Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

24
2006  21:34:30

スイス的に生きる

TopTop

Top


時間、手間をいっぱいかける。
効率化なんて心を込められないから後回し。
まだ無理。時は金なりの根性消えず)

親切をすると決めたら、自分の意思でやる。
相手にとってそれが良いか悪いかではなく、むしろ自分がそれをしてあげたいかどうかで決める。
イヤ、つい自分の親切が役に立つかどうか考えてしまう。)

親切に見返りを求めない。
親切をするなら、相手から親切のお返しを期待しない。
なぜ、ありがとうと言わないんだ?って思ってしまう。)

おしゃべりになる。
自分のやっていること、興味のあることを、会う人、会う人に話そう!
人見知りしちゃうので、まだまだ無理)

みんなに助けてもらう。
一人でがんばらないで、みんなに助けを頼む。
頼むぐらいなら、自分でやった方が気が楽と考えてしまう)

自然に敏感になる。
日々の生活に自然を意識する。まずは、お天気の把握から。
雨が降ると思って一日傘をささずに持ち歩くこと多々)

火を扱えるようになる。
冬は長い。暖炉、セントラルヒーティング、ストーブなどはほとんどが薪が燃料。
かなり無理。薪を右手、火かき棒を左手に持って、格闘してます。)

よく食べる?
ぽっこりお腹を気にしない!?
いや、これはダメだな。痩せられない言い訳

家族的思考で生きよう。
何でもまず家族。その次に親戚。そして友達。そのあと趣味。やっと仕事?
クリス、家族・親戚多いんだケド・・・)

3回Bises(ほっぺにチュー)に慣れること。
2回で辞めて顔を戻そうとすると、口と口がぶつかりそうになるから、注意!
えっと、2回目?3回目だっけ?)


人気Blogランキングに参加しています。
人気Blogランキングのページへ
 こんな私ですが、ぽちっと温かいワンクリック、ありがとうございます

海外生活ブログ スイス情報へ スイス情報はこちらから





スポンサーサイト

 スイス暮らし

 スイス/スローライフ/田舎暮らし

- 10 Comments

せつ  

ゆっくり、のんびり、たのしそう

忙しい日本人にはなかなか手に入れられない ゆったり暮らすが、むしろぜいたく生活ですね。

2006/10/29 (Sun) 21:06 | EDIT | REPLY |   

めい  

では、

次回の海外旅行は、ぜひスイスに!
運転手付で、案内しま~すv-238

2006/10/30 (Mon) 05:06 | EDIT | REPLY |   

ぴーこ  

はじめまして。

(海外・田舎暮らし)の検索でここに辿り着きました。
「スイス的に生きる」他、あとフォトを見させていただきました。
なんだか…涙が出てきます。どうしてでしょう。
フォトはどれもみんな素晴らしいものですね。
これらが本当に実在するもの。この目で見る事が出来たら息が止まっちゃうんじゃないかと想像しています(現に今、胸が苦しいくらいです)
私はまだ海外へは行った事ありません。
今は到底行く事は無理ですが、歳を取ってしまってからでも必ず行きたいと思っています。
はじめてコメントさせていただきましたのに、ダラダラとすいませんでした。
又、遊びに来させてください。
今日はめいさんのこのブログに出会えてよかったです。

2007/11/07 (Wed) 23:53 | EDIT | REPLY |   

めい  

ぴーこさんへ

めいのブログへようこそ!
また、心温まるメッセージありがとうございます!
お返事が遅くなってしまってごめんなさいね。
ブログの写真を見てくださったなんて、とても嬉しいです!
今、一番夢中になっているものなので!

スイスはいいところですよ!日本に負けないぐらい癒しの国です。
いつかこの国を訪れてみてくださいね!!
写真よりも更なる感動請け合いです!

2007/11/20 (Tue) 22:23 | EDIT | REPLY |   

安積紀夫、友子  

はじめまして

はじめまして。2歳と7歳の孫娘を持つ老夫婦です。めいさんの成長の記録を孫達のかっての姿と重ねて楽しく拝見させていただいております。30数年前にスイスを初めて訪問しそれ以来すっかりスイスのとりこになり近年はグリンデルワルトの貸し別荘に冬、夏に訪問するほどスイス大ファンの老夫婦です。
以下2点ほど教えてください。
(1)ジャガイモ好きの私たちは良くロスティを作って食べます。ロスティという料理は身近な家庭料理で日本の屋台で売っている焼そば、たこやきのような程度に考えていましたが今年6月ロイカーバートの温泉で食べたロスティは見た目も味もフランス料理のような高級料理に仕上げられており大変美味しく頂きました。ご紹介いただいているロスティを私どもも作りますが色々なロスティがあるのでしょうか?
(2)連続写真で撮られたアルプスは何処の山々でしょうか?ベルナー地区の山々にも見えるのですが?秋の展覧会出展作品の背景にこの山々入れさせていただきました。(サイズはF130号で160センチ×190センチの大きな作品です。またメールします。

