Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

14
2008  02:43:36

年長者の豪華晩餐会

スイスの年末も、ご多分に漏れず、イベントが盛り沢山。
大きいヌシャテルのような町はもちろんのこと、小さい村々でもそれぞれクリスマスや年末のイベントが計画され、催されてます。

12月半ばのこの時期、クリスにとっては超忙しい。
というのは、12月の2週目に行われる「年長者の晩餐会」を開くからです。
若かりし10代の頃の手伝いから数えるともう30年近く携わっていて、20代からは友人セイラと一緒に仕切っているので、実に20年近くも主催者として続けています。
ここ2,3年、手伝っているのだけれど、これがなかなか大変。
よく何十年もボランティアとして続けているなぁと、我が相棒ながら感心してます。
クリス曰くは、年長者たちの嬉しそうな笑顔を見ると、辞められないのだそうな。


Souper des A



元は、教会の一イベントとして始まったこの晩餐会。
村の65歳以上のお年寄り(と言ってはいけないらしく、年長者と呼ぶのだそうデス)を、クリスマスの晩餐会に招待するという企画。
骨付きポークハムという豪華なメニューに、デザート2種、飲み物付き、手作りのお土産に、村の商店から購入したり寄付されたお土産まで付くというこの晩餐会、歌あり、ゲームありで、年長者達を楽しませる企画が盛りだくさんなのです。
隣村との教会の合併に伴い、教会のイベントとは切り離された(見捨てられたというか・・・)にも関わらず、クリスとセイラを中心に今も、資金集めから会の進行まで、今も続けているというわけなのです。


Email          Super des A



まず、11月に入ると、村々の企業やお店に手紙を書き、開催費用の援助を乞います。
それから、年長者達に招待状を書きます。
(封筒の宛名は手書きなんですよ。印刷すると見ずに捨てちゃうことがあると苦情があったそう 苦笑)
そして、晩餐会で配る手作りの品を作ります。
大体毎年100人は参加するから、100人分の灰皿を七宝焼きにしてみたり、お皿を焼いたり、ろうそくを作ってみたり。
12月になると、ゲームの戦利品集めに村のカーブやお店回り。
(戦利品と言っても、1人一つずつは当たるようにするので、これまた100個分必要 笑)



Souper des A          Souper des A



晩餐会の前日から、会場作り。
テーブルや椅子を並べ、卓上をろうそくで飾り、
クリスマスツリーを飾り、晩餐会のプログラムを作ります。
クリスマスケーキや飲み物を注文し、晩餐会のメニューを手配。
豚モモの骨付きハムを丸ごと注文し、これにじゃがいもとさやえんどうを添えます。
もちろん手作りなので、これはクリスママの登場。
(クリスママも年長者に入る年なのに、いつまでたっても裏方をやってる彼女・・・。)

ケーキの他に、フルーツパンチ作りと、準備だけでも目が回りそう。
入れ替わり立ち代わりで、助っ人がやってきます。
中には昼から来て、そのまま夜の晩餐会に出席する人もいるんですよ。
(年長者になる前から手伝いに来ていて、年長者になっても手伝っているというわけです。)



Souper des A



いやはや実に、この村の年長者さんたちは恵まれてるなぁと、感心している私。
お土産は1品でいいじゃない?とか、ケーキがあるんだからフルーツパンチはいらないんじゃない?とか、大きなろうそくがあるんだから、1人1人に小さいろうそくはいらないんじゃないとか・・・、私が手抜き作戦を吹き込んでも、クリスに聞く耳は全くありません。
昔からこうやってきたんだと頑なに、年長者を厚く熱くもてなしてます。



Souper des A            Souper des A




今年の晩餐会は今夜なんです。
私は、今年は、先にお手伝いを切り上げて、今帰って来ました。
今頃、ちょうど骨付きポークハムを配っている頃だと思います!

がんばってね~、クリス。



人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
    がんばるクリスに、盛大なポチを、ありがとう



村の自治団体が主催しているクリスマス晩餐会も別の日にあるのですが、どうやらこちらのクリス主催の晩餐会の方が人気のようで、毎年100人を超える年長者が詰めかけます。
今年は、105人が参加と返事してきたそうです。
みなさん、楽しんでるかな~♪


スポンサーサイト

 スイス暮らし

- 15 Comments

旅のスタイリスト  

ヨーロッパの街にはこういうボランティアの活動が盛んですよね。私がかつて住んでいたオランダでもよくありました。日本と違って皆さんほんとうによくやります。頭が下がります。
ご主人もそのお一人のようですね。

2008/12/14 (Sun) 11:46 | EDIT | REPLY |   

BARON  

素晴らしいですネ

年の差を超えた交流、、、素晴らしいです^^
やっぱり年長者や先祖は大切にしないとなりませんよね★

私は毎夏、お墓参りすることを欠かしません。
私は無宗教ですが、先祖と云う存在があったからこそ、自分と云う存在があるのですからね^^

最近の日本は酷いです。
一部の教育現場では、国歌を斉唱しない、国旗を掲揚しない。
このように国を大切にしない民族に未来なんてありません ;(

まぁ、そんな民族が年長者を敬うなんて出来るはずがないのかも(苦笑

2008/12/14 (Sun) 18:16 | EDIT | REPLY |   

M.S.  

