Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

04
2008  12:10:19

素敵ママ達との優雅な昼下がり

気のおけない友人たちと過ごす時間ほど、楽しくて、癒される時間はありませんよね。

特にここ、スイスでは、クリスとその家族以外は知らず、一から人間関係を築かなければならなかったせいもあり、スイス生活の始まりはとても心細く、退屈で、刺激の少ない生活でした。
言葉ができた分、一から学ばなければならなかった人から比べたら苦労は少なかったかもしれません。
でも、やはり人付き合いというのは、きっかけや機会がなければできないものです。
1年半経って、ほんの少しずつですが、人間関係がつながり、自分の居場所のようなものを見つけられるようになりました。


クリスをどんなに愛して(←ここ強調、かつ重要) いても! 


夫だけでは、今一つ人生のスパイスが足りないかも・・・!?
人生に必要なのは、家族と友人。
自分の故郷を離れて暮らすと、その大事さにますます気づかされます。
(ドラえもんに会えたら、まずは、どこでもドアをお願いしたい。)

なので、気の許せる友人の存在というのは、いわば心のビタミン。
そんな私にビタミンを与えてくれる友人達と、ヌシャテルのレストランでちょっぴり豪華なランチをしてきました。
夜だと少々、いやかなりお値段が張るレストラン。
奮発して、ランチへ出かけました。



Maison du Prussien


オードブルはアンティチョークのクリームスープにエビとほたて添え。
なかなか美味しくて、おかわりを是非ともお願いしたかった一品です。





メインは牛肉のぶどう酒ソースポップコーン添えと、
お魚(名前忘れた・・・)はションピニョン和えポテト付きというものです。


Prussien       Prussien



盛り付け通り、味付けもかなり斬新で、新しいフレンチスタイルを探求しているようなそんなお料理でした。
いつも同じ物を出すレストランへ行くと、変化がないなぁとぶつくさ言うくせに、斬新が過ぎると定番料理が恋しくなるのは私だけでしょーか・・・。


Prussienさて、お腹がいっぱいになった私達。
デザートまではたどり着かず、紅茶&コーヒータイムに移ることに。
紅茶と一緒に出してくれたプチ・フールをつまみながら、おしゃべりに花を咲かせました。

12時半から、3時頃には最後のお客さんが帰ってしまったのですが、結局4時近くまでいました。
ランチタイムが終わると放り出すスイスのよくあるレストランと違い、こちらは日本並みのサービス。好きなだけ居ていいよと言われ、遠慮なくディナータイムの準備が始まる直前までおしゃべりを楽しませてもらいました。



優雅な昼下がりを一緒に過ごした素敵ママ達は、スイス人と結婚した日本人。
子供や旦那さんも含めて、家族付き合いをしています。


彼女達に共通することは、
AmiesAmies家族や友人たちと過ごす時間を楽しみ、
困難な事態もさらりとこなし、いつもポジティブ。
お料理が上手で、友達をもてなすのが大好き!
そして、他人の良いところを見つけ、尊重する姿勢


こんな彼女達なので、一緒に過ごす一時は私を元気に、そして癒してくれます。

もうすぐどんより灰色の寒い冬がやって来る~きゃー
楽しい友人達の存在は、スイスの厳しい冬を乗り越える秘訣です。



人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
   
心と胃を同時に満腹にできたら最高だよね。
ぽちっと押して頂けたら、さらに素敵♪♪ ありがとう



今日のヌシャテルは木枯らしが吹いてました。
やっと山が紅葉を始めたというのに・・・。
散ってしまう~きゃ~

毎日30分の散歩は、明日からにしようと思う・・・。

スポンサーサイト

 めいのつぶやき

- 10 Comments

ホタル  

気持ちが少しわかります。。

めいsanの気持ちが少し解る気がします。
どんなにクリスsanを愛していても、何か物足りなさを感じる事。
人って何でも体験してみないと大切さが解らない事って多いですよね。
あたしもそのうちの1人だと思います。
一緒に住んでいる妹がいなかったら、ここまでやっていけたかな?とか。。。

でも心癒される友人の方と、素敵なランチができて良かったですね!
しかもすっごい美味しそうi-176
今の私なら、ドラえもんに何お願いしようかな(^^♪

2008/10/04 (Sat) 16:09 | EDIT | REPLY |   

めい  

ホテルさんへ

妹さんと住まれてるんですね。いいなぁ。
私も将来おばあちゃんになったら、妹と暮らしたいと思ってます。
春、夏はスイスで、秋、冬は日本でみたいな。
(スイスに半年来てくれるか妹を説得しなきゃ 笑)

友人の存在のありがたさをしみじみと感じている今日この頃です。
クリスは人生の相棒とはいえ、24時間いつも一緒にいるわけではないし、やはりいろんな人の支えがなければ生きられないと思うんです。
こちらで出会えた友人を大切にしたいと思ってます!
それから、ブログの友達も大切な友達です。
これからも仲良くしてくださいね。

