Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

13
2007  19:41:52

不思議なストローコンサート

今朝、8時半に母に起こされた。
昨日、遅かったので朝寝坊しようと思っていたので、目覚ましはかけていなかった。

で、寝ぼける私に、「ストローコンサートに行こう!」という。
ストローコンサート!?
なんじゃ、そりゃ??

でもって、私が聞き返そうとした時は既に母の姿はなく、仕方ないのでのそのそ起きだし、出かける用意をした。
朝ごはんを食べる暇なく(めいが)出かけた私達は、ぎりぎり10時に始まるコンサート会場(といっても、とある会館の一室)に到着。

会場は子供であふれ、パイプ椅子を並べただけの会場はどう見ても、コンサート会場とは言えない。
既にたくさんの人で溢れかえった会場には後ろの方しか席が空いていず、めいは母の付き添いのようなつもりで来ていたので投げやりで後方の席に座った。

5分もしないうちに、司会の人がマイクを握った。
「神谷徹(かみや とおる)先生は、京都大学で宇宙物理学という学問を修められ、現在は大阪音楽大学の非常勤講師でもいらっしゃいます。」
めい「ふーん・・・。変わった人」と独り言
司会「で、ただ今より、このストロー使って神谷先生に演奏して頂きます。」
めい「やっぱり。ストロー。そんなので音出るの?」

で、出てこられました。神谷先生。

ストローを持って、説明を始める。
手に持っているストローはミスタードーナツやマクドナルドで集めてきたものだとか。「このストローの端を指でつぶし、両端5mmほどはさみで切ってリードみたいにします。」これで一応音が鳴るというのだ。

で、神谷徹が軽く吹く。
鳴らない。
なぁーんだ、鳴らないやんと思った途端。

「このようにただ吹いても鳴りません。でも、こうやって命がけで吹きます。すると、」

プー

と、アルトサックスに似た音がした。
会場がどよめく。

でも、音が出たはいいけど、曲として、本当に演奏できるかどうかはこの時、まだ信じられなかった。

しかし。

次々と出てくる、ストローで作られたものから、出るわ、出るわ。
信じられないほど複雑な音の数々。
2重奏、3重奏、4重奏まで奏でられた。
目をつぶって聞くと、本当の楽器と間違うほどである。

すごい。

長さを変えると音の高低も変わるらしい。
それを曲として弾けるよう、ストローで楽器を作ったのである。
基本的に1曲につき、1楽器。

そして、神谷徹はただ、ストローを鳴らしたのではなく、トークも交えて、また、ストローに仕掛けを作り、楽しいコンサートに仕上げた。
彼の仕掛けられた楽器は、花咲く桜、鯉のぼり、満月、タケコプター、自転車をこぐ姿、を音を出しながら、動くのである。
すべてストローだけ作られているなんて、信じられない。

どうするれば、合奏の音がでるか、2人、3人必要なことを1人でやるにはどうしたらいいかと何年も何年も考えながら、作っていったそうだ。
確かに、夜中に一人、おじさんがストローと格闘している姿は、はっきり言って、変だ。

でも、その成果あって、子供から大人まで大爆笑&感嘆の1時間半だった。

ここで、写真を載せられないのが残念である。
苦労して、楽器の数々を撮ってきたのだが、データが消えてしまっていた。

神谷徹のコンサートスケジュール↓がチェックできるよ。
神谷徹のストローミュージックのページへ

コンサートの後、子供を中心に様々な質問が出た。
子供1「どうして、こんなにすごいことを思いつくのですが?」
神谷「ひらめくまで考えて、ひらめいたらどうやって実現するかを考え、実現できたらたくさん練習するからだよ」
子供2「どうやって、こんなにたくさんのストロー楽器を作れるの?」
神谷「それは出来上がるまで諦めないから。辛抱は辛抱の嫌いな人がやるから意味があるけど、辛抱が好きな人が辛抱してもあんまり意味がない。」

うん。今日の名言ね。

ということで、クリスの帰国で沈んでためいの悲しみは、神谷徹のストローコンサートで吹っ飛びました。
下手な漫才よりとても面白く、またストローを使って、コンサートができるなんて、この人ただ一人だと思う。
こんなに笑ったのは久しぶり。Mei


あー、楽しかった!


人気Blogランキングのページへ
 にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト

 日本のこと

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。