心温まるお話しに初めてコメントを入れさせて戴きます。
勿論blog は大方読ませて戴いています。

↑の方のコメントにあるように、日本は酷いことになっています。 救急車が運ぶ急患を断る病院、妊婦も救急車で病院に向かってもたらい回しになったり、教育も医療も崩壊しています。

私は七十歳の‘独居老人’です。 月に一回民生委員が訪ねて下さり、元気で暮らしているかどうか見回って下さるのですが、家の畑の野菜が欲しいとか、玄関先に置いてある水瓶を要らなくなったら欲しいとか、まるで何か物乞いみたいなんです。勿論欲しいと云われれば、半ば喜んで差し上げていますが、高齢者を見舞うのではなく、やがて近い将来死ぬであろうことを念頭において、不必要になる品物の高価な物や好みに合う物は貰って上げますというようなことを言うのです。 彼女の訪問の都度、何ともやり切れない気持ちにさせ
られる始末です。 ボランティアで何かをするなんてことは今の日本人には考えられないようです。 

日本人は心を失ってしまいました。有るのは、物欲、金銭欲のみです。 日本の将来には暗澹たるものがあります。

2008/12/15 (Mon) 00:31 | EDIT | REPLY |   

M.S.  

メイさんの御主人のクリスさん、セイラさんって心優しい方々ですねー。 今でもそういう方達がいらしゃるのね。百余人のお食事会の資金集めやら準備の大変なこと。きっと村中のご高齢者の方々は感謝の気持ちでいっぱいでしょう。

こんな優しい心の持ち主のクリスさんをメイさんは生涯大切にしてくださいね。

私は子供の頃十年位を米国で育ちましたから、12月に入ると教会のメンバーや地区の婦人会の方々の肝いりで色々の行事があり、資金を作って(バザーとかで)慈善事業をしているのを目の当たりにしていました。 日本にはそうしたことや、ご近所の方々をお茶やバービキューにお招きすることもなく寂しい限りです。もっとも我が家では時々そうしたことをしていましたが、招かれたことは一度もありません。何方も、ご自分の家族だけでエンジョイしているみたいで、他人を決して招かないのは何特変な感じがします。

2008/12/15 (Mon) 23:47 | EDIT | REPLY |   

loulou  

こんばんはー。
クリスのあの優しそうな笑顔が目に浮かぶようだわ☆

年長者のみなさんも、毎年、このクリスマス晩餐会を
楽しみにしてるだろうねー。
主催者も、『大変!大変!』とは言いながらも、
やっぱり年長者の喜んで帰っていく顔をみて
今年もやって良かったなって、また笑顔をもらうんだろうね。

来年は、コーラスグループの参加はどう?
もちろん、お手伝いから参加させてもらうよ!

2008/12/16 (Tue) 08:16 | EDIT | REPLY |   

くろすけ  

すてきですね

「年長者」いい言葉ですね。ほっとします。
こちらではさまざまな問題ばかりで
年長者を敬う心がどこかなくなっている気がします。
母の介護をしていた7年間も、ほんとに大変でした。
日本ももう少し、年長者に対しての
制度やボラを向上してほしいと思います。

こーやって、年長者さんたちの穏やかな笑顔を
拝見すると心が温かくなりますね。
お2人ともご苦労様でした、この経験はきっとお二人の
今後に役に立つ時がくると思いますよ。
素敵な出会いに感謝ですね。v-22

2008/12/16 (Tue) 12:40 | EDIT | REPLY |   

SMILEY  

ホントに本当にほんと~にクリスさんには関心しますv-237
手抜きをせず、長年、年長者の方達のためにボランティアをしてきたなんて!しかも、この忙しいクリスマスシーズンに手作りのプレゼントなんて、脱帽です!見返りを期待せず、ただ年長者の方達の喜ぶ顔が見たい、、、そんな気持ちは通じるものなんですよね。その心が一番のプレゼントだと思います。だから、皆クリスさんの主催するパーティーに参加したい、もちろんですよ!
きっと、そんなクリスさんの優しい心が、ベベちゃんにも受け継がれていくんでしょうねv-238
外は寒くなってきましたが、心はポカポカしてきましたv-22
メイさん、ありがとう。