2008/10/04 (Sat) 16:46 | EDIT | REPLY |   

のりりん  

大事なもの

めいちゃん今夜の感動をキミに伝えたかったよ

音楽なの
吹奏楽のオーケストラだったの。

人の間と書いて「人間(にんげん)」…ひとってひとりで生きていないんだよね

親子、兄弟、ともだち、同僚…きっとこれから色々な間ができるよ…

すでに今、オドロクほどのコメントしてくれるトモがいるじゃん

人気者だと思うけどなぁ

きっと今後につながってよくよ

それに、思い出したのは、本田健の一説「○○の総入れ替えは次に新たに切り開く人生のステップ

後思うのは…大事なことやものって近すぎると今度は見えなかったりもするんだよね

2008/10/04 (Sat) 21:27 | EDIT | REPLY |   

chisa  

こんにちは♪

まずは、赤ちゃん、本当におめでとうございます☆
私も恵まれれば、いずれはここで経験するであろう事。
大変興味深くそして、なんだか感動しました。
私はドイツ語(勿論スイスジャーマン)もまだまだですので、
赤ちゃんの事はまだ考えてませんが、いづれは絶対欲しいですね☆

私も今はスイスに来て間もなくてさらに言葉も出来ない状態。
それでも泣くこともなく楽しく過ごせているのはパートナーもだけど、
お友達の存在が大きいと思います。
母国を離れて生きるという事、ますます色んな人に支えられてるんだなって日々思います。。。
それにしても寒いですね、スイス。そして霧がうっそうとして・・・

2008/10/04 (Sat) 21:27 | EDIT | REPLY |   

めい  

のりりんへ

(笑)えらい、興奮してるね。
すごくよかったんだね。
そのオーケストラの演奏。
ぜひ隣で一緒に見たかったなぁ。

海外暮らしをしたことのあるのりだし、友人の大切さは身をもって感じてるんだね。
スイスで根を下ろすことにしたんだから、ここでしっかり楽しくやっていきたいと思ってます。
それをのりが見に来る日を楽しみにしてるよん!

2008/10/05 (Sun) 04:03 | EDIT | REPLY |   

めい  

chisaさんへ

ほんっとに寒いですね。
先が思いやられます。
日本なら、10月と11月は食欲に紅葉の秋とうきうきで過ごすのに、この差はなんでしょう・・・。
どんより曇り空か、100m先も見えない霧の中。
テンションがどーんと下がり、一気になまけ虫が生えてきます。
そんな時の友人との楽しい食事は、元気をくれますよね。
今回はレストランに出かけたのですが、大抵は持ち寄ってホームパーティを楽しんでいます。
長い冬、家の中で楽しみを見つけないと、うつ状態に陥りかねませんものね。

ドイツ語、大変ですね~。
お察しいたします・・・。
私はスイスドイツ語に行きつかず、標準ドイツ語をミグロで3ヶ月習って、リタイアしました。あまりに難しくて・・・。
ちょっとずつ慣れていけるといいですね。
頑張って。

2008/10/05 (Sun) 04:15 | EDIT | REPLY |   

さと  

∩^ω^∩

異国ってやっぱり
寂しいですよね

めいさんはどの位で
ドイツ語を話せる
ようになったんですか
私は今学生なんですが
英語もままらないんで
ドイツ語を勉強したくても
まだアルファベットが
読めるくらいで
勉強はしてません


大学になったら
ドイツ語勉強したいですね

言葉って大切
ですよね(;_;)

2008/10/06 (Mon) 19:05 | EDIT | REPLY |   

Tai-san  

めいさん
お返事を聞いて安心しました。
お身体に気をつけて、元気な赤ちゃんを授かられます様にお祈りしてます。
友達の存在はやはり大切ですね。
パリでは、道端で声かけられたりコンサートで隣に座った人と仲良くなったりと、自然に友達に関しては何も問題なかったけど、スイスって何かが違うな~って思うんです。
めいさんはとっても逞しいと思います。
帰国してもずっと応援していますv-237

2008/10/07 (Tue) 04:10 | EDIT | REPLY |   

めい  

さとさんへ

本当に・・・。
言葉って大切ですよね。
コミュニケーションの手段なわけですから、これができないとなかなか人をうまく話をできないんですものね。

私は仏語圏に住んでいるので、仏語なんですよ。
結婚前にフランスにかなり長く居たので、幸いスイスに来てからはあまり不自由していないんです。
でも、初めてフランスに住んだ時のことを思うと今でも、「あー、あの時はつらかったなぁ」って。
でも、やっててよかったです。
言葉の習得はあきらめずに続けること!ですよね。

2008/10/07 (Tue) 06:12 | EDIT | REPLY |   

めい  

Tai-sanへ

そうですね。
確かに、スイスの方は、良い事も悪い事も含めて、総体的にパリで起こるような突発的な事(出会いとか事故とか)が起こりにくいですね。

何となく他所の人に対して、すすんで心を開かないというか・・・。
なので意地悪をすることもないし、ものすごく優しくすることもないというか。
スイスはまだムラ社会的な、少し閉鎖した部分があって、それが自分達とは異質の者を自分達の中に組み込むというようなことに慣れていないんだと思います。
その実、外国人在住者の数はとても多くて、そういう人たちはできる限りスイス人になることでここに同化しようとしているのかなと感じます。友達になったイタリア人は、自分のことを「スイス人よりスイス人っぽい」って言ってました。これがスイスに慣れていく早道なのかもしれませんね。

見ていて、まだ仏語圏の方が、ドイツ語圏の人より、好奇心のある人が多いように思いますし、まぁ少数派ですが、仏語圏でよかったとあまり根拠のない理由で自分を言い聞かせてます。
何事も「住めば都」とね。(笑)

2008/10/07 (Tue) 06:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。