Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

02
2009  15:27:20

お腹がぞぉ~とする話

またまた書きかけの記事から一つ。
これは、私のアパートの3階に住む人に起こった本当にあった怖~い話。


彼女は、私と同じ帝王切開(彼女の場合は、予定手術)で、2月末に男の子を出産しました。
もちろん出産はヌシャテル総合病院。
でも、執刀医はヌシャテル病院の医師ではなく、彼女の産婦人科医でした。
スイスでは、私立の産院などでなければ、臨月まで自分の産婦人科医の元に通い、出産は総合病院でというパターンが多いのだけれど、彼女は自分の先生に切ってもらったそう。
(たぶん、グレードの高い保険に入っているから。)

無事に男の子を出産したものの、術後からすぐ吐き気、腹痛が続き、食べても吐いてしまうという日が続いたそう。
で、ヌシャテル病院の看護婦や医師に自分の症状が悪いことを訴えるものの、症状がよくなるような処置は誰もしてくれなかったそうです。
お腹を切ったんだから、痛いのは当たり前!みたいな。

でも、今回の出産が2回目だった彼女は1回目とは違う明らかな異変に首をかしげました。
病院がまともに取り合ってくれないので、今度は彼女の両親の出番。
両親から病院に自分の異変を話してもらい、何らかの手を打つよう強く要請したそうです。
手術から1週間後、病院側は重い腰を上げて、彼女のお腹をスキャンしました。
すると、お腹の中が・・・。
先生の顔色が変わったと言ってました。
すぐに開腹手術を行い、彼女は一命を取り留めたそうです。
というのは、あと1日処置が遅れていたら、命はなかったのだとか。


彼女のお腹の中、どうなっていたと思います?


腸の一部が子宮にはさまれて縫われ、腐っていたそうです。
食べても食べても吐いていたのは、このせいだったんですね。


自分の担当産婦人科医を変えたのはもちろんですが、ヌシャテル病院がもっと早く処置をしてくれなかったことと、自分の担当医が術後様子を見に来なかったことを彼女は怒っていました。
その彼女曰く、不調や要求は病院側に強く訴えなければダメよ、と。

それにしても、2週間後、同じ手術を受けた私。
なんだか、背筋、いやお腹がぞぉ~っとしました



人気Blogランキングのページへ  にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
    ぽちっと押して頂けたら、ブログ更新の励みになります。
Mei


彼女の悩みは私と同じ。
お腹が減っこまないんですね。
先日もエレベーターで会い、一緒にため息をついてきました・・・。

妊娠前の服が着れるのはいつのことやら・・・泣き顔




スポンサーサイト

 スイス暮らし

- 10 Comments

マイマイ  

初コメントです

以前メールさせていただいたマイマイです。

本当に怖い話ですねv-12
執刀医がヌシャテル病院の医師だったら
すぐ診てくれたのでしょうか・・・

ブヨブヨに弛んだ産後のお腹を元に戻すのは
至難の業ですねv-16
頑張ってくださいv-218

2009/07/02 (Thu) 12:50 | EDIT | REPLY |   

めい  

マイマイさんへ

はい~!
コメントありがとうございます。

そうですよね。
確かに、ヌシャテル病院の先生が切ったのなら、発見が早かったかもしれませんね。
でも、術後、執刀医ではないけれど、別の病院側の先生が毎日回診に来ていたのに、その先生や助産婦さん達がまともに取り合わなかったって言ってました。

お腹、ブヨブヨにもなってないなんです。
なんだか、腹筋ごと倒れているという感じなんです。
ずいぶんましにはなりましたが、予定日はいつ?と、まだ聞かれますe-351

2009/07/03 (Fri) 15:29 | EDIT | REPLY |   

のりりん  

めいちゃん
赤ちゃんを産むって本当に命がけの任務なんだね。改めて思いました。

めいちゃんはお腹が戻らないって産後の自身の体調管理も大変なのね。
服のサイズも今を基準にできないだろうからお買い物も嫌になっちゃうよね。

産んでいない私でさえ、最近目立ってきた皮下脂肪は昔と違ってかなりしつこいから困っちゃう…
それにスイスでの(特にめいちゃんの料理!)食べ物がおいしいからこれまた困りものだね…

