Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

24
2009  06:25:08

陣痛を感じたい?

【34w1d】

などと、心底思っているのか・・・。
うーん。初めての出産でこんな題名を付けて、怖いもの知らず~。


でも、実はマタニティアクアに通うようになって、自然分娩で出産しようかと思い始めている私。
スイスは60%が無痛分娩。
中でも、ヌシャテル州は実に、90%が無痛分娩で出産するんだそうです。
まぁ、無痛と言っても、最近の麻酔は開発されて、痛みは感じないけど、陣痛は感じるそうです。
それにしても、すごい数ですよね。
こんな%を突きつけられなくても、注射一つでピーピー言う私なんで、無痛分娩を選べる限りはぜったい!!麻酔をしてもらおうと思っていました。


でも・・・、



「出産は子供を持つ世の母が経験すること。
みんなができて、私にできないわけないと思わない?」

と水中出産(麻酔はできないそうです)を希望する妊婦さんに出会いました。
彼女は、陣痛の痛みは出産後忘れるようになっているし、それにホルモンがきちんと分泌されて、痛みにも乗り越えられるように女性の身体はなっているんだよ~、と日本ではよく聞く当たり前とされていることを口にしていました。

改めて聞かずとも、私の日本の友人達は自然分娩が多いので、彼女の言うことはいちいちもっともと思ったのですが、妊娠8ヶ月の今、なぜかハートに沁みます。
しかもその彼女自身は、予定日3週間前なんです。
彼女の出産、特に陣痛に対する前向きな態度がいいと言いますか・・・。



聞く方も聞く方だし、話してくれる方も話してくれる方だけど、とにかく周りの出産の体験談を聞くと、みんな痛かった~と口を揃えて言うんですね。
彼女達は耳を押さえたくなるような出産を経験していて、それを聞いて頭でっかちになっている私。

でも、そんな話を聞きながらも、彼女達は立派に母親で、しかも、次の妊娠を考えていたり、もう一人欲しいのよね~と話していたり、すでに4人の子持ちだったり。
驚かそうとする割りには、彼女達の行動に勇気付けられたりもしています。
だって、痛いよ~と言いながら、我が子を持つことの可愛さの前では、出産は乗り越えられるものと彼女達自身が証明しているので・・・。


怖いかなぁ、どうかなぁと出産に臨むより、よし陣痛、私も乗り越えてやろうじゃないの!と思えるよう残りの妊娠生活、精神発達に努めたいと思い・・・マス。

うん、たぶん・・・。



人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
   ぽちっと押して頂けたら、ブログ更新と自然分娩への決意?の励みになります。
Mei


と、まぁ、意気込んでみましたが、無痛か自然か、自由に出産方法を選べる国でよかったと、実はこっそり胸をなでおろしている私デス。





スポンサーサイト

 結婚、そして妊娠

- 9 Comments

akiko  

またまた、来てしまいました。
ご出産間近なのですよね。
スイスの出産事情を読んで、びっくり!しました。
私は一時の母親なのですが、(結婚6年にしてやっと。)出産は6年前。助産院で出産しました。
畳の部屋で座位で産んだのですが、私も痛いことは大嫌い。注射?想像しただけで脈が上がる…
でも、耐えられない痛みではなかったですよ。感動したのは破水して流れ出る羊水を見てきれいだなあと思い、いいにおいだったこと。お釈迦様のお祭り(花祭りでしたっけ)で出される甘茶のようでした。
「子供が出来ないなら出来ないで、二人で暮らすのもいいよね」
と思っていたのですが、今から思うと子供がいる生活は思いのほか楽しい!なのです。
分娩はそれぞれ。でも子供が生まれてくることには何ら変わりはありません。いろいろ迷うかもしれませんけど、どうぞその時の気持ちのままに…。
きっと素敵な体験されますよ!

2009/01/24 (Sat) 07:53 | EDIT | REPLY |   

SMILEY  

私は健康上の理由で、無痛分娩のみの選択しかなかったので例外ですが、周りはみ~んな当たり前のように無痛分娩でした。ただ、知り合いで一人アジア系の先生が担当だった人がいて、分娩前は「痛くなったら麻酔しますから大丈夫ですよ~。」と言っていたのに、いざ彼女が「我慢できないので麻酔を...!」と哀願したところ、なぜかもたもたして、時間をかせぎその間に赤ちゃんが産まれちゃったそうですが。アジア系は、自然分娩派?と少し思ったりもしました。日本だったら当然のことでしょうけどね。
人それぞれ、痛みの感じる度合いとか違いますからメイさんにとってベストの方法が見つかるといいですね。

2009/01/24 (Sat) 14:47 | EDIT | REPLY |   

A  

私は両方体験しましたよーん。
「どうだった?」と訊かれることがよくあるんだけど、
結論は、「どっちでも良かった」かな。

でもね、パリで「自然分娩だった」というと、
周りの人から尊敬の眼差しで見られます。
それで得意気になっている私。えっへん。
実際は、麻酔に間に合わなくて自然分娩になっただけなんだけどね。

パリの産婦人科の先生は
「90パーセントは無痛分娩で、残りの10パーセントのうちの半分は、宗教上の理由、もう半分は麻酔に間に合わなかった人」とおっしゃっていました。

もうすぐ出産、楽しみですね!

