Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

17
2006  12:00:00

八重山の海の底って?

仲間川遊覧と由布島観光を終えた私達は、お昼ご飯を食べました。
メニューは西表島で、祝事に食べるというお弁当。

Iriomote

古代米である黒紫米(こくしまい)を白米に混ぜて炊いたものがもちもちとしておいしかったです。

お腹がいっぱいになったところで、次なる行き先は、八重山の海!
と言っても、ダイビングは耳抜きできないし、シュノーケリングも怖いので、グラスボート「うみえ~る」に乗ることに。

Umie-ru

かなり酔うと聞いていたけど、珊瑚が見え始めたら、テンションが一気に上がって、酔っている暇はありませんでした。
沖に出るために30分ほど走る。
案内のガイドさん曰く、珊瑚を眺めるポイントは20ヶ所ぐらいあるのだとか、今回はそのうちの2つに連れて行ってくれるとのこと。

目的の場所に着くと、船の中にもう一つ箱型の船があって、それがずんずん下がっていくことに。

Yaeyama

ちょっと大層なシステムだけど、潮の流れも速く、少し深めとあれば、これで普通なのかな?

Umi

結構見える

珊瑚は400種類ぐらいあって、そのうち350種類ぐらいの珊瑚をここ、八重山の海で見ることができるそうです。
珊瑚礁というとオーストラリアが有名だけど、実はここの方が価値がある!?

今日は潮の流れが速く、魚を見ていると流れはないように見えたけど、実は大人が走るスピードぐらいの流れがあったそうです。
30分ほど眺めると、再び西表島へ。

お値段は少々高めでしたが、結構楽しめました。

「うみえ~る」
乗船場所: 西表島大原港から出発
料金: 3、000円
所要時間: 1時間


夕方、石垣島に戻ってきた私達は、石垣牛を賞味すべく、レストラン探しをしてました。
知っていました?

石垣牛が神戸や松坂に運ばれると、名前が変わるのを!

石垣牛って、真っ黒なんですね。
そう言われてみれば、神戸牛も黒かったなぁ。。
牛肉は育て方や餌が大事といわれていますが、何より大事なのは血統。
神戸牛や松坂牛は、実は石垣生まれだったんですね。
神戸牛は高すぎるので、ぜひともここで食さねばと、やってきたのが、
↓こちら、「やまもと」。

Yamamoto

何でも、ここの店主がこだわりの人で、炭焼きの焼肉が食べられ、肉が売り切れたら店を閉めちゃうと聞いたのだ。

店に着いたのは5時半。
なのに、予約でいっぱ~い。
6時までならご用意できますが、と言われ、OKすることに。
しゃぶ肉、上ロース、カルビ、豚トロを急いで注文し、ほおばったら~

「美味~い」

後で、Yahooグルメの口コミを見たら、予約なしで行った私達って結構大胆。

「石垣牛 炭火焼肉 やまもと」
住所: 石垣市美崎町11-5
電話: 0980-83-5641
営業時間: 17:00~22:00(売り切れ次第閉店)
定休日: 水曜


ぜひ↑、行ってみてください。
飛び入りは5時の開店に、それ以外は予約しよう!

人気Blogランキングのページへ
にほんブログ村 海外生活ブログのページへ 


映像で八重山を楽しみたい方は、いいのを見つけました。
Amazonのページへ 「virtual trip 沖縄八重山 Diving View」     Amazonのページへ 「virtual trip 西表島+竹富島」

virtual trip 沖縄八重山 Diving View  virtual trip 西表島+竹富島




スポンサーサイト

 日本のこと

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。