だけど無理しないで少しずつ頑張ってね

りあちゃんの写真、また楽しみにしています
本人に早く会いたいなぁ

2009/07/03 (Fri) 20:32 | EDIT | REPLY |   

エルマー  

初コメです

こんにちは!いつもとっても楽しく読ませていただいています!
私も帝王切開組で、お産前の兆候が全くといいほど同じだったのです。だから、お産直前に書かれていたブログを見た時、
直感的に「あ・・・、めいさん帝王切開になるんじゃ・・・」と思っていたのです。
私も出産直後、助産婦さんに「いつになったら、体系戻るんですか?」と聞きましたよ~。「子宮が元通りになるのに時間掛かるから、6ヶ月は必要よ」との答えでした。そういうのって、お産学級で教えてもらいたかったわ~v-399
お腹は結構早くへこんだけれど、精神面を含んだ全体調が本当の意味で元気になるのに、やっぱり6ヶ月はかかったかな・・・。
めいさん、どうぞ栄養を沢山とって、時々気分転換にリアちゃんを義理のご両親にでも預けて(?)、夏を乗り切ってください!これからも楽しみにしています!!

2009/07/03 (Fri) 22:52 | EDIT | REPLY |   

さっこ  

もうすぐ産後10ヶ月。おなか、戻らないよー。
体重より体型だよね。とよく話ししてます。

それにしてもお腹いたくなってきた。。

2009/07/03 (Fri) 23:23 | EDIT | REPLY |   

SMILEY  

本当にぞ~っですね。医療ミスってどこの国でもあるんですね…その方、命は取り留めて本当によかったけど、子宮の方は今後大丈夫なんでしょうか?一部が腐っていたということなので。強く訴えることの大切さ、再確認しました。医療関係の人は、信頼でき、患者を心から思い、敏速な対応をしてくれる人は沢山いると思いますが、残念ながら全員が全員ではないですからね。

産後10年目にしてお腹もどってません、、、今後もそうなのか。メイさんも私のようにならないように、ご注意。

2009/07/04 (Sat) 11:47 | EDIT | REPLY |   

めい  

のりりんへ

そうなのよ~e-441
体型が元に戻らないのよー。
まぁ、妊娠のお腹の大きさを知っている人は、きっとやっぱりと言うだろうけどね。
妊娠前のちょっと太ったというのとはもう桁が違うよ。
母乳やっているし、そのうち戻ると信じる(信じたい)よe-456

2009/07/05 (Sun) 03:26 | EDIT | REPLY |   

めい  

エルマーさんへ

はじめまして!
コメント、ありがとうございます。

エルマーさんの直感、当たりましたね。
そうなんです。
最終的には帝王切開になってしまいました。

お腹の大きさは子宮のせいだったんですか~。
そう言われると納得できるんですけど、私の場合、産婦人科医も通ってくれていた助産婦も子宮は元の大きさに戻っているって言うんです。
腹筋が伸びきっているからと言われたんですが、ホントかどうか・・・。

体調は、ホント疲れやすいし、すぐ眠くなってしまいますね。
3ヶ月経って随分とましになってきました。
でも、ゆっくりと回復していくものなのですね。
それを聞いて安心しました!

2009/07/05 (Sun) 03:33 | EDIT | REPLY |   

めい  

さっこへ

さっこは3人目じゃん!
少ーしぐらいふくよかになって普通だよ~。
私は初めてなのに、この回復や体型の戻りの遅さやときたら・・・。
次回の帰国までに何とかしたいe-441

2009/07/05 (Sun) 03:38 | EDIT | REPLY |   

めい  

SMILEYさんへ

総合病院というのは、どうしても対応にきめ細やかさが欠けてしまいがちですね。
患者数は多いし、いちいち一人一人の愚痴や文句にかまっていられないというのが彼らの気持ちなんでしょうか。
対応がどうしても乱暴なところがありました。
特に初産婦にはもう少し丁寧なケアが欲しかったなぁというのが私の本音です。
ヌシャテル州の病院の改革が計画されているみたいで、10月から一時的ですが、もーーっとヌシャテル病院の産科の患者数が増えるみたいです。
病院側は患者の入院日数を削減して対応するらしいです。
しかし、陣痛が始まってから、ベッドがないから他の州へ回されたりするかもしれないなんて怖いですね。
その前に出産できてよかったです・・・e-351

2009/07/05 (Sun) 03:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。