2008/12/17 (Wed) 04:30 | EDIT | REPLY |   

めい  

旅のスタイリストさんへ

クリスの実家の村が小さいこともあるでしょうね。
村の住人が繋がっているといいますか。
見返りを期待しない態度は、私も本当に脱帽します。
少しずつですが、私もボランティア精神を学んでいこうと思っています。

2008/12/17 (Wed) 04:44 | EDIT | REPLY |   

めい  

BARONさんへ

年の差を越えた交流!
ホントそうですね。
この村を歩いていると、いろいろな人に挨拶をされます。
私は知らないのですが、向こうはクリスの奥さんということを知っているようで・・・。
クリスを通じて、年の差を越えた交流ができそうです!
今度おばあちゃん達のカード遊びに誘われてまして、行ってこようと思ってます!
日本も身近に年の差を越えた交流ができるといいですのにね。

2008/12/17 (Wed) 04:49 | EDIT | REPLY |   

めい  

M.S.さんへ

いつもブログを訪ねてくださり、ありがとうございます。
コメントも頂戴し、とても嬉しく思っています。

ただ、日本人が心を失ってしまったという話は、とても残念ですね。
M.S.さんを訪ねて来られる民生委員の方はちょっとイヤですね・・・。
でも、実はこちらでも、全ての人がボランティアを行っているかというとそうでもなく、一部の限られた人だけなんですよ。
クリスの身近な周りでも、ボランティアをしない人は多いです。

ボランティアをされない方は、忙しいことがまず大きな理由だと思いますし、あと今までそういう機会がなく、なので経験もしたことないからどうしていいかも分からないということがあると思うんです。

なので、日本でも社会にもっとそういう機会が増えれば、一人一人が変わっていくのではと思います。
本当にボランティア精神のある方は、やはり見返りを期待しないで普段から行動されてますね。私もそういう人には頭が下がります。

2008/12/17 (Wed) 05:00 | EDIT | REPLY |   

めい  

loulouへ

そうなのよ。
20年来変わらない顔ぶれの人たちもいます。
毎年の楽しみなのよと、来てくれる人たちをがっかりさせずに、また来年も!と思わせたくて、クリスは辞められないんだって(笑)。
セイラが大体当日のアニメーション担当なんだけど、今度は日本のコーラスはどう?と売り込んでおくね。
今年は、お願いして来てもらっている牧師さんのお話が長くて、プログラムの半分が遂行できなかったって言ってたよ。
口の悪い私は、来年お願いする時は「10分でお願いします」と口添えしときなよとアドバイスしました。(笑)

2008/12/17 (Wed) 05:05 | EDIT | REPLY |   

めい  

くろすけさんへ

クリス姉もクリスと一緒に昔から手伝っているメンバーなのですが、彼女の楽しみは、自分が年長者の仲間入りをした時に、同じように招いてもらうことなのだそうです。(笑)
まずは後継者探しからしないといけないのでは??と心配する私に、苦笑いするクリス姉。
ボランティアの後継者探しも今はなかなか大変みたいです。
一回、二回は来てくれるみたいですが、続かないと言ってましたよ。

2008/12/17 (Wed) 05:08 | EDIT | REPLY |   

めい  

SMILEYさんへ

手つくりの品作りには私も参加するのですが、なんせ陶芸も七宝焼きもやったことがない全くの素人。
そんな私が作ったものでもお土産になっているんです。
心が大事とはいうものの、1回2回ではたいしたものはできません。
こんな素人くさいものでいいの~という私に、いいんだと頷くクリスとクリス姉。
だから商店のお土産だけに絞ったら~?と、手抜き作戦を話せない私です・・・。
私って、悪いですね~v-14

2008/12/17 (Wed) 05:22 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

いいですね~

もう終わられたころですよね。お疲れ様でした!

本当に大変な準備が必要ですよね。頭が下がります。
でもクリスさんたち主催者が義務ではなくて、善意でやっているとわかっているから皆さんに人気なのでしょうね。

2008/12/17 (Wed) 18:58 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

はい!無事に終わったみたいです。
結局、申込者より2名多くて、テーブルを新たに出したりと、始めはちょっとバタついたそうです。
大抵、風邪引いたとか、天気が悪いとかで当日の欠席者が出るらしいのですが、今年は例外だったそうです。

2008/12/18 (Thu) 07:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。