸らせて頂いてます。有難うございます!!

ミラノのドゥオモの屋根に登れるなんて知らなかったです~~

ガレリアで食べたジェラート美味しかったですが、そんなに
高い世界だったとは。。。

スイスのドイツ語圏の超素朴な街から着いた世界は洗練されて
いて、スーツでビシッときめたイケメンばかり、殆どオノボリさん
状態でしたからきっとマヒしていたんだと思います。

フィレンツェには何度も出かけ何泊かするのですが、ミラノは
いっつも日帰りでした。私はフィレンツェの方が、人も街の
雰囲気もゆったりしてて何か好きなんですv-238

2008/08/04 (Mon) 18:41 | EDIT | REPLY |   

たま  

やったね?

ダビデくん
綺麗に撮れて・・・このショットは特に大事にしなくっちゃね~
クリス様が やきもち 焼くかな?

ドゥオモ イタリアの中でも行きたい場所の一つです
いつ行けるかなぁ~

2008/08/05 (Tue) 12:28 | EDIT | REPLY |   

めい  

yuna26さんへ

もう、暑さが想像以上で、本当にびっくりしました。
シエスタ、必要ですね。これは・・・。
ムダに昼間うろうろすると、もうエネルギーが吸い取られるようになくなって、歩けなくなるぐらい。
どれでも、観光客はたーーーっくさんいて、彼らはイタリアの日射しの下、ジェラートを食べながら歩き回っていましたけどね。

イタリアはすごいですね。
どこをとっても絵になる。
ミラノとフィレンツェですから、当たり前かー。

2008/08/06 (Wed) 05:37 | EDIT | REPLY |   

めい  

たまさんへ

ミラノにフィレンツェ、ついでにヴェネツィアも!
イタリアは見るところがいっぱいですね。
お隣のよしみで、また来たいです♪

盗撮、ドキドキしますよ~。

2008/08/06 (Wed) 05:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。