Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

08
2006  10:00:00

南阿蘇鉄道に乗ろう!

シェアブログ1679に投稿

阿蘇山を上り終えた私たちの今夜の宿泊先は、国民休暇村 南阿蘇。
国民休暇村の中でも人気の宿と聞いて楽しみ。

スイッチバックしながら、立野駅に到着したJRの列車を後に、いよいよ南阿蘇鉄道に乗る。

Aso

ワンマンで、車両が一つしかないこのレールバスは、名水百選の一つでもある清水が沸く白川水源に沿って阿蘇山の南郷谷を走る。

Aso

立野~高森間、17.7kmを30分で結ぶミニ路線である南阿蘇鉄道が有名な訳は、各駅の駅舎に工夫を凝らし、日本一長い駅名を付けてみたり(南阿蘇水の生まれる里白水高原。でも今は2番目)、トロッコ列車を運行したりして、話題づくりに努めているからなんですね。

Aso

残念ながら、トロッコ列車の運行は終わっていて乗れませんでしたが、レールバスでも十分楽しむことができました。

Aso

途中、立野鉄橋という赤い橋を渡る時は、カメラを構える私たちにその渓谷が見えるように止まってくれたりしました。(↑立野鉄橋から)

Aso

ワンマンなのでマイクで話しながら、運転手兼、車掌兼、観光案内まで務めちゃう。
終点の高森駅まで、あっという間でした。

ここから、宿舎へはバスで行くつもりが、1時間後しかないというので、タクシーに乗る。
タクシーの運転手さんと雑談しているうちに、休暇村 南阿蘇に到着。

なんと、宿舎の前には阿蘇の南側がどーん!

Aso

この雄大な阿蘇が、部屋からも、お風呂からも、食堂からも、どこからでも見えてしまうという何とも素敵なところでした。

Aso   Aso

食事はバイキングだったのですが、田楽や川魚の囲炉裏焼きや、阿蘇牛のステーキをその場で焼いてくれたりと、宿泊客が楽しめるような工夫が凝らしてあって、私とクリスのテンションも一気にあがっちゃう。


そして、翌日私たちを待っていたのは、晴れわたる空をバックに阿蘇がくっきり!

Aso


その隣のぎざぎざ頭の根子岳(ねこだけ)もくっきり。

Aso


大満足のお宿でした。
唯一残念なのは、こんなに阿蘇の近くにいながら、お風呂が温泉ではないこと。
でも、露天風呂の景色は、↑この通りですから。


【国民休暇村 南阿蘇】
住所: 阿蘇くじゅう国立公園 阿蘇郡高森町高森3219
TEL: 0976-62-2111
URL: http://www.qkamura.or.jp/aso/
予約はHPからOK!
お得な宿泊プランをチェックしよう。

【南阿蘇鉄道】
JR豊肥本線 立野駅から乗車
TEL: 0967-62-1219
トロッコ列車の運行日は3月第4土曜〜11月第1日曜の土日祝と春夏休み期間の毎日。



天気に恵まれた私たちの次なる行き先は、鹿児島の桜島。いざ!

人気Blogランキングのページへ
にほんブログ村 海外生活ブログのページへ



スポンサーサイト

 日本のこと

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。