Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

13
2009  08:02:24

食の好みは一大事

Meiクリスと生活していて、一番良かったぁと思うのは、彼の食の好みと、食に対する重要度が同じなこと。
食文化の全く違う私達が、日に三度やってくる食事(まぁ、平日は二度だけど)
に対する好みが全く違うと、これはもう一生抱えなければならないストレシーで、深刻な問題。(←オーゲサ)

スイスは何と言っても海がない。
当たり前なんだけど、だから郵便局に行っても、「船便」はナイ!
びっくり
そんなことはさておき、スイスでは、だから魚と言えば、湖の魚でペルシュ(淡水魚でスズキ科の魚)という魚をよく食べる。これをバターでこてこてに焼いたり、分厚い衣をまとわせて揚げ、マヨネーズやタルタルソースをたっぷり付けて食べるのがスイス流。
時々、フレンチスタイルのレストランで海水の魚料理を食べられるけど、きれいに着飾ったタイかスズキか、サーモンがせいぜい。
これはこれで美味しいのだけれど、毎回では飽きてしまう。

代わって私は、駅前に魚屋があるのが当然な海辺育ち。
魚と言えば、朝獲れたものを昼に、昼獲れたものを夜に、塩をかけて、網で焼き、レモン醤油でさっぱりと頂くのが一番魚料理の美味しい食べ方と思う食文化。

poissonでも、魚の形をした魚をぎょっとするスイス人はけっこう多い。
四角く切られた白身魚に、パン粉の衣が付いた冷凍食品。あれが、海の中を泳いでいると思っている子供にあったことがあるぐらいだもの。
ちょいびっくり

お寿司や白身になっていたら食べれる人は多いのだけれど、魚の姿焼きとか、カツオダシの味噌汁を出すとちょっと・・・遠慮したいという人もかなり。
私の知り合いに、スイス人や外国人と結婚した日本人が、旦那サンが日本料理を全く受けつけず、一緒の食事は100%旦那さんスタイルにしているという人がちらほら。

でも、クリスは魚の丸焼きだろうが、昆布系・魚系ダシ料理、しょうゆ料理でも全く問題なし。
これはとっても嬉しい。
気を使わずに、和食を食べられるんだもの~♪
一昨日はスーパーで、小さめだけどサバの丸ごとを見つけた私。
なので、この日の夕食のメニューは、

サバの塩焼き(内臓を取って、塩をかけて焼いただけ)
かぼちゃの煮物
さやえんどうのゴマ和え
ルッコラのハリハリ鍋風煮
白いご飯

という、思いっきり和風。
でも、美味しい!美味しいと食べているクリス。
和食にはかなり経験値の高いクリス妹でも、一食のメニューがこれでは・・・と苦い顔をするに違いない。



昨日は、お友達の家で、お寿司をご馳走になりました♪


Neuchatel



この日のメンバーは、日本人はもちろんのこと、スイス人もお寿司と聞けば舌なめずりをするメンバーなので、最後まで美味しく頂きました!!



人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
   ぽちっと押して頂けたら、更新の励みになります。



今日は、先日日本から友人が持ってきてくれた蓮根をてんぷらにして頂きました。
2人して、かなりご機嫌です~


あ、そう言えば、クリスにも食べれない日本食あった。
納豆。(←やっぱり?)
でも、これは私も食べれないので、問題はないかっ(コソッ)。


スポンサーサイト

 めいとクリス

- 4 Comments

さっこ  

おいしそうなお寿司やん!
これって自分でにぎらはったんやろか?
だとしたらすごい!

食の好みと共に食事の量も大事だよね。
男の人の小食って私の中では密かにNGだったりして。
後、偏食とか食わず嫌いもちょっと・・
そのあたりも夫婦似てませんか?

2009/01/13 (Tue) 23:16 | EDIT | REPLY |   

めい  

さっこへ

そうなの。自分で握ったのよ~、すごいでしょ!
この後、キムチ鍋までご馳走になりました!

あ、私もクリスが小食でなくてよかったと思ってるよ~。
だって、私が遠慮しながら食べないといけなくなるなんて、ヤだものー。
あと、食事を抜いても平気とか。
食べるのが大好きな相棒でよかったヨ。

2009/01/15 (Thu) 06:30 | EDIT | REPLY |   

めぐみぃ  

納豆はね~

以前、外資につとめていたころ。
アメリカ本社の連中が「伝統的な和食を!」というので料亭につれていったら、鮎の姿焼きに「お魚がこっちを見ているわ!」。。。
ガキんちょか!と突っ込みを入れたくなりますが、仕方なく和牛に途中からコースを変えてもらったら、大喜びで食べてた、という話があります。田舎のアメリカ人はたいがいが自分の国しかしらないからねぇ(サラ・ぺリンみたい)。

南米育ちのうちのK1君もお魚も食べるし、たいていのものはOKなんですが、納豆だけは無理みたいですよ~。なまこはどうなんだろ?今度ためしてやろ~(笑)

2009/01/17 (Sat) 18:22 | EDIT | REPLY |   

めい  

めぐみぃさんへ

うんうん。K1さん、納豆がダメ。
わかるよ~(笑)
納豆がどんなに健康食品でも、無理。
もう隣で食べられるだけでもダメです。

日本の会社で働いていた時、生魚や生貝は苦手だった私。
でも、米人の接待で、生カキやお刺身を食べてみせました。
イヤイヤだったのに、意外とおいしかったことにびっくり。
こちらは私を真似て、食べてましたよ~。
がんばって食べた甲斐があったワ(笑)

2009/01/18 (Sun) 08:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。