Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

06
2008  05:33:01

フィレンツェを見下ろす!

Firenze





Firenzeフィレンツェ2日目に私達が向かったのは、ドゥオモ。
いよいよ中を見学します。
朝だというのに、すでに並んでいる人たち。
月曜日のこの日は、美術館が閉まっていたせいでしょうか。
20分ほど待って、中に入りました。

中が思ったより広いのにびっくり。
というのは、椅子が全部取り除かれていました。
道理で、たくさんの人を収容できるわけだ・・・。





Firenze



見どころは何と言っても、前方祭壇、クーポラの上に描かれている天井フレスコ画「最後の審判」。



Firenze



あまりに素晴らしいので、見上げたついで、口もあーんぐり。



さて、このドゥオモからフィレンツェを見渡すには2つの方法があるんです。


Firenze         Firenze




左側のクーポラに上るか、右側のジョットの鐘楼に登るか。
クーポラは463段、ジョットは414段あるらしい。
値段はどちらも6ユーロ。
ただ・・・、

クーポラは人気なので待ち時間が長いのと、階段に休む場所が全くなく一気にひたすら上らないといけないらしい。
一方、ジョットの鐘楼の方は階段に休む場所もあり、こちらに上ればクーポラも見れる。ところが、こちらは金網が張り巡らされているとのこと。写真を撮るには、不向きか・・・。


うーん・・・。
悩んで、結局上らなかった私たち。
この暑さで、狭い階段は恐ろしや~。
で、他にフィレンツェを見渡せる場所があると聞き、そこに向かうことに。




その前に、こちらは、ドゥオモの向かいにある洗礼堂の東扉。
ミケランジェロが名付けた「天国の扉」だそうです。ありがたや~。


Firenze



Firenze      Firenze



全部で10のシーンが描かれているのですが、その中の2枚ピックアップしてみました。
左が「ノアの箱舟」で、右側が「モーゼの十戒」です。
この天国の扉、日本人の寄付によるレプリカだそうで、本物はドゥオモ博物館にあるそうですヨ。



さて、フィレンツェを見下ろす前に、もう一つ教会を訪れました。
フィレンツェと言えば、メディチ家。
そのメディチ家代々の菩提を弔っている寺院、サン・ロレンツォ教会です。


Firenze




ここの礼拝堂。
傾きかけたメディチ家が最後の富と虚栄を示すべく、貴石と大理石をふんだんに使って建てたそうです。
莫大な費用をかけて作った礼拝堂、ぜひとも拝んでいこうということになり、寄ってみました。
また、ミケランジェロの彫像があるそうで、そちらも楽しみに入ることに。



Firenze



こちらは、入り口、地下。
よくよく見たら、並んでいたのは骨壺でした。
きれいな壺なのに・・・。



上がいよいよ礼拝堂!


ところが・・・、






Firenze




修復中・・・だったのです。
一部とは聞いていましたが、ここまではとは。
一部どころではなく60%ぐらいか・・・。
これでは、礼拝堂の美しさを眺めることもできず、しゅーーん。
入場料7ユーロ(1200円ぐらい)もしたのに。


修復をしないと、はめ込んである大理石がぼとぼと落ちてくるのだそうで・・・。
歴史建造物というものに、修復はつきものですよね・・・。


天井画を、しっかり眺めてきました。


Firenze




じつは、メディチ家の礼拝堂も写真撮影禁止です。
よって、上3枚は盗撮( by めい)。しーーーっ。




こっそり撮っておいて文句を言うのも何だが、フラッシュなしで撮影を許可したらいいのにと、心底思う。
はるばるやってきて、美しい物をみたら、写真に残したいもの。





さて、暑さに負けて一度ホテルに戻りシエスタをした私達、夕方から復活!
フィレンツェを見下ろせる高台を目指して、ホテルを出ました。
行き先はアルノ川を越えたミケランジェロ広場です。
広場は高台になっているので、歩くのはちょっとタイヘン。
で、バスに乗りました。


どうです~。ドゥオモもばっちりです。



Firenze



Firenze



フィレンツェがこの通り。
ここは、観光的にも人気のビューポイントらしく、次から次と観光バスが来ていました。


Firenze




この景色ですもの♪♪




人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
  ぽちっと押して頂けたら、更新の励みになります。 ありがとう



フィレンツェ、美しく、美味しく。

でも、暑い・・・。

スポンサーサイト

 スイス暮らし

- 10 Comments

たま  

ため息~

ため息が出ます
美しすぎて~♪

修復中は残念でしたが、考えようによっては・・・希な体験かも?

