Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

11
2008  06:56:21

ゲルニカの前で

スペインはヨーロッパ・・・なはず。
なのに、月曜以来、時差ボケになっています。
気分は、なんてこったい・・・汗;

日曜日の夜中に帰って来た私達。
月曜日は2時まで眠れず・・・。
火曜日は疲れて、11時に寝入ったものの、2時に目がぱっちり、また眠れず・・・。
どうなってるの~。

今夜は、朝まで起きないゾ!!
と、ベットの上でブログを書きながら、くーすか寝ているクリスの横で決意を新たにしている私。



ところで、ゲルニカ。
ご存知、ピカソが描いた絵ですね。
スペイン内戦の時、フランコ将軍を支援するという名目でナチスがゲルニカの町を無差別に空爆した時の様子を描いたものです。
絵は3枚あると言われ、その一枚(まぁ、オリジナルか)がマドリッドのソフィア王妃芸術センターにあります。
マドリッドとバルセロナで取り合いになっているそうですか・・・。


絵葉書ですが↓


Madrid





マドリッドには、パリのルーブル美術館のごとく、古典を展示しているプラド美術館があります。
この美術館もしかり、ソフィア王妃芸術センターもしかり、スペインも!!!美術館や王宮で写真が撮れません。

当然でしょう!と言うなかれ。

というのは、フランスでは、ルーブルだろうが、オルセーだろうが、ヴェルサイユだろうが、フラッシュを焚かなければ写真は自由です。この通り↓



Paris          Paris



盗撮じゃありませんよ~。
堂々と、写真が撮れるんです。


先日、行ったイタリアもだめでしたが、スペインもダメ。
これは、かなりがっかりです。
ネットで大量にばら撒かれるとかを心配しているようですが、はっきり言ってしれているのでは・・・。
本物を見たい人は、例え手元に写真があっても、遠路はるばるやってくるもの。
飛行機に乗って、地下鉄に乗って、美術館を探し求め、その絵の前にたどり着くまでに一体どれだけの体力と、お金と、根気がいることでしょう。
現に私達は、プラド美術館から20分ほど、歩いてここに来たのだ。
記念写真の一枚ぐらい、いいではないかと、心底思う。


と、スペイン美術館にケチをつけてみたけど、ゲルニカはとても衝撃的な絵でした。
絵の前に立つと足がすくみました。
戦争の恐ろしさ、叫び、悲鳴が絵から聞こえてきそうでした。
カラーな絵ではなく、モノクロな絵なのに、なんておどろおどろしく表現されているのだろうと。
ピカソが天才と言われる所以、身体で感じました。


今回、フィレンツェの時みたく、盗撮はトライしませんでした。
絵の前で金縛りにあっていたので、写真を撮ることすら思いつかなかったのもありますが、

なぜなら・・・、




私のすぐ横で、トマスがカメラを構えるんです。
悪びれずに・・・。

もちろん係員がやってきます。
その時はやめるのですが、また取り出し、という感じ。
一人の係員はキレてました。

「僕だってキレてやったよ。
お金は取るくせに、写真は撮らせないなんて!!」とトマス。

うん。賛成。


人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
   トマスのふてぶてしさ(勇気とお読みください)に、ぽちっとありがとう



スポンサーサイト

 スペインのこと

- 8 Comments

なちゅ♪  

ゲルニカ~

羨ましいです(T-T)
しかし、スペインも撮影禁止だったのですね!
私はヨーロッパはフランスしか行ったことが無かったので、、。イタリアは撮影禁止でガッカリしました。
フィレンツェでボッティチェリの春など撮影してきたかったのに・・・って、盗撮(笑)
その手があったか(^∧^)

2008/09/11 (Thu) 10:05 | EDIT | REPLY |   

yuna26  

ゲルニカ、本物を見てこられたんですネ~~

イタリアに初めて行った時、オノボリさん状態で見るもの
見るもの感激して、お留守番してた弟に見せてあげようと
撮影してたら、何処かのツアーの添乗員さんに「禁止です」
と注意して頂いたのですが、後の祭り…。最後の晩餐始め、
しっかり我が家に残ってます、ハイ。

確かに、その絵の前にやっとたどり着き、記念に一枚残したいと
思うのは人情ですよね~~

2008/09/11 (Thu) 17:07 | EDIT | REPLY |   

めい  

なちゅ♪さんへ

もうホントがっかりですよね。
盗撮はかなり勇気とコツがいりますよ。
あれは、さりげなさが必要なのだけれど、良心の呵責にあいながらなのでどうしてもぎくしゃくして、かえって目立ってしまうんです。
スペインでは盗撮する人はあまり見かけませんでしたが、イタリアはあちこちで見ましたよ。
みんな、うまいんです。
さりげなく撮る!

2008/09/12 (Fri) 06:14 | EDIT | REPLY |   

めい  

yuna26さんへ

お~、yuna26さん、すごーーーい。
悪気なくやっていると案外目立たないもの。
撮っちゃいけない方が、ヤボですよね。
弟さん、喜ばれてました?
その写真、かなり価値が高いかと・・・。
(って、こんなことを言うから禁止になるんですよね・・・なはは)

2008/09/12 (Fri) 06:17 | EDIT | REPLY |   

のりりん  

ゲルニカ!?

わあ~!ゲルニカも見にいったのね。ソフィア芸術センターも奇麗なところじゃなかった?ゲルニカの前に現れたとたん、ほんと金縛りにあったようになるよね。私も訪れた時にはしばらくの間、そこで過ごしたな。あの絵は、最初はパリ万博から始まって、ロンドン、ニューヨークと…それでまたスペインに戻って来たんだよね。あの巨大さ、まずどうやって運んだのか気になるところ。ピカソが生み出した絵=メッセージは、色々な場所や時代、人々の思いとかを包み込んでどんどん大きくなってゆく生き物のよう…と感じるのは私だけ?

2008/09/12 (Fri) 16:37 | EDIT | REPLY |   

めい  

のりりんへ

ゲルニカ、すごかったわ~。
ホント、絵が生きてるみたいだった。
叫び声とか悲鳴が聞こえてきそうな気がしてさ。
絵の前に立った時、動けなかったもん。
そうか、あの絵はあちこちをまわったんだね。
スペインの政情が落ち着くまでニューヨークに避難させてあったというのは聞いたよ。

2008/09/12 (Fri) 22:09 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

タピストリー

私も見ました。やっぱりすごいですよね。創作風景のビデオもよかったし。。。

で、思い出したのが、「ニューヨークで見た記憶があるけど、なんでここにあるの?」。
わたし、10代のころ少しニューヨークに住んでいたことがあって、そのときに見た覚えがあるんですよ。
ぼんやりしか覚えてないんですが、確かに見たと。
・・・あれはナンだったのか!?
とマドリッドで思ったんですが、国連本部だったと思うんですが、あれはタピストリーだったんですね。

タピストリーは3つあるそうですが、あとの2つは、どこにあるんでしょうね。

2008/09/17 (Wed) 16:00 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

ニューヨークの国連本部ね、なるほど~。
あるべき場所ですね。
戦争好きな国の元首のオフィスにぜひ、貼ってもらいたいです。
絵の前に立つ者に、一瞬にして戦争の怖さを知らせますよね。
ピカソの天才さをこれでもか!というほどに感じさせられました。

創作風景のビデオはやってなかったです。
スペイン内戦のビデオが流されてました。

2008/09/18 (Thu) 02:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。