2009/01/24 (Sat) 19:58 | EDIT | REPLY |   

めい  

akikoさんへ

心強いコメントをどうもありがとうございます!
私は注射とかの時、日本の看護婦さんによく、「6歳の女の子でも我慢できたのに、どうしても貴女はできないんですか!!子供産む時はどうするの!!」と叱られたものです。
でも、あれって、返って恐怖を増幅させるというか・・・。
注射がトラウマになっているんで、しょうがないんですよね(苦笑)

こちらの看護婦さんは、「怖いよね~。私も大嫌いなの。でも子供の為と思ってがんばったわ。あ、もう一度、トイレに行ってみる?」とか言いながら、リラックスさせてくれるんです。
こちらでは、注射でも猫のように大人しくしてます(笑)

そうなんですね。
akikoさんのコメントを読んでいると、私にもできそう!って思えます。
ありがとうございます!!

2009/01/26 (Mon) 19:00 | EDIT | REPLY |   

めい  

SMILEYさんへ

なるほど~。
そういうこともあるんですねー。
痛みって、確かに感じ方が人それぞれですよね。
きっと、怖い!と思っていると余計に痛いのではと思うんです。
出産までに、出産に対する怖さを多少なりとも克服できたら、きっとお産を楽しめるんだろうなぁと思います。
マタニティアクアに通っているのですが、こちらの妊婦さんはみなさん前向き派。彼女達のように、楽しくお産が迎えられるようリラックスして過ごしたいと思っています!
アドバイス、ありがとうございます!

2009/01/26 (Mon) 19:03 | EDIT | REPLY |   

めい  

Aさんへ

お久しぶりです~。
コメント、ありがとう!!
パリのお産事情とヌシャテルのお産事情は似ているかも。
スイスでもフランス語圏とドイツ語圏では全然違ってて、フランス語圏はやっぱりフランスの影響を大きく受けているって、助産婦さんが言ってました。
そうかぁ~、どちらでもいいんだ。
それを聞くと、なんかちょっとほっとするわ。
麻酔はあんまり早く打てないし、打つまで我慢できたら、最後まで我慢できるわよと言われました。
陣痛が来てから、感じてみて決めようと思ってます!

2009/01/26 (Mon) 19:51 | EDIT | REPLY |   

pel  

はじめまして

先日、スイスを電車で旅するテレビを見ました。マッターホルン(でしたよね?)とかが見えるところだったんですが、すごくかわいい村で・・・・「ここを散歩してみたい!」と思いました。

出産が間近なのですね~。
私も春先に3人目を出産予定です。すでに産まれた2人は、普通の分娩で・・・・とはいえ、日本で出産だったので、麻酔などについて聞かれることもなかったのですが・・・

私は「みんなが陣痛について口を揃えて"痛い痛い"って言うけど、どのくらい痛いのか試してやろうじゃないか!」と、妙にチャレンジャー意識がありました。

実際、「痛い」という表現とは私は違いまして、どちらかというと「苦しい」という言葉の方が当てはまるかな~と思いました。子宮が完全に開くまでは、軽い生理痛から、少しずつズーンという生理痛の重たい感じの痛みになりました。そのうち・・・・

汚いですけど、「下痢だ~~、今すぐウンコしたい!」という感じになり・・・・でも、そこで踏ん張ったらダメなんですよ、それが「イキミを逃す」ということなんですが。

そして子宮口が全開になったら最後には先生が「はい、もうイキんでいいよ」と言うので、そしたらもう嬉しいったらありゃしませんでした。

「やっと出せるぜー~~~!v-218e-420

という至福。


私のケースですか、そんな感じでした。

少しは出産にたいしての恐怖心がなくなるといいなぁと思います。


出産はトイレの「大」と同じです、ということで。(極めつけ)


でも、出てくるものは全く違うし、喜びも違いますよ、もちろんe-456 e-415 

初めてなのに長々と失礼しました。

2009/01/27 (Tue) 04:43 | EDIT | REPLY |   

めい  

pelさんへ

はじめまして!
コメントくださって、どうもありがとう。

陣痛は、下痢の痛みですか~。なるほど!(笑)
そう聞くと、恐怖感が減ります。
陣痛って、一体どんな痛さなんだろうって、経験したことないので、うまく想像できなかったんです。
参考になりました!(笑)

陣痛をうまく乗り越えるコツは、pelさんがおっしゃる「イキミを逃す」ということなんですね。
その方法、ぜひ出産までに会得したいですね(って、実地で会得するしかないか・・・)

分かりやすいアドバイス(笑)ありがとうございます。
陣痛、避けられないものですし、これは挑戦するしかないですよね!!

2009/01/28 (Wed) 07:31 | EDIT | REPLY |   

無痛分娩を勉強中  

ブログ拝見いたしました。
スイスも無痛分娩を選ばれる方がとても多いんですね。
水中分娩?もあるんですね。とても参考になりました。ポチ

2009/05/07 (Thu) 02:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。