2009/09/10 (Thu) 10:53 | EDIT | REPLY |   

めい  

安積紀夫、友子さま、

はじめまして!
コメント、どうもありがとうございます。
お返事が遅くなって、本当にすみません。
新米ママなせいで、育児優先の生活をしています。
どうぞお許しください。
夏も冬もスイスに来られているなんて、本当にスイスがお好きなんですね。
私は、今、少しずつスイスを発見しているところです。

さて、ご質問の件なのですが、
(1)ロスティ(とか、リュシティとか言いますね)ですが、安積さんがご存知の通り、スイスの身近な家庭料理です。
その昔、山岳地帯が多いスイスは作物があまり育たない貧しい土地なので、パンとなる小麦などがあまり育たず、イモを主食とすることで生き延びてきたと聞きました。
特に、ドイツ語圏など、農業や酪農を主とする地域では、イモは大事な食料。ロスティなどの油を使って、こってり仕上げた料理を朝食べて、仕事に出かけていたのだと聞きましたよ。
今は、シンプルなのに、そのおいしさからレストランでも出されてますが、本来はおっしゃる通り、やきそば並みの家庭料理です。
ベーコンや玉ねぎ、キノコや生クリームなどを入れることもあるそうですね。
フランスのアルザス地方でもよく食べられていたみたいですね。

(2) 連続写真というのは、ブログの一番上、ブログダイトル部分の写真でしょうか?これであれば、連続写真ではなく、アパートの窓から望遠で撮り、連山の部分だけ切り取ったものです。
真ん中の3つの山が、スイスの三名峰、左から、アイガー、メンヒ、ユンフラウヨッホです。
私の住むヌシャテルという町からアルプスは南にあるんですね。
なので、急斜で雪も滑り落ちるというアイガーの北壁がよく見えるんです。

2009/09/17 (Thu) 05:25 | EDIT | REPLY |   

安積紀夫、友子  

御礼

超ご多忙のところ身勝手な質問など差し上げて大変失礼いたしました。ご丁寧な回答をいただき有難う御座いました。ロスティの件は良く分かりました。メニュを見てロスティと注文したのですが発音が悪いので違う料理が来たのかと思っていましたが確かに生クリームにティーズ等で仕上げられていました。来年1月のティケット取りましたので再度ロスティにチャレンジしてみます。知りたかった写真はブログタイトルの写真です。確かにベルナーオーバーラントの山並みでしたね。私たちもこの地区が好きでアイガーの麓グリンデルワルトに別荘を借りて夏冬アイガーを見て過ごします。グリンデルワルトに居るとあまり近すぎてブログのような写真を取ることを試みますがなかなか良い写真が撮れません。山は少し離れた所から眺めるのも良いものですね。油絵は背景にこの山々を配してほぼ90%完成しました。11月13日から東京都美術館に展示し、その後名古屋、京都で展示され来年4月ごろ戻って来ます。機会があったら写真でも見ていただきたいですね。リアちゃんますます可愛くなりますね。私たちには2人の娘がおりまして長女はアメリカ人と結婚してアメリカに住んでおり15歳の男の子がおり、次女は仕事の関係で世界中を飛び回っていましたが今は7歳と2歳の娘が居て日本で生活しています。私どももこのような家庭環境ですのでめいさんの海外で奮闘しておられる姿を拝見してすごく共感を得るところがあります。子供でも孫でも女の子は良いものですよ。可愛い上に年が幾つになっても親元に戻ってきて甘えてくれます。リアちゃんのこれからの成長の記録を毎日楽しみに拝見させていただきます。頑張ってください。遠い地より応援しております。

2009/09/17 (Thu) 16:18 | EDIT | REPLY |   

めい  

安積紀夫、友子サマへ

油絵ですか~!!
美術館に展示されるなんて、スゴイですね!
風景画の魅力にはまると抜け出せないと、クリスのお姉さんがいつも言うのですが、スイスのアルプスなら確かに最高の画題ですね。

私も今、妹がスイスに遊びに来てくれていて、2年ぶりの再会を楽しんでいるところです。
家族というのはいいですよね!
昨日、三連山を眺めにシーゲルプラッテに行ってきました。
最高の眺望ですよ。
ぜひ、行ってみてください。
オススメです!

2009/09/20 (Sun) 07:35 | EDIT | REPLY |   

安積紀夫、友子  

メールとシーニゲプラッテの記事拝読させていただきました。有難うございましたグリンデルワルトを拠点にしていますので何時もシーニゲプラッテの登山口であの可愛い登山電車を見ながらインターラーケンオストに行きます。来年の夏には是非シーニゲプラッテに登って見ます。めいさがんが住んでおられるヌシャテルという所はベルンに近い方ですか?近くに湖があるようでいい所ですね。機会があったらどんな所か見てみたいですね。

2009/09/22 (Tue) 11:07 | EDIT | REPLY |   

めい  

安積紀夫、友子さまへ

ぜひぜひお天気の良い日をねらって、行ってみてください。
私もこんなにもきれいに雄大に見える所があったのかと嬉しかったです。
ヌシャテルはベルンから特急で30分ぐらいです。
ヌシャテルはベルン州の隣なんです。
黄色い大理石が広がる小さい町ですが、ゆっくりできますよ。

2009/09/25 (Fri) 05:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。