2008/08/06 (Wed) 11:42 | EDIT | REPLY |   

コスメ  

フィレンツェに住みたい

何度行ってもフィレンツェはいいよねぇ。
なんとなくほっとする街です。
町全体が美術館のようで維持するのは大変だろうけどね。
辻人成、大好きなめいがドゥモを登らないなんて以外だわ。
数ヶ月前にバンコクでサヨナライツカのロケをしていたらしいよ。

2008/08/06 (Wed) 13:31 | EDIT | REPLY |   

noriko  

羨ましい

いやー羨ましい。
懐かしい。久しぶりに見た眺めは相変わらず美しい。
眺めのいい部屋って映画おぼえてる?
あの映画を見てフィレンツェに行って見たくなった私でした。
食べ物も美味しいし、靴などお買い物も充実してるし最高です。
ビフテッカフィオレンティーナ食べた?

2008/08/06 (Wed) 19:25 | EDIT | REPLY |   

yuna26  

懐かしい景色~~ 初めての時は私も観光v-104で行きました。
ホント、フィレンツェが一望ですものネ♪

イタリアの暑さ尋常では無い様ですね。暑い時にはシエスタをしないと確かに
バテますよね~~ (オフの日のクーラーの中でのお昼寝最高です)

昨日、スイスから帰って来られた方が、スイスがあんなに暑いとは…って仰って
ました。日本も半端無い暑さですし、異常気象の影響が怖いです。

2008/08/07 (Thu) 12:01 | EDIT | REPLY |   

めい  

たまさんへ

なるほど~、そういう考え方もありますね。
つい、「損したー!!」思ってしまう私・・・。

2008/08/08 (Fri) 17:33 | EDIT | REPLY |   

めい  

コスメちゃんへ

夏に行った?それとも冬?
私は前回冬だったので、夏と冬でこんなにも違うのがと驚きました。
そうなの。
「冷静と情熱・・・」の話はしてたんだけどね。
なんせ暑くて、暑くて。
それと人の多さが異常。
フィレンツェはやっぱり人気なんだね。
サヨナライツカ、見たいなぁ。

2008/08/08 (Fri) 17:36 | EDIT | REPLY |   

めい  

norikoさんへ

あの映画も、舞台はフィレンツェだったっけ。
いろんな映画の舞台になっているんだね。
町のどこにいても、絵になるものね。
惹きつける魅力みたいな。
ビフテッカフィオレンティーナ、っていう名前だったかなぁ。
でも、クリスが食べたステーキがすっごい、すっごいおいしかった。あんな柔らかい肉、神戸牛なみやん!と、びっくりしたもの。

2008/08/08 (Fri) 17:40 | EDIT | REPLY |   

めい  

yuna26さんへ

やっぱり行かれてましたかー。
私達は公共のバスを使って行ったのですが、あそこはいいですよね。
美しいフィレンツェが見渡せて、とても素敵でした。

スイスは暑いというか、太陽の下ではきついです。
日陰に入ったり、日が暮れ始めると、肌寒いくらいなんですけどね。
スイスの人も、ここ10年ほどの暑さはまともじゃないとか、言ってます。
特に冬の暖かさが信じられないとか・・・。

2008/08/08 (Fri) 17:44 | EDIT | REPLY |   

さっこ  

いいなあ、フィレンツェ。
どこをとっても絵になるし、どこへ行っても期待以上にいい。
って印象。
年取ったらフィレンツェを拠点に近郊の街も訪れてみたいわ。

2008/08/14 (Thu) 21:57 | EDIT | REPLY |   

めい  

さっこへ

よかったよ~、フィレンツェ!
確かにどこを訪れても絵になるって感じで、フィレンツェの美しさに始終ほぉ~っっとしてました。
でも、夏のイタリアは人がいっぱいで、暑いし・・・。
夏はスイスとアルザス、冬はイタリアでどうかしら?

2008/08/15 (Fri) 16:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。