Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

スイスの田舎からスローライフ便り

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

31
2007  01:17:41

マリー・アントワネット

マリー・アントワネットが公開されていますね。

この映画、パリでは昨年夏に公開され、コッポラの映画とあって話題を呼んでいました。
あいにくとパリでは観られなかったので、めいは今回の本邦公開で観ました。


映画マリー・アントワネットのページへ


賛否両論のこの映画、めいはとても好きですね。
映像が美しく、ストーリー性よりも、目に入る美しさを重視したような映画に感じました。


映画マリー・アントワネットのページへ


池田理代子のベルサイユのばらに出てくるマリー・アントワネットと結構重なります


ふと思ったのは、マリー・アントワネットがフランス民衆から嫌われたのは案外、外国人女性だったからかもしれません。

それに、マリー・アントワネットが、どれほど浪費しようと彼女一人のせいでフランス王家が傾くとは思えません。
ヴェルサイユ宮殿などのフランス国内に散らばる城を思うと、当時のフランスの王たちの権力の大きさを感じますが、彼女は案外、それらの負の遺産を継いだ悲劇の女王だったのかもしれません。



人気Blogランキングのページへ
 にほんブログ村 海外生活ブログへ


フランス政府観光局が、キャンペーンをやっているみたいですね。
クイズに正解すると、ヴェルサイユへの切符が手に入るかも
フランス政府観光局のページへ
スポンサーサイト

 映画&本

- 4 Comments

みねゆりか★(カリュ)  

コッポラ好きです、ベルバラ好きです

v-344行ったんですか~こんな映画たまにはいいですよね
しかもあのコッポラの映画だというのでぜひみたい、いや見ます!
しかも自分ベルバラ何度読み返したことか

賛否両論って、どんな「否」が?

2007/01/31 (Wed) 12:33 | EDIT | REPLY |   

めい  

カリュさんへ

結構、ベルばらと同じシーンありましたよ。
どちらも史実を元に書いていること多いんだなぁと妙に接点とか探しましたね。

終わり方とか、人によっては途中で退屈してしまう人もいるかもしれません。
めいは結構最後まで楽しめましたけどね。
とにかく、映像が綺麗で、うっとりの連続でしたよ!

2007/02/01 (Thu) 00:50 | EDIT | REPLY |   

あずさ  

賛成です

こんにちは。mixiからやってきました。
(マイミクもお願いして入れていただいてます!)

わたしもマリー・アントワネットが嫌われたのは
「フランス人じゃないから」という理由が大きいと思います。
生活苦とか、王政への不満とか、やり場のない怒りを
王様に対してよりもぶつけやすそう。

最後まで、夫の側を離れようとせず子供を手放さなかった
マリーに好感度がかなりアップしてしまいました。
あの2人は、いい夫婦だったのでしょうか…。

2007/02/04 (Sun) 02:09 | EDIT | REPLY |   

めい  

あずささんへ

ようこそ、いらっしゃいませー☆

マリー・アントワネットが不幸であったかもしれない理由の一つに、いくら王とはいえ、一度も会ったことがないのに、冴えない外見と性格の男といきなり結婚しなくてはならなかったことかなぁと思いました。

彼女のスゴイところは、時間がかかったものの、最後には王を愛したことでしょうね。王を見捨てず、ギロチン台に上ったのはその証かなって。
でなければ、愛されていない民衆の為に異国でギロチンにかけられるなんて耐えられないですもの。

2007/02/05 (Mon) 09:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。