Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

20
2008  07:54:44

べべさんの名前あれこれ

3月の半ばに生まれる予定のべべさん、まだ名前がありません。
最近よく聞かれるのは、「名前、もう決まった??」。

「まだ~。」

ついこの間までクリスは毎晩、寝る前に友達が貸してくれた名前の本を読んでいましたが、
最近はあまり見てないみたい・・・。

もしかして、私のせい・・・?
というのは、クリスが名前を言うたびに、

例えば、「ナトンは、どう?」

すると、私が、
「え~、ナトンって、漢字にできないし、仏語でしか通じなさそう・・・。」とかって、

ケチをつけていました。
そう。名前が悪いの話ではなく、クリスの選ぶ名前って、思いっきり仏語名・・・。
当たり前か・・・。
でも、日本語、英語圏はおろか、隣町のドイツ語圏に言っても、「え?」と聞き返されそうな名前を選ぶのだ。
漢字にだってしにくいし。
そんな名前をわざわざ付けなくても~。


代わって、私が付けたい思いつく名前は、日本の名前。(笑)
こちらでは、「え、それ、名前?」って思われないだろうかって心配。
こちらでスイス人と結婚した日瑞ハーフの子供達の名前を参考にすると、日本の名前を付けているカップルは結構いる。
でもちゃーんと発音しやすい名前を選んでいたりして、なるほど~と思う。
こちらで生活するんだったら、名前は言いやすくないとねぇ・・・。
Mei

そう。
シンプルな名前を付けてあげたいんです。
世界中どこに行っても、同じように呼んでもらえて、ややこしくない名前。
名前は一生付いて回る。
だから、大事に付けてあげたい。


クリスの友人の一人にスペイン人の友人がいて、いつも名前はシンプルに付けてあげなよ!という彼。
住んでいるのは、仏語圏だけど、奥さんはスイスドイツ語圏出身の人。
子供達の名前は「タニア」と、「ヤン」。
二人で、悩みに悩み、どちらでも簡単に発音してもらえるようにと選んだらしい。
でも、スペインではどちらも発音しにくいらしく、スペイン側のおじいちゃんに長いこと名前で呼んでもらえなかったという話だ。
パパの名前は、トマ。
これは、どこでも簡単に発音してもらえると、本人はうれしそうに話してました。


さて、仏語圏に住む限り避けたいのは、やっぱり「R」と「H」が付く名前。
仏語の「R」は、喉を震わせるような音。
「Ra」は、「ラ」というより、「ハ」と発音する方が近い。
「H」は無音。「Hana」は「アナ」になる。

だから、ラ行の名前は、「L」に置き返れないなら、避けた方がいいかなって。
ハ行の名前は、発音してもらえないんだから、避けるにこしたことはない・・・。
そうすると、結構選択肢が狭まる。


シンプルで、日本でもスイスでも同じように発音してもらえて、できれば英語圏でも使えて、そして漢字で書けたら言うことないなぁ・・・、

うーん。決まらない。
べべさん、もうしばらくお待ちくださいませ。
あなたの性別も分からないし、二つ考えないとネ。


人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
   ぽちっと押して頂けたら、更新の励みになります。


ヨガの先生が言ってました。
これはヨーロッパなのか、ヨガの発祥インドの話なのか忘れましたが、出産の時に名前をあまりあちこちに言わない方がいいそうです。
べべさんが生まれて、1週間、本人にその名前を唱え続けてから、みんなに名前を発表した方がいいって。
名前は本人のものだからだそうです。



スポンサーサイト

 結婚、そして妊娠

- 4 Comments

BARON  

一貫性の無い内容のコメントでスイマセン、、、

わたし、北はアンカレッジから南はヨハネスブルグと、
世界各地で活躍されてる日本人のブログを拝読してますが、
お子さんの名前に一貫性はないですねぇ。。

思いっきり日本人名だったり、思いっきり外国っぽい名前だったり、
どちらでも通用しそうな名前だったりと様々です。

将来的にお子さんがどこで活躍されるかにも依りますよね。
日本人は舶来品嗜好が強いですから、外国名でも十分通用
しそうですが。
日本人の女子アナでも、ハーフを強調したいが為に、
外国人っぽい名前に変更されるケースもありますし。
(ex、滝川クリステル、葉山エレーヌ、加藤シルビア、、、)

日本語では普通の名前でも、海外に行くと卑猥な意味になったり、
暴力的な意味になったり、虐めの対象になったりもしますし。
勿論、その逆も。

私の友人はアメリカ南部在住ですが、日本人名を名づける際、
アメリカで変な意味合いは無いかを現地の友人に訪ねたらしいですよ。

ちなみに私の名前、良い名前だと自負してますが、
珍しくてガキの頃は虐められたりもしました^^;

#しっかし、ハーフってどうして全員カワイイのでしょう???

2008/12/21 (Sun) 00:47 | EDIT | REPLY |   

めい  

BARONさんへ

そうなんですか~。
名前に一貫性があったら、みんな同じ名前になってしまいますよね。

仏語の名前にもきちんと意味があって、例えばクリスなんかは「キリストの兵士」みたいな、名前の由来や意味があるんですね。
でも、キリスト教の名前は何となく、違和感があるんです・・・。
(そう言いながら、こちらの名前を選ぶや、ほとんどキリスト教に関係していますよね・・・)
やはり名前は漢字!ってね(笑)

所変われば、卑猥な名前に変身してしまうのだけは避けたいですね・・・。
ゆっくり考えます。

2008/12/21 (Sun) 08:33 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

難しいね~

名前は本人のもの、かぁ。
そうですよね、いいこというなぁ。。。

私の友人カップル(韓国人と英国人)のべべさん、名前はハナちゃん。
英語だとハンナで女の子の名前だし、韓国語だと1って意味だそうで。私が
「日本語だとフラワーだよ!」
っていったら、とっても喜んでました。

そういえば知人の名前、るなさん。お父様がフランス好きだそうで。
でも英語にすると、ちょっとよろしくないんですよね。るなー。
難しいなぁ。。。

2008/12/22 (Mon) 03:35 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/12/22 (Mon) 21:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。