Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

10
2006  11:00:00

うれし、たのし、鹿児島♪

シェアブログ1679に投稿

今回は、あまり語らないようにします。
写真で、鹿児島の美しさを伝えようかと。。。

それでは、鹿児島市の高台、城山からの一枚。

Sakurajima


どうよ?


こちらは鹿児島で一番愛されている人 Saigo


Senganen 島津当主の別邸跡とその庭園 「仙巌園(せんがんえん)」。
地元の人からは、磯御殿と呼ばれていたそうです。

御殿。それもそのはず。

それでは、殿&姫で、真ん中を通って、中へお入りください。

Senganen


入ってすぐ、庭からの眺めが、

Kagoshima

↑これですから。最高の借景です。

Senganen


Senganen


Senganen    Senganen


こんなのも粋ですね~。

Kagoshima


出口は、こちらです。
Kagoshima


あ、そうそう。
仙厳園を出る前に、ぢゃんぼ餅を食べてくださいね。
甘辛い醤油味で、なかなかいけますよ。
(写真はなし。あまりに美味しくて、写真撮るの忘れちゃいました。)


歴史探索ツアーは、城山や仙厳園の他に、維新ふるさと館、西郷隆盛が眠る南洲墓地や西郷洞窟前、私学校跡なども周ります。

西郷隆盛のお墓の写真を撮りたかったんだけど、ガイドさんがあまりに真剣に西郷隆盛の最後を語るので、写真を撮る暇を見つけられなかったです。

死んでなお、たくさんの人から愛されているようで、お墓はたくさんの花で飾られ、平日だというのにたくさんの人が訪れていました。


【定期観光バス かごしま歴史探索ツアー】
運行日: 鹿児島中央駅から午前・午後の1日2便
所要時間: 約3時間30分
料金: 大人 2,200円
URL: 鹿児島市交通局のホームページへ


このツアー↑、なかなかお勧めです。

維新時代の歴史がごっちゃの人はぜひ。
維新の歴史に自身がある人は、桜島一周というコースもありますよ。


めいはこのツアーに参加して、いかに鹿児島の力(経済力、産業、工業、文化、食)が強かったかってことが分かりました。
鹿児島(薩摩)は、日本が鎖国していた江戸時代から、世界しか見ていなかったんですね。
仙厳園は、ヨーロッパ式製鉄所やガラス工場などが建てられ、日本の近代化はここから始まったそうです。
例えば日本で初めてガス燈が灯ったのは、ここ仙厳園だったとか。
この他、大砲や造船、紡績などに力を注ぐ傍ら、薩摩焼やヴェネチアングラスと張り合うぐらい美しい薩摩切子などの工芸品は、海外との貿易を行うために作っていたそうです。


 ↓これが、その薩摩切子。綺麗だけど、お値段は
       


歴代のお殿様は日本歴代の中でも、英君とか名君とか言われた人が続出し、幕末から明治維新の始めは、薩摩が日本を動かしていたと言っても過言ではないでしょう。

文明開化はどうやら、ここ鹿児島から始まった
新幹線の一つや二つ、どうってことない!?
ということで、やっぱり話さずにはいられませんでした。


そうそう。今晩の宿は、桜島にあるレインボー桜島です。
桜島桟橋で降りた私たちは、フェリーでいよいよ桜島へ。

前は桜島、後ろは日に沈む鹿児島市。

Sakurajima


Sakurajima


あ~、鹿児島最高。


この桜島フェリー、乗車賃は150円という安さで、24時間営業だそうです。すごい。
Kagoshima


今日は鹿児島にびっくりさせられてばかり一日でした。

人気Blogランキングのページへ
にほんブログ村 海外生活ブログのページへ



 
スポンサーサイト

 日本のこと

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006/12/11 (Mon